« 「コロナ ウィルス」に因る「コロナ禍」と「コロナワクチン」を巡り、煽り立てる阿呆メディアの無責任! | トップページ | 「尖閣」が守れないようなら、そんな政府は要らぬ! (尖閣と海警法の中間まとめ) »

2021/02/25

稚拙な「あいちトリエンナーレ」で皇国を侮辱した「愛知県知事サル大村秀章」へのリコール署名運動で組織的な不正・偽造署名を事件化へ ワケ分からん

ナゾナゾの愛知県大村秀章知事をリコールしようが、
法定署名数に達しなかった。必要数、約85万に対し署名数は約45万。
ここで、約43万件の署名の約80%が組織的に偽造したものであると選挙管理員会が発表し。


何より事の悪質性を重視した愛知県選挙管理委員会が、愛知県警へ告発し強制捜査が始まったと報じられ。


何かとお騒がせだった「あいちトリエンナーレ」を巡る、サルヅラの大村秀章Vsオミャァの河村たかしの泥仕合に、河村陣営の呼びかけに「イエス高須クリニック」の高須克也氏が参与した事で、全国の注目を集めたが、有効な「有効なリコール運動」を組織できないまま、時間だけが経過し、ネット上では熱いがフワッとした「雰囲気優先」だったので、結果を懸念していた。


先ず思考体系を一体的に理解支援し合う「産経と夕刊フジ」が進捗を、他とは異なり比較的詳細に報じていた印象がある。
しかしながら「ネット運動」の危険性や安定性には懸念があった。


引用開始→ 選管事務局など家宅捜索 リコール問題、署名簿を押収―愛知県警
(時事通信2021年02月24日11時51分)

地方自治法違反容疑で名古屋市中川区選挙管理委員会を家宅捜索し、署名簿の入った段ボールを車に積み込む愛知県警の捜査員=24日午前、同区

 愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)運動をめぐる不正署名問題で、愛知県警は24日、地方自治法違反容疑で、県内の市区町村選挙管理委員会を家宅捜索した。

 名古屋市中川区選管には午前10時20分ごろ、捜査員らが入り、リコール団体が提出した約1万8400人分の署名簿を押収した。県警によると、数日間で64カ所の選管を捜索する見通し。
 県選管によると、提出された約43万5000人分の署名のうち、約36万2000人分が有効と認められない内容だった。県選管は今月、地方自治法違反容疑で県警に刑事告発し、受理された。
 リコール運動は、「あいちトリエンナーレ2019」の企画展で展示された作品をめぐり、知事の対応を批判する美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長らが展開。高須氏やリコール団体の事務局幹部は取材に対し、関与を否定している。←引用終わり

|

« 「コロナ ウィルス」に因る「コロナ禍」と「コロナワクチン」を巡り、煽り立てる阿呆メディアの無責任! | トップページ | 「尖閣」が守れないようなら、そんな政府は要らぬ! (尖閣と海警法の中間まとめ) »