« 国立アイヌ博物館「ウポポイ」についてですが | トップページ | 官邸を占拠する上級怒官僚ドモ 最近「頭に乗りすぎ」だと思うネ。調子に乗り過ぎて、だいぶヤキが回ってきたな! »

2020/10/15

杉田水脈衆議院議員の「パラノイア妄言」の都度、考えさせられるがミギの陣営はスイミャクに一喜一憂している間は単なるバカの集まりに過ぎない!

炎上屋パラノイアのオバハン「杉田水脈」
自民党も手に負えないと感じ始めたのじゃないかなぁ!?


この人物を衆議院中国比例区の1位付与で引っ張り込んだのを知り、
ホントに安倍晋三はヒトを観る目がナイと見放したのだった。


一方で、関わる選挙区から出ていく事を知り、安堵もしたが。
しかしまぁ、安倍晋三という人物は、稲田朋美と云い、橋下 徹と云い、豊かな個性を発揮する「お調子者(自らができない面)」を好むのだと・・・・・


維新も信用できないのは、
小西小百合、丸山穂高、杉田水脈、これらを十分な吟味もせず、必要な評価もできず、口先に惑わされても躊躇なく・・・・・
自分達に火の粉が降りかかる前に、離党させ、議員辞職は当人の考えと逃げる無責任の繰り返しだから、支離滅裂なのだ。
SNSの投稿や言論また、講演で人気を博するのと、実際に「政治」に携わり「政策」を担う側に立てば、発する言論の質や責任が問われる事の自覚を欠いているのは、選良(議員)としての適正がないとナッキリ言える。


櫻井良子さんも、そこの点で「意見」できず「助言」できず、推薦したり推奨するだけなら残念というほかない。


本人も周辺も、その人物について裏付けを取らないのはオドロキだが。
それが、森友ではヨメが、加計や桜では自身が、脇の甘さを露呈し続けた。
ヒトを警戒はするが、吹き込まれ前のめりに観て受け止める性癖は、一貫して変わらなかったようで。


「杉田水脈」は、その典型だろう。
パラノイア気味の思考が判別できなきゃ「話」にならない。


遠近とも、お友達の中にも、数名の「パラノイアン」さんがおられますが。
分かった上で、お付き合いさせて頂いております。


存在を否定する事はありません。
しかし、お付き合いの「コモンズ」が緩いながらも目指す方向との齟齬が生じると判断する際は、ご注意を申し上げ、諒解を頂けない場合はお付き合いをお断りする事にしています。


さてさて、自民党は「パラノイアン水脈」を、今後どう扱うのでしょうね?


引用開始→ 安倍晋三がかばう“炎上の女王”  杉田水脈はそもそもどこからやって来たのか?
(「週刊文春」編集部2020/10/12)

 自らの発言をめぐり、10月1日にブログで謝罪した自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(53)。9月25日の党の会議で女性への性犯罪が議題となる中「女性はいくらでも嘘をつける」と被害者を愚弄する発言をしたのだ。複数の出席者の証言として報じられたが、本人は発言を一旦否定。同30日、下村博文政調会長から口頭注意を受けると記者団に「ブログでしっかりと書きたい」と言って去り、翌日、一転してブログで発言を認めたのだ。

 同性カップルを念頭に「生産性がない」と月刊誌に寄稿し休刊に至らしめるなど、右派的言動で“炎上商法”を展開してきた杉田氏とはどんな人物なのか。

 鳥取大を卒業後、住宅メーカーや兵庫県西宮市役所勤務を経て2010年、みんなの党の兵庫六区支部長に就任。当時の関係者は「女性候補を探していた渡辺喜美代表が、白羽の矢を立てた。まだ右翼っぽい言動はなく、『渡辺代表に了解もらってますから~』と突然やってきた」と語る。日本維新の会に鞍替えし、12年衆院選で初当選(比例復活)を果たすも、14年は落選。「落選中に右派界隈と付き合いを深め、雑誌への寄稿などで注目を集めるように」(政治部記者)。

 転機は17年。安倍晋三前首相に近いジャーナリストの櫻井よしこ氏が当時ネット番組で、「安倍さんが『杉田氏は素晴らしい』と言って」一本釣りしたと明かしている。事実、自民党の比例中国ブロックの名簿順位で優遇され当選。これまで杉田氏が問題を起こしても批判が少なかったのは“安倍一強”だったからだ。

*「早く派閥から出ていけ」収まらない党内の怒り
 ただ、安倍退陣後の今では党内の怒りが収まらない。某ベテラン議員は「なんだ、あのすいみゃくってバカは」と呆れ、杉田氏と同じ細田派の党幹部は「注目されて喜んでいるんだろうが、迷惑千万。早く派閥から出ていけ」と怒り心頭。「それでも安倍氏は杉田氏が派に残れるよう庇っている」(前出・記者)という。

 今年1月、国民民主党の玉木雄一郎代表が衆院の代表質問で、名字が変わることを理由に結婚しないカップルの事例を挙げ、選択的夫婦別姓導入を求めた際のこと。杉田氏は「だったら結婚しなくていい」とヤジを飛ばした。だが、説明を求める記者団からは逃げまくり、「囲まれた際には電話がかかってきたふりをしていた」(政治部デスク)。

 だがその後、出くわした玉木氏が「あんなことを言ったら駄目だよ」と諭すと「玉木さんがひどいことを言うからですよ。仕方ない」とヤジをあっさり認めた。「女性はいくらでも嘘をつける」と言ったのは、「私がいくらでも嘘をつける」からだったようだ。←引用終わり

|

« 国立アイヌ博物館「ウポポイ」についてですが | トップページ | 官邸を占拠する上級怒官僚ドモ 最近「頭に乗りすぎ」だと思うネ。調子に乗り過ぎて、だいぶヤキが回ってきたな! »