« 既にイシバの地方創成は、痴呆早逝へ追い込まれ、ローカルの自治体はそれぞれ格好づけ手仕舞いのプロジェクトをシロウト根猿に任せ撤退を探し求め | トップページ | コロナは肺炎で! 禍を無事に生き抜くのは、ご自身の「自覚」と「免疫力」や「体力」で「ワクチン接種」は補助で、ウィルスは次々に変異し強力化します! »

2021/08/07

恋は盲目とも言いますが、単に世間知らずのお花畑で、現在の立場に無自覚無責任では話にならない! 秋篠宮は眞子内親王の廃嫡で対処か!

小室圭についての騒動、母親の素行が、いよいよ本質と核心を。
まぁ、この記事が報じる内容だとすれば、
母親は、殆ど「トラブルメーカー」で、何かのテーマを造り出し相手を引き摺り廻し、挙げ句の果ては「恫喝」に及び、開き直る人物だという事か。


その行為、それって、殆ど「不逞のヤカラ」の世界でも姿を消したような・・・・・
一度、その道に身を置き、足も顔も身も手も洗ったヒトにヒアリングし意見を尋ねてみたいな。


世間知らずで、皇族を離れたいと「甘く」「ボンヤリ」考えている内親王。
宮内庁もナァ、@@! 手を焼いているのだろうなぁ! 無警戒が引き起こしたとも言えるし。


この母親に、警備が付いているともウワサされていますが、
それって、国税か、都民税だよね!? バカバカしい限りだ!


引用開始→ 小室佳代さん、勤務先の洋菓子店で“無断欠勤”トラブル 労災請求に社長は困惑
(週刊新潮 2021年8月12・19日号)

「ギプスはしていたものの、普通に歩いていた」
 滞在先のニューヨークで司法試験を終えた小室圭さんは、一時帰国せずに現地で就職するという。そんな折、小室さんの母・佳代さんが長年勤めている洋菓子店でトラブルを起こし、現在無断欠勤中であることが週刊新潮の取材で分かった。

 ***

 佳代さんは現在、東急東横線沿線にある老舗洋菓子店に社員として勤務している。佳代さんは6月22日発売の「週刊文春WOMAN」のインタビューで、勤務先について〈職場の人間関係はとても良い〉と発言しているが、同店の関係者は、

「佳代さんは現在、自身が主張する“労災”をめぐって店と大揉めしています」

 と明かすのだ。

「6月上旬だったと思います。彼女が職場に診断書を持参して『休ませてください』と言う。聞けば数日前、夕刻の終業後に更衣室で仕事用の履物から自分の靴に履き替えようとした時、姿勢を崩してアキレス腱を痛めてしまったというのです」(同)

 実際に、勤務先の近くの整形外科医院で作成された診断書には「アキレス腱断裂」とあったという。

「ただ、誰もその時の“事故”を見ておらず、彼女がその日、どうやって帰ったのかもわからない。店としては本人の説明を聞くしかありませんでしたが、診断書を持ってきた時も、足にギプスはしていたものの、普通に歩いていたのです」(同)

「懲戒解雇ですって?」
 店側は6月いっぱいの休職を認めたというが、

「7月になっても彼女は出勤しませんでした。しかも無断欠勤です。店が契約している社会保険労務士の助言もあり、社長が佳代さんに連絡を取ったのですが、彼女は平然と『(自分の)弁護士から連絡がなかったですか?』などと言ってのけた。社長も堪忍袋の緒が切れて『どうして連絡をしてこないのか。本来ならば懲戒解雇になってもおかしくないんだ』と、怒りをあらわに問い詰めたのですが、佳代さんは『えっ、懲戒解雇ですって? 弁護士さんに相談します』と言い残し、電話を切ってしまいました」(同)

 その後、佳代さんの代理人から店側に連絡があったものの、社長は事故があったことを事業主として証明する書類に署名していない。今回、仮に労災が認められた場合、大まかには月給を日割りにした日給の8割が休業中は支給されることになる。現在も佳代さんは無断欠勤が続き、給料は支払われず、勤務シフトからもすでに外されているという。

 8月5日発売の週刊新潮では、司法試験を終えた小室さんの今後のキャリアや、米国での生活などと併せて詳報する。←引用終わり

|

« 既にイシバの地方創成は、痴呆早逝へ追い込まれ、ローカルの自治体はそれぞれ格好づけ手仕舞いのプロジェクトをシロウト根猿に任せ撤退を探し求め | トップページ | コロナは肺炎で! 禍を無事に生き抜くのは、ご自身の「自覚」と「免疫力」や「体力」で「ワクチン接種」は補助で、ウィルスは次々に変異し強力化します! »