« 「大阪都抗争」は戦い済んで夜が明けて! パラノイアは悔しさを隠せず! お友達の首相は平気を装い お笑いですが煽りに負けず大阪市民は冷静で! | トップページ | 他者を攻撃する事で存在感を示す「荊領ミギ里」の反社と変わらぬ安易な田舎モンの「大阪維新」は、2回の騒動で100億無駄遣いした責任を取れ! »

2020/11/03

松井一郎・大阪市長よ、アンタ、電気工事屋が配線を間違えりゃ事故の元だろう!? それも分からず「大阪都抗争」で騒ぎ立てた罪は大き過ぎるゾ!

ようやく「維新」が撒き散らした極道(やくざ)と変わらぬ「集団ヒステリー」に終止符が打たれ!


大都市政策を検討し議論しようとの流れへ強引に割り込み、極道(やくざ)まがいというか極左運動と同じで、誰かを、何かを「悪」に標的化し、一方的に「ありもしない」攻撃を加え、あらゆる方法で「集団ヒステリー」を巻き起こし、「血祭り」に上げる手法を繰り返し、事実の確認も、理由の検証もなく、執拗に無責任なまま繰り広げ、どんどん攻撃相手を窮地へ追い込み雄叫びを上げ、それをメディアを利用し報じさせる。執拗に繰り広げ、どんどん窮地へ追い込み雄叫びを上げる。


吹き込まれ動員され加勢する側は「溜飲」を下げてハシャグ。
このやり方に、多くのヒトは熱狂し、次の獲物を期待しSNSで虚偽も罠言も入り乱れ、騒ぎ立てるのはオツム空っぽ、騒ぎ大好きのゴミどもが付和雷同し、真に中身も無く喧しいだけの日々であった。


さすがに「荊領」に由来する側ならではの無秩序、ゼニ寄越せ、コメ寄越せ、ジンケンをと同じ手法は大笑いだった。
しかしながら、現代社会のお約束で、それに属さない側が、それを言ぉうモノなら、吊し上げの暴力沙汰に遭い、名誉毀損だ、人権無視だ、心が痛むと糾弾されるのが現代社会でも関の山だ。
「荊領同盟」に属さないが「荊領のミギ里」らしい手法の繰り返しだった。


ゆえに「維新」のお先棒を自ら積極的に担ぎ、「二重行政」の解消だ、自分は如何に「損」をしたかと、ミギ側から喧しく騒ぎ立てるヒトや御仁に遭遇し、その姿を見ると、そうかこのヒトには気をつけようと、言葉を選び警戒するのが常であった。
警戒する事はより強化しガードを固めたく考えています。


他地域、他都市で、ナンの関係性も保持しないオツム空っぽ付和雷同の騒ぎ大好きのヤカラもSNSで参入し、いやまぁ中身の無い感情的なヒステリー、マチバでは聞くに堪えず、SNSでは見るに堪えない代物だった。
世には「三つ児の魂、百まで忘れず」と言いますが、単に感情過多で、自ら求め吹き込まれると、それに喜び浸り考えるチカラを持たない姿を見るのは情けない限りだ。
お迎えも近いコヤツは、騒ぎ、煽るだけで、世に害を撒き散らし、稔りのない人生を終えるのか!?


さて、大都市制度(大都市は道府県から分離独立)を冷静に研究し、正誤を検証し、大いに進め実現を目指そう!
提唱している大都市制度は「NYC (ニューヨーク市)」の制度(日本で云う、都道府県と政令都市の機能権限を合わせ持つ)を目指そう!
「一都一道二府43県8都市(札幌・仙台・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡)」の実現を!

|

« 「大阪都抗争」は戦い済んで夜が明けて! パラノイアは悔しさを隠せず! お友達の首相は平気を装い お笑いですが煽りに負けず大阪市民は冷静で! | トップページ | 他者を攻撃する事で存在感を示す「荊領ミギ里」の反社と変わらぬ安易な田舎モンの「大阪維新」は、2回の騒動で100億無駄遣いした責任を取れ! »