« 「大都市」をシンプルに考える:(質問への回答) | トップページ | 明治の近代化による1都1道2府42県を、日本全国「10州+大都市州2」へ根源から大胆に再編し、逃げずにダイナミックな地域活性を断行しよう! »

2020/12/01

「コロナ禍」を克服するために、日本の「ニューディール」政策は、ナンと「国土強靱化政策」だと!? 土建屋を喰わすために?

困難な「社会経済」を克服するためとはいえ、
日本の「ニューディール」政策は、ナンと「国土強靱化政策」だと!?
ブルドッグニカイの縄張りへ「15兆円」を投じるのか?
形が残るから、別にヨイだろうと言うのか?
所詮は番頭に過ぎない「スカはスカ」だとしか言えず。
いまも、今後も、日本の国際的競争力を創り出し、強固な社会を形成するのは、
何よりも「先端分野」を担う人材の大量育成と確保だろうが・・・・・・・
「人材育成」に徹底投資し人材の底上げをする事だ。
先に待ち受ける「社会状況」を考えよ。
国土投資とはいえ、資金を固定化させ、回収ができず、
国として資金回転させなきゃ、基本は「消費」なのだから行き詰まるだけで、
全くダメでしょ。
ブルドッグニカイは最低で、番頭のスカはスカだし、
エッラそうにアッホォ~ダロォ~もバカだろ!


引用開始→ 国土強靱化15兆円 5カ年計画策定を菅首相が指示
(日本経済新聞2020/12/1 11:139

赤羽一嘉国土交通相は1日の閣議後の記者会見で防災・減災のための「国土強靱(きょうじん)化」について、菅義偉首相から2021~25年度に15兆円規模の5カ年計画を策定するよう関係閣僚に指示があったと発表した。21年度の関係事業費は20年度の第3次補正予算に盛り込む。

政府は18年の西日本豪雨を契機に総事業費7兆円の3カ年計画をまとめた。終了後の対策は5年で12兆円を盛り込む予定だったが、増額する。激甚化する災害への対策、予防保全に向けた老朽化対策の加速、デジタル化等推進にかかる対策を柱とする。

赤羽国交相は「全国の首長から中長期的に実施できる予算の継続を強く求められてきた」と述べた。加藤勝信官房長官は同日の記者会見で3カ年計画が5カ年に伸びたことについて「激甚化する風水害や巨大地震などへの対策には5カ年で対応することが妥当との判断に基づく」と述べた。←引用終わり

|

« 「大都市」をシンプルに考える:(質問への回答) | トップページ | 明治の近代化による1都1道2府42県を、日本全国「10州+大都市州2」へ根源から大胆に再編し、逃げずにダイナミックな地域活性を断行しよう! »