« 世間を騒がす無自覚パラノイアの怒アホというか汚バカが重ね放つ失言+失言には、与党も手に負えませんわナ! | トップページ | 1989年11月9日に「ベルリンの壁」が崩壊し、約1年後の1990年10月3日に「東西ドイツ」は統一されたが、世界はチカラの応酬に転じ »

2020/10/04

トランプ親分は、やはり「経験主義」の無頼の衆で、体験を通じ復活すれば自信満々の「伝道師」に変わるだろう!

トランプ大統領が「コロナ感染(陽性)」したと報じられ、自らもツイッターで感染を発信した事で「世界に衝撃」が走り、北朝鮮の金正恩まで見舞いを発す事態になった。


元より、この種のヒトだから、常に強いイメージを打ち出す必要もあり、大統領選挙の期間でもあり、あくまでも強気だ! しかも、経験主義が自らの生きる支えだから・・・・・


2週間程の隔離期間に健康を回復し「陰性」に転じた時には、
力強く「自分は復活した!」と高らかに宣言するだろう。
そして、全米の熱狂的な支持者は「Great America Again!」「Great TRUMP!」と応じるだろう!


まぁ、様々な意味で、目が離せませんよね!


引用開始→ トランプ氏、ビデオメッセージで「だいぶ良くなった」 向こう数日間が山場
(産経新聞2020.10.4 09:59)

 【ワシントン=黒瀬悦成】新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領は3日、入院先であるワシントン近郊のウォルター・リード軍医療センターの大統領執務室で撮影した約4分間のビデオメッセージをツイッターに投稿した。トランプ氏は「(2日に)入院したときは気分が良くなかったが、今はだいぶましになった」と述べ、「向こう数日間が(治療での)本当の試練となる」との見通しを明らかにした。

 トランプ氏は背広に白い開襟シャツ姿でテーブルに座り、明瞭な口調で「大統領選の選挙運動をやり抜かねばならない」と語り、「近いうちに退院できそうだ」との見方を示した。

 同氏は「私は米国だけでなく世界中の人々のために新型コロナ撲滅のため戦っている」とも強調した。

 トランプ氏の体調に関しては、コンリー主治医ら医師団が3日、医療センターでの記者会見で「非常に元気だ」と強調した。

 医師団によると、トランプ氏は鼻づまりやせき、倦怠(けんたい)感の症状があったが3日午前現在は改善している。過去24時間に発熱はなく、酸素吸入も行っていないという。複数の米メディアは関係者の話として、トランプ氏は入院前にホワイトハウスで呼吸困難になり酸素補給を受けたと伝えた。

 一方、ロイター通信によるとメドウズ大統領首席補佐官は医師団による会見の直後、報道陣に「今後48時間が山場だ。全快への明確な道筋は見えていない」と語ったが、数時間後に「医師によると検査の数値は良好だ。経過は順調だ」と発言を修正した。←引用終わり

|

« 世間を騒がす無自覚パラノイアの怒アホというか汚バカが重ね放つ失言+失言には、与党も手に負えませんわナ! | トップページ | 1989年11月9日に「ベルリンの壁」が崩壊し、約1年後の1990年10月3日に「東西ドイツ」は統一されたが、世界はチカラの応酬に転じ »