« 秋天の下に碓氷峠から和田峠を越え諏訪から木曽谷を進み旧中山道で国造りの苦闘や工夫と知恵を見て新たな感慨を得た! | トップページ | JR西日本の看板列車「新快速」が運行開始から 50年だと! »

2020/09/30

いよいよ「米国大統領選挙戦」は佳境に入り呆短気煽症 "花札親爺” に挑戦する薄弱認知症 ”冗売殿老爺” の舌戦脱線で混戦を整理できるか!?

米国大統領選挙は、いよいよ佳境に入る。


呆短気煽症の Great American 花札親爺と、
薄弱認知症の Made by China 冗売殿老爺が、
直接に「公開討論」する時間が迫ってきた。


何をしても花札親爺を引き摺り降ろしたい「NYT」は、
呆短気煽症の親爺は、この10年「納税」していない(古くて新しいスキャンダルに過ぎない)をセンセーショナルに報じ、世界は呆気にとられた!
これに対し、呆短気煽症の親爺は、それは「Fake!」だと空かさず応じても、具体的な数字での反論は抑制し、NYTが仕掛けた土俵には上がらないと慎重だ!


一方のボソボソ冗売殿老爺は、
「労働者を裏切る行為だ、公正さが欠かせない」と、社会主義者かとNYTの土俵から主張し色合いを明確にしようとするが。


日本のメディアとは違い、鮮明に「旗色」示し、姑息な姿勢ではなく堂々と怯まず、様々な手を繰り出し攻撃し続ける。


結局は、政治制度という名の下に提供される「サーカス」に過ぎない。いわば同じ時期にポストシーズンを迎える「MLB」と同じようなモノだ。


一方は純粋な「スポーツ」として開催されるが、そこは「興業」ゆえ、賭け屋も跋扈し・・・・・
一方は正義の「民主主義」だとして熱狂するが、いずれも「興業」に過ぎない。オオキンモチが後ろに控え、オモシロそうな「サル」を競わせ、それを片目にアレコレ批評し時を愉しむ。


今日(JST 10:00 AM)から始まる、3回の公開直接討論はテレビ中継のみらしい。
勿論、選挙投票権を持たない日本(人)にも中継されるそうで・・・
東部標準時21:00から、チャンピオンシップの始まりだ!
日本のメディアも、9/30の夕刊一面~二面を埋める事ができるだろうから、まるで自分の事のようにハシャイデいるのが、哀れでもの悲しいナ!

|

« 秋天の下に碓氷峠から和田峠を越え諏訪から木曽谷を進み旧中山道で国造りの苦闘や工夫と知恵を見て新たな感慨を得た! | トップページ | JR西日本の看板列車「新快速」が運行開始から 50年だと! »