« 熱海・伊豆山の土石流は人が為した「産業雨廃棄物」を投棄し埋め立て土砂で覆い隠した事で引き起こした「人災」だろう! | トップページ | 大都市域はデラシネ(根無し草)が漂着した雑多な居留民の仮寓を集積肥大化した掴み処のないエゴが充満する空間だ »

2021/07/07

棲処の地域では「ジミィ」の支持や集票力は低下し明らかに都議選の結果は見え、衆議院選も想定できる状況だ!

棲処の地域は4月〇日が首長選挙の投開票だった。
都議選の結果も同じで、衆議院総選挙も結果が見える。


選挙に勝つためならと:
棲処首長選、他市首長選、県議補選、隣接市議選、県知事選、重要市長選、衆議院選、と・・・・・ 
この間に現在は東京都議選を挟み、地位だの、名誉だの、本音は「ゼニだの、カネだろ」の騒ぎで、人気投票の数を得るため、本当に羞悪なフライングが目立つネ。


2月の後半から、事前運動と捉えるべきと、周到な手当を重ねる姿が目立っていた。
特にコミィは、脱法行為スレスレの「2連ポスター」を張り巡らせ、賢そうな冷たい顔を刷り込もうと、選挙が終る5月某日に、駅前広場で「市民政策報告会」を開くと、予定もない告知をして顔の刷り込みを熱心に。
塵ィこと「日本と地域を不振にする怪」は、
同じく脱法行為の中身のない「2連折り込みパンフ」を、俯き泣きヅラのヨシムラとで、印象づけへ!
フライング集会に、ババが出張り、ほとんど公職選挙法の違反スレスレだった!


首長選挙が告示され:
首長選び紙掲示板に表す顔で票獲りを評す。
届け出順に、豊富な実務経験が刻む厳しさを秘めた顔、経験など構わず実直さだけを表す生真面目な顔、肚底に秘める一事を隠し煽る小狡い顔、温かみを欠く賢そうな冷たい顔。さて何れが迷ィ屋ァ~に相応しいか? 票を投じ選ぶのは好き好きだが。


4月〇日の首長選投開票結果は:
砂漠の砂と同じ、掴み処のない民が棲む地域は、社会的な紐帯も薄く選挙運動で旧い従来の手法を展開し、煽り勢力に蹴散らされ政治生命を断たれ、都市郊外域では「コミィ」や「日本と地域を不振にする怪」が撒く左右のヒステリーに席巻され、「ジミィ」は埋没し無惨な姿を曝し哀れに政治生命の幕を降ろす。


社会的負担率の高い自治体に棲まいするヒト:
社会は、各構成要素が相互依存で補完し合い成立し、要素間には利害対立があり、完全な合理性は得られない。
限定した合理性が必要でも、現実は混沌が絡み合う塊で線形への整理は難い。
分かり易い直線形の議論を求められても、知識や習慣また熟練度が異なり、一概に論じ規定できず。


選挙戦の争点にもなった事:
感染症の拡大を阻止するのは「民」の自覚なので。
「緊急事態宣言」の再々発出は現状では仕方ないが、しかし行政の長は、然したる思考能力もない「民」へ、誰もが分かり理解し協力を得る広報(警告)を執拗に繰り返し、まず自衛の方法を示し自覚を得ない限り話にならぬと考えるが。
国(地域)の統治また領導を志す者は「知恵」と「勇気」に裏付けられた「決断力」が必要で、夢想やファンタジーへ逃げ、籠もり避けては駄目だ。
政治のリーダーは、口籠もる事なく、自身の考えを明確に述べ問う事だ!


日本の現実的な政治の課題と争点:
日本社会が抱える政治課題への対処姿勢について考える。
秩序は共有すべき「社会的価値」の学習を重ね「習慣化」できないと「制度化」しても効を成さず。
コロナ禍では70%程の諒解と共有は成立しているかも、残り30%程が多様すぎ四分五裂で途筋を探る方向性すら議論できず、混沌のまま堂々巡りを繰り返し脱け出せず混迷に輪をかけ。


実際の社会と政治は「合法的投票買収」だ:
キツ~ィ皮肉を!
実力の政治家とされる人物は、関係の業種・業界・業態へ巧く補助金を撒き票固め、ガッカリィ基盤はビンボ人へカネを撒き支持を固め。
政権は弱小飲食業にカネを握らせ票固めへ。
社会を支える大規模事業者は切り捨て、人身御供の象徴に、強制し続ける!


日本の社会は幼稚で稚拙かもと1年の3分の1の4/30に考える:
形だけ「豊」な日本人は、いつの間にか「知恵」を創らず備えず活かさず、
都合が悪いとミギもヒダリも「国」へ要求する事だけを繰り返し、まるで「自律」など考えず、すぐに「規制」を求め、その「対価」として、消されゆく中間下層は恥も捨て「国からカネ」をせびる乞食に堕した。


社会を形成しリードするには世論工作の警戒を:
「国民国家」は、理想や基本的価値の共有で約70%が一致しても、残余の30%が些細な点も含め様々な四分五裂だろうか。
「自由」を巡り混沌の堂々巡りは迷宮で、それを眺める「統制・専制国家」は嘲笑い隙を狙い手を突っ込み様々な工作を繰り広げ、煽られ乗せられる側は手先に。


5月△日に露わになり始めた事:
首長選挙で2人の県議が立候補(落選)し、2議席を巡る補選に、コミィとタッチミィは、名前売り込み事前運動に国会議員との2人並びポスターを張り巡らせ、首長選~県議補選~衆議院選を描き、野党候補一本化への主導権争いか。戦略面でも間抜けなジミィは完全に抜かれ出遅れているゾ串刺しにされるよ。


選挙戦の実際と事前準備:
「ミギ呆守利権獲得拡大擁護」の逸れぞれジミィ。
「社会的下層ビンボ人へゼニ配り自慢」のガッカリィ。
「珍犬解離性障害擬きヒラリドンベ」のコミィ+タッチミィ+チャビン屋など。
「荊の途こそクチサケ」は不振に腐する。
如何に国のゼニカネを巧妙に喰い尽くすか相争い広言し。


政治のリーダーに求められる覚悟:
政治の指導能力は、チャーチルを指すまでもなく、社会が危機に瀕した時に、国の行政組織を的確に指揮し、最悪の状況を回避させ危機を突破して、初めてその力量が評価される。
しかし人は危機が去れば批判に転じ、石礫を投げつけ追い出す。
平穏な時の人気などクソの役にも立たない。


顔割れで警戒しテキもアッパレ:
県議補選の事前売り込みにコミィの候補(予)が駅頭へ、取り巻きが名の刷り込みを、ヨタヨタとビラ撒きする中、歩を進め「顔割れ」しており、撒きビラを引っ込め素知らぬ顔をされ、絡みカラカイ蹴散らしてやろうかと考えたが時間がないため相手にせず先へ急い堕。


コミィやタッチミィは入念に党名売り込みを:
市長選に手を上げ辞職した落選2県議の補選が始まり、当初から知事選と衆議院総選挙を視野に入れ絞り込む立と共は2議席をと。
ジミィは市議に県議を狙わせ、落選も恥の上塗りも厚顔に返り咲きを狙う塵維、湧き出る泡沫。
5で2を争う展開の序盤は、タッチミィとコミィがリードの展開でジミィと塵ィは苦戦。


皮肉を一発:
脳天気のコミィに、地味なジミィも、口先がタッチミィ、煽り屋カスミイと、呆沫ジマンタレハジィが、2つを争い!
フライングも含めギリギリだったし、候補の車と確認団体の車が雨の中を「街宣」に走り合うのは煩い事で。


県議補選投開票日:
嗚呼、ジミィはトウソツが効かず、再漂着した浮遊物が、安普請に目を付け、母屋を遺し浣腸を手に入れ「二階」へ居座られ土木土建を差配し続け。
前線の分裂は山梨、山形、新潟、広島、山口、徳島へ拡大。
棲処は、2市の首長戦で分裂敗退。
県議補選には板橋のバカボンが刺客を送り立て完全分裂に!


5月〇日 県議補選の結果:
県議補選は投票率28.71%で、塵イ15920、ジミィ13461、タッチミィ12712、コミィ6590、呆沫ハジィ5456、だった。保守票は面目を保つが、3分割で、相変わらず日頃の不満で㊨煽りに弱く、板橋バカボンの泡沫刺客は足下を掬い、5月23日の結果は、ジミィの根本的な集票力低下を見せ終わる。
塵イは、日々の不満を囲い込み固めた基礎票を守り抜き。
ジミィは、完全に集票基盤を塵イに奪われ、喪い回復せず。
しかもガッカリィは、推薦し基本は棄権へ廻ったか。
タッチミィは、基礎票を固めても「+アルファ」が伸ばせず。
コミィは、首長選の統一共闘で浸食しても今回は基礎票のみ。
泡沫ハジィは、刺客らしく分裂させ基の保守票を奪い去り。


ほぼ同じく、
結果は、550㌔東の都議選でも7月4日、明確に表れ示されている。
これまでの「短投稿」メモを纏めてみました。


ジミィは、確実に飽きられ「退潮傾向」が見えます。
それは、管義偉、二階俊博、下村博文というトリオが適正を欠き、リーダーとして「どうか?」と、一定の知識や判断力を保つ側には見えるからでしょう。


このままでは「政権の維持」はできても「政治的迷走」は繰り返されると考えます。
ヒダリドンベはリベ珍を煽り、メディアを総動員し都議選投票日の午前中にも「政権攻撃」に出る。


サンモニは阿呆利の祟りか「関口」の左眼は開かずへ。
それじゃイヨイヨ世の中が歪んで見えますル!
一方は、万能でもない「ワクチン」に期待し、全てを賭けると言い抜け。集団ヒステリーは噂と憶測の競演に。
「たぬきラスト」にならず、チープな「たぬきファスト」に熱狂の「たぬきファースト」が、枯葉一枚でも「たぬき」は面目を保つ。ヒタヒタとヒダリドンベとリベ珍は足下へ迫り、根無し草の「徒眠」は煽り次第で、その日その場の「損得」で靡くワケだが、でも8年に及ぶと挽回も!?


「たぬき」も「ジミィ」も、共に勝てずで「反省の改革」が必要だ!
板橋のバカボン、オマィこそ深刻に反省しろ。
「タッチミィ」と「コミィ」が相互扶助で議席伸ばしに成功は腹立たしく、麻で安普請の三度笠被りはバレて、煽り負けしパッカードじゃ収集不可能なゴミの量になったワケだよナ。

|

« 熱海・伊豆山の土石流は人が為した「産業雨廃棄物」を投棄し埋め立て土砂で覆い隠した事で引き起こした「人災」だろう! | トップページ | 大都市域はデラシネ(根無し草)が漂着した雑多な居留民の仮寓を集積肥大化した掴み処のないエゴが充満する空間だ »