« いよいよ「米国大統領選挙戦」は佳境に入り呆短気煽症 "花札親爺” に挑戦する薄弱認知症 ”冗売殿老爺” の舌戦脱線で混戦を整理できるか!? | トップページ | NTTがNTTドコモを子会社化へ! 通信基盤の基幹会社の維持に反対しないが、先端分野でソフトとハードを融合・均衡した事業提供を目指せ! »

2020/10/01

JR西日本の看板列車「新快速」が運行開始から 50年だと!

分割民営化される前の国鉄時代に、列車線(国鉄本社管理の)走行を限定された1日6往復で、京都=西明石を90分弱で結び、国鉄時代の当時の急行列車より早く特急列車と変わらなかった。


117系で、停車駅は、京都、大阪、三ノ宮、明石、西明石だった。


現在は、網干(車両区)・姫路、加古川、西明石、明石、神戸、三ノ宮、芦屋、尼崎、大阪、新大阪、高槻、京都、山科、大津、石山、南草津、草津、守山、野洲(車両区)を約2時間(短時間)で結び、更に山科から湖西線を敦賀へ、米原から北陸線を長浜から敦賀へ。列車に依れば播州赤穂へも。
JR西日本は自慢のドル箱「京阪神アーバンネットワーク」を育成し、大阪を中心に西へ1時間、東へ1時間の合計2時間、広域大都市圏を支えている。


朝は6時過ぎから23時頃まで15分毎に提供し熱い支持を集めている。
湖東(東近江)から京都・大阪・神戸と播磨(姫路)を直結し、関西経済には欠かす事ができない人の交流と経済動脈をJR西日本の「新快速」は利便を支えている。
新幹線とは別の意味で「新快速」は必要とされ信頼される列車だ


引用開始→ 新快速運行開始50年 特別な思いで迎えた親子
(2020/10/1 05:00神戸新聞NEXT)

 JR西日本の「新快速」が1日で運行開始から丸50年になる。兵庫県姫路市の森元克好(かつよし)さん(60)、啓介さん(29)親子は半世紀の節目を特別な思いで迎えた。実はそろって新快速の車掌。「今後も多くの人を運ぶ緊張感と責任を胸に乗務していきたい」。関西の大動脈を支える“看板列車”の担い手として、決意を新たにしている。

 新快速の運行は大阪万博直後の1970年に始まった。当初の区間は西明石-京都だったが、徐々に東西へと距離を延ばし、今では播州赤穂から福井・敦賀まで約275キロをつなぐ。2005年の尼崎JR脱線事故以降は、余裕のあるダイヤに改められた。

 父克好さんは1979年に旧国鉄へ入社し、87年から車掌を務める。啓介さんが父と同じ道を志したのは、進路を考え始めた大学時代。偶然乗った新快速に、克好さんが車掌として乗務していた。

 アナウンスの声は家で聞く声とはまるで違い、「かっこいい」と思った。卒業後の2014年、JR西に入社。昨年8月から同じ姫路列車区で車掌として働く。通過駅の多い新快速は次の駅まで10分以上かかることも多く、積極的に車内を巡回する。「お客さまとの触れ合いが多いのも新快速ならでは」と話す。

 ベテランとして「専門主任車掌」を務める克好さんは「経験を伝え、乗客に安心と信頼を与えられる後輩を育てたい」。啓介さんも「父から早く『一人前』と言われるよう知識や技術を磨きたい」と意気込む。

 50周年記念のヘッドマークシールを付けた車両も30日、網干総合車両所で公開された。網干・姫路-野洲間を来年3月末まで1日2往復する。三ノ宮駅では10月2日から、歩みを振り返るパネル展も開かれる。(山本 晃)←引用終わり

|

« いよいよ「米国大統領選挙戦」は佳境に入り呆短気煽症 "花札親爺” に挑戦する薄弱認知症 ”冗売殿老爺” の舌戦脱線で混戦を整理できるか!? | トップページ | NTTがNTTドコモを子会社化へ! 通信基盤の基幹会社の維持に反対しないが、先端分野でソフトとハードを融合・均衡した事業提供を目指せ! »