« 日本の祭礼文化は日本人の生活律が産み出した「自然神」への尊崇と感謝の表れであり、困難に立ち向かう際の「心の拠り処」ともいえる! | トップページ | この状況を打破する「政策」がないなら「自民党」は秋の衆議院総選挙で勝てないことは決定的だ!  地方選挙で示された得票数の激減を冷静に見よ! »

2021/07/20

地球は45億年にわたり活発に移動している「日本」で地震が絶えないように! 離合集散を繰り返し、人間は上に乗り混淆し日々を暮らし過ごしている

日本の成り立ちについて:


近隣の害国は、小児の発想から脱けきれず、
何かに付けコンプレックス(劣等感)を遠因とする「妬み、僻み、歪み」が湧き出すのか、裏返しで「拗ね、抗い」をあらゆるテーマで見せる。


日本に限らず、どのような国でも、先住者があり遅れながら到達した者があり、やがて交流し混淆しながら、一定の社会が自然発生的に形成され、やがて統治者や機構を必要とし「国家」を創出する。


いずれの「現代文化」も、交流し混淆し改良しながら現在に至る形成過程があるのは普通にある一般的な認識だ。
従って、劣等感の裏打ちとしか考えられぬ「ルーツ自慢」を、声高に解離性障害の如く主張したがるのを見せられるのは哀れな姿で、相手にするのも難儀な事だ。


冷静に考えてみよ。
日本列島は、地球の長い年月を経た流動化により、ユーラシア大陸やら太平洋プレートやフィリピン海プレートが、ぶつかり合い、また沈降したりを重ねながら、形成されている。
人類も、地球の変化に応じ、固有種もあれば、移動し定住しながら、交流し混淆し「社会」を形成しつつ、先ずは「生活文化」を、次に「社会文化」を、やがて形成した「社会的価値観」を統合し「日本の社会文化」を造出しているのだ。


日本人も同様に交流し混淆する過程で形成されている。
全く無知な人が懸命に「万世一系」を述べ立てるのもヨイが、
少しでも「羞恥心」を保有するなら、無知の偏狭は情けなく恥ずかしいのではないか。


それがないのは、近隣の害国のコンプレクス(劣等感)に包まれ、何かにつけクレームをつけ、騒ぎ立てる小児が喧しく拗ねるのと然して変わらず情けない。


現在の、誇り高い「日本の社会」「日本の価値観」「日本の文化」を創り出したのは、様々な過程で参画し改良した「日本人」の成果なのであり、他にはない優れた美意識を始め美味を保持した世界に冠たる「日本の文明と文化」という、独自のオリジナルを形成しているのだ。

|

« 日本の祭礼文化は日本人の生活律が産み出した「自然神」への尊崇と感謝の表れであり、困難に立ち向かう際の「心の拠り処」ともいえる! | トップページ | この状況を打破する「政策」がないなら「自民党」は秋の衆議院総選挙で勝てないことは決定的だ!  地方選挙で示された得票数の激減を冷静に見よ! »