« 暴力団「山口組」は世間の子供らへ「菓子」を配るな全面禁止だ! 「息」もするナ! と | トップページ | 「コロナ禍」の中で、「日本学術会議」の会員任命について喧しい限りですが: »

2020/10/08

近隣のご家庭から持ち込まれ、助言を求められた深刻な「相談」事項:

話を持ち込んできたご家庭は、男子2名の子供は既に成人で、兄は家庭を築き子を抱え、弟は適齢期を過ぎた独り身だ。


兄は、某私立大学の経営系で流通を学び、某百貨店系列のアパレル小売業に職を得て順調であった。
弟は、服飾の専門学校へ進み、小規模な子供服アパレルに職を得た。
この5年程は、周辺の人も羨む順風満帆であった。


ところが、兄が奉職した事業会社は、親会社が経営統合された事もあり、不採算部門の整理が始まり殆どの店頭は閉鎖対象となり閉店撤収した。
それを受け、商品本部機能などは不要となり、この度の「コロナ禍」を受け、大胆な事業整理に取組み進める過程で退職勧奨を受けている(らしい)。
*就業後、約10年だ。


弟の就業先も
激烈な環境変化と市場競争を受け、就業後約7年で事業継続が困難で行き詰まり給与支払いも正常に受けられず退社したという。


週末に、話を聞いてやって貰えないか?
それで、何か助言を得る事ができればと・・・
(母親とすれば、藁にも縋る思いなのだろうが!?)


別に、週末でなくてもヨイのだが・・・・・・・
二人の兄弟は、幼少の頃からよく知っている。
しかしながら、何をどのように助言してやればヨイのか?


本当に、そこの大学卒で、この手の相談は2件目です。
就職指導(助言)が弱体な大学なのですが、本人も、業界研究しているワケじゃないでしょうし。
両親も善良な人ですし、区域外ながら近隣というのは、持ち込まれても、実に厄介ですね!?


浮游哃仁としては、
「武士は喰わねど高楊枝」と粋がるも、喰えねば生き延びられず。
僅かなカネも機会も生命を繋ぐには大切で粗略にするな。
一山を耐えて越える事で次の展開もあるワケだ。
人は自分が考える程、強くも逞しくもなく、抜きに出た才覚や技術を保持するワケじゃない事の自覚を!


ハッキリしている事は「伝手」の紹介を求められても応じられない!


嗚呼、アタマがイタイ!

|

« 暴力団「山口組」は世間の子供らへ「菓子」を配るな全面禁止だ! 「息」もするナ! と | トップページ | 「コロナ禍」の中で、「日本学術会議」の会員任命について喧しい限りですが: »