« 日本の「コロナ禍」は年末には克服でき終了するのではないかと、京都大学大学院の上久保晴彦先生が研究分析経過を発表し! | トップページ | 世の中は、静かに変化し「日本型社会主義」は "上部社会と下部社会" への二極化が定着し「資産余剰」と「付加価値生産力」で明確に線引きされ! »

2020/09/14

スゴイネ! 「大阪なおみ」全米オープンの2度目の頂点に立つ!

期間中、問題提起と人種差別への強い抗議意志を表す「抗議のマスク」を7枚(7ゲーム分用意)着用しコート入りし続けた。
そして決勝ゲームに出る事で、7枚を使用できた。


直前の「NYオープン」は、準決勝出場を辞退し「抗議」の意志を示し、それを尊重した主催者はゲームを順延し「抗議意志」を尊重し応えた。
これにより、全米へ全世界へ「黒人差別」の問題提起を行い、事実や実態を世界の多くが知る事になった。
それを受け、順延された準決勝に出場した。


これを巡り、あるいは「全米オープン」で入場の際に着用したマスクを巡り、屁把なニポンではSNSの怒アホや汚バカが「スポーツの場で政治アピールをするな!」という的外れな非難を執拗に行っていた。


無知で無恥な怒アホや汚バカが多いニポンのSNS社会は、どれだけゴミが集まっているのかと・・・・・


政治的主張と、人としての基本的人権の重視!を、混同し、
「スポーツ選手は、政治的な主張をするな!」などと、恥知らずに主張するなら、
「無知な無恥ドモは、中身の無い主張などするな!」と、
また、街頭暴力を引き起こす勢力がある事を引き、外国勢力から資金が出ているから間違っていると、根拠も事実も示さず、漏れ聞いた「ウワサ」を然も事実であるかのように非難主張して平気な姿は醜い限りだ。


引用開始→ 大坂、鮮やかな衣装で記念撮影 全米テニス女王、一夜明け
(共同通信社 2020/09/14 07:16)

 【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン女子シングルスで2度目の優勝を果たした大坂なおみ(日清食品)が決勝から一夜明けた13日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで記念撮影に臨んだ。トロフィーを手に、鮮やかな赤の衣装を身にまとい喜びをかみしめた。

 大坂はツイッターに「祖先に感謝したい。彼らから受け継いだ血が体中を巡り、負けるわけにはいかないと思い起こさせてくれたので」とつづった。←引用終わり


引用開始→ 差別抗議のマスク7枚が「私を強くしてくれた」 大坂、変化する米スポーツ界で中心的存在感
(MSN 2020.9.13 18:59)

 【ニューヨーク=上塚真由】女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が12日、全米オープンの女子シングルス決勝でビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を破り、2年ぶり2度目の全米優勝を果たした。大坂は今大会、人種差別に抗議の意を示すため、決勝までの7試合でそれぞれ被害者の名前が書かれたマスクを着用。抗議活動をスポーツの舞台に持ち込むことに賛否が分かれる中でも多くの共感と注目を集め、米スポーツ界に一石を投じた。

 大坂は決勝の舞台に、2014年に死亡した当時12歳の黒人少年、タミル・ライス君の名前が書かれたマスクを着用して入場した。ライス君は中西部オハイオ州でおもちゃの銃で遊んでいたところ、通報を受けて駆け付けた警官から発砲を受けて死亡。その後、発砲した警官は不起訴となった。

 1回戦から黒人被害者名が入ったマスクの着用を始め、用意した7枚を決勝までに全て披露した大坂。12日の試合後、米スポーツ専門局ESPNのインタビューでは、7人の存在を背負った戦いを振り返り「もっと多くの名前を見せたい、もっと話題にしてほしいという思いで、勝利への願望が強くなった。私自身を強くしてくれたと思う」と語った。

 大会ではライス君のほか、今年3月に警官に撃たれて死亡した救急救命士、ブリオナ・テイラーさんや、12年に白人自警団に射殺され、「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命も大事だ)」運動のきっかけとなった黒人少年、トレイボン・マーティンさん(当時17歳)などの名前もマスクに記した。「被害者がどういう人なのかを知ってもらえれば、差別問題への関心が広がるかもしれない」。その狙い通り、大坂が勝ち進むたびに、披露するマスクが注目を集め、過去の事件も改めて報道された。準決勝後には、マスクに名前を入れた被害者の家族から感謝の言葉を送られ、涙する場面もあった。

 ハイチ出身の父、日本人の母の間に生まれ、3歳から米国で暮らしてきた大坂にとって、人種差別は身近な問題。2年前の全米オープン優勝時には「シャイで無口」と評されたが、人種問題に対してはソーシャルメディアなどで臆することなく発信し、その言動が注目されてきた。

 5月に中西部ミネソタ州で、黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡した事件が起きると、恋人のラッパー、コーデーさんと現地に向かい、抗議デモに参加。8月には中西部ウィスコンシン州の警官による黒人男性発砲事件を受けて、「私はアスリートである前に、1人の黒人女性」と意思表示し、出場していた大会を一時、辞退する選択をした。

 米国でも、スポーツ選手が社会や政治問題に関与することについては評価が割れる。16年には当時NFL選手のキャパニックが、人種差別への抗議で試合前の国歌斉唱時に片膝をつき、物議を醸した。

 だが、5月のミネソタ州の事件が契機となり、若者世代を中心とした人種問題への関心が高まった。キャパニックの主張に対し距離を置くなどしていたNFLがこれまでの対応を謝罪するなど、スポーツ界にも変化が出ている。

 今月1~6日に実施した米紙ワシントン・ポストの世論調査では、米国人の62%が、スポーツ選手は試合などを通じて社会問題に意見すべきだと回答。片膝をつく行為についても、「適切」と考える人の割合が過半数を占め、4年前と比べると、容認する人が増えているという。

 社会風潮の変化もあり、抗議の声を上げるスポーツ選手が増える中でも、大坂は中心的な存在感を示す。米誌タイムは「ナオミ・オオサカは、マスクがアスリートの最も力強い抗議の手段の一つとなることを示した」と好意的に報道。実績と社会への発信力が相まって、女子テニスで四大大会18勝の記録を持つクリス・エバートさんは「女性テニス界の新たなリーダーとなるだろう」と大坂に称賛を送った。←引用終わり

引用開始→ 大坂なおみの祖父「勇気あって偉いなあ」 抗議のマスク

(朝日新聞社 2020/09/13 17:29)

 テニスの全米オープン・女子シングルスで大坂なおみ選手が2回目の優勝を果たしたことを受け、祖父で北海道根室市在住の大坂鉄夫さん(75)が13日朝、報道各社の取材に応じ、自宅前で「心臓が悪くなる試合。もうこんな孫は持ちたくない、とも思ったが、最後はうれし泣きですよ」と笑顔で語った。

 全米女子の決勝ではめったにない、第1セットを取られた後の逆転劇に「2年前の初優勝から精神的に成長している。全然違う」。人種差別に抗議するマスクを着けてコートに入場したことには、「暴漢とか過激な人もいるので、心配もあった。でも彼女なりの正義に向かってしたこと。今は勇気があって偉いなあと思います」と話した。

 根室市はこの日、優勝を祝う垂れ幕を市庁舎に掲げた。石垣雅敏市長は、「コロナ禍の中、強い気持ちで試合に臨む姿が日本全国に勇気と希望を与えた」とするコメントを出した。(大野正美)←引用終わり

|

« 日本の「コロナ禍」は年末には克服でき終了するのではないかと、京都大学大学院の上久保晴彦先生が研究分析経過を発表し! | トップページ | 世の中は、静かに変化し「日本型社会主義」は "上部社会と下部社会" への二極化が定着し「資産余剰」と「付加価値生産力」で明確に線引きされ! »