« 安倍後継の自民党総裁選挙を眺め、芽のない「石破 茂」の寝言を考え、寝技を繰り出す「二階俊博」を観ながら醜い塵の踏み潰しを思う! | トップページ | 「コロナ禍」で言葉巧みに「使い棄て奴隷」を得ようと、マチバに巧妙な「罠」を仕掛け待ち受けて! »

2020/09/04

自民党総裁選挙をツボを押さえ、真面目に皮肉を交えた「事前の寸評」を記しておきましょうか!?

自民党の「総裁」選挙ですが、皮肉な「事前の寸評」を外野から飛ばしてみよう!

「管義偉」は、苦労が顔に刻みこまれている点が、初対面の印象ではあるも、余程の事がない限り記憶にとどまる事はない。
「自助・共助・公助」は、われわれがNPOで掲げたが、一般化し遂に総裁選挙で有力とされる候補者が掲げる言葉になったか。
まぁ、政権に就いた瞬間から「組閣」「方針」「予算」で手足を縛られるだろうが。
二階一派と、政策主張では同化できるとは思えないし、従前から麻生一派との対立は深刻だし、細田本流の大半は「アホチルドレン」の集合だし。苦労・苦闘の連続は目に見えている。

「岸田文雄」は、やはり「宏池会」を率いる大将だなぁ。
”宏池会” は、奥ゆかしく「お公家さんの集まり」とも揶揄されるが、まぁ「見事」に端正を整えられた「品」の良さが表れている。
創業者ともいえる「池田勇人」元首相が掲げた路線を上手く継承し、今回も「中間層に手厚く」を打ち出した点は大いに評価したい。

「石破 茂」は、腹の底が読めない妖怪だ。
まず何よりも「虫歯の治療」と「日本の思考体質」を一緒にする前に、その崩れきり腐臭を放つデコボコ顔を直せよ!
政治家なら、レトリックを多用せず、端的に「要点」を絞り込み話せなくては、何もないのと同じ事だ。
知人が二人も「石破」と気脈を通じ命脈を保とうとするのは分からないと、個別の機会に当人へ面前指摘し沈黙されたが。
石破の「エッセイ」なら、理解してもよいが「政策テーマ」なら攻撃罵倒で手を緩める事はナイ。

「次は菅さんに」 自民総裁選、安倍首相の一言で流れ―新政権でも影響力維持か

引用開始→ 3候補、消費税・憲法で差 安倍路線「継承」「発展」「見直し」―自民総裁選 (時事通信2020年09月04日07時09分)

 自民党総裁選(8日告示、14日投開票)は菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長の3氏が争う構図で事実上の論戦が始まった。7年8カ月続いた安倍政権の政策に対し、菅氏は「継承」、岸田氏は「発展」、石破氏は「見直し」の立場。消費税減税や憲法改正などで差が見える。

 ◇菅氏「看板」譲らず
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経済対策の一環として消費税減税を求める声が党内外に出ている。菅氏は3日の記者会見で「消費税は社会保障のために必要だ」と否定的な考えを示した。安倍政権は幼児教育・保育の無償化をはじめ「全世代型社会保障」実現を看板政策に掲げた。消費税はその財源とされており、菅氏にとり「譲れない一線」だ。
 岸田氏も消費税減税に消極的だ。ただ、財政規律重視の宏池会(現岸田派)の伝統を受け継いでいる点が主に背景にあるもよう。コロナ対策の当面の財政出動は認めつつ、将来の健全化へ道筋を示す必要性に言及する。
 一方、石破氏は「単に下げればいいわけではない」と断りつつ、低所得者層の可処分所得を上げるため「消費税の役割を検証する」と表明。税率引き下げの余地を残している。

 ◇岸田氏「9条以外を」
 安倍晋三首相が悲願とした憲法改正について、菅氏は3日の会見で「(国会の)憲法審査会で各党が考え方を示し、建設的議論を行うことが必要だ」と、首相とほぼ同様の見解を示した。
 改憲は党綱領に明記されており、岸田、石破両氏も実現を目指す立場だが、焦点の9条を中心に違いはある。岸田氏は「9条も大変重要だが、それ以外に現代的な課題はたくさんある」と指摘。緊急事態条項の創設や教育の充実を優先すべきだとの認識を示している。
 石破氏は2018年の改憲4項目は党総務会で了承された案ではないと強調。戦力不保持を定めた9条2項の削除を盛り込み、自身が中心になって12年に策定した党改憲草案を「今でも自民党唯一の案だ」と主張した。

 ◇石破氏「コロナ法改正も」
 新総裁が政権を発足させた後、まず直面するのが新型コロナ対策だ。菅氏は2日の出馬会見で「雇用を守り、経済の回復につなげる」と表明。コロナ対策を最優先課題とし、「役所の縦割りの弊害をぶち破る」と訴えた。医系技官が慎重な治療薬の承認などを念頭に置いた発言とみられる。
 岸田氏は政調会長として安倍内閣と歩調を合わせてきたため、感染防止と社会・経済活動の両立を目指す姿勢は菅氏と同じ。PCR検査の拡充も訴える。
 一方、石破氏は1日の出馬会見の際、新型コロナ対策の特別措置法について「感染収束のため改めるべき点があれば改める」と述べ、早期改正の必要性に言及した。休業要請に強制力を持たせることの是非などが論点になっており、これを踏まえた発言だ。←引用終わり

|

« 安倍後継の自民党総裁選挙を眺め、芽のない「石破 茂」の寝言を考え、寝技を繰り出す「二階俊博」を観ながら醜い塵の踏み潰しを思う! | トップページ | 「コロナ禍」で言葉巧みに「使い棄て奴隷」を得ようと、マチバに巧妙な「罠」を仕掛け待ち受けて! »