« 重要な政策を研究する人達の会に招かれ議論を眺め聞き、助言というか意見表明を行う! | トップページ | 嗚呼! 自民党という名の自分党で、サル山のボスザル争いの序盤も、数々の駆け引きやら牽制やら恫喝やらを繰り広げ、ワッハッハァ~の大笑いで »

2021/08/31

嗚呼! 池田市長選挙 スキャンダル市長を辞職させ一安心した処へ、其奴が選挙に再立候補、まるで落語の「池田の猪買い」と同じで、まだ生きとるのか

大阪の中堅者が多い北摂・豊能地域の一角を占める「池田市」は、落語のネタで「池田の猪買い」が縁で「素人落語会」のチャンピオンシップが催されるなど「能勢街道」を活用した地域造りなど取組みは熱心な都市ともされ、北東部で市境を接す「箕面市」、南側に市域を接す「豊中市」と共に文化風土の高い都市だ。


それに目を付け、
市長選挙に手を上げ、大阪維新の会に自分を売り込み、当選を得た後には、自らの私兵を率い市役所へ乗り込み、市長室に私用サウナを据え付け、自宅代わりに堂々と居座り、職員にはパワハラを加え周囲を固め「池田市役所」を私的に占領し悦に入っていた。


以前の市長は「人格者」とされ、その巨大な格差指摘され・・・・・


それで「居直り、恫喝し・・・・・」
結局は、市民によるリコールかと言われたが、
市議会での追及にも応えられず「辞任」を発表し、選挙になった。


そこへ、辞職した本人が再立候補し、唖然、呆然、愕然、池田の市民は小馬鹿にされている。
社会の中堅者は、「争いを好まない」が「怒りへの意志表示」は明解で、市長選挙では「政策」と「人物」を吟味した結果、狙いとする「保守志向」の「サイレント層」の支持を得て固めたといえる。


騙りの、恫喝居座りを図った人物は、噴飯物の得票結果で踏み潰され終わる。
「維新」は辛うじて足下を固め面目を保ち得た。

20210831

添付の写真は、池田市選挙管理委員会発表の開票結果です。


維新の候補は、いつも「ワケの分からん」のが紛れ込んでいる事に注意しなければ。

|

« 重要な政策を研究する人達の会に招かれ議論を眺め聞き、助言というか意見表明を行う! | トップページ | 嗚呼! 自民党という名の自分党で、サル山のボスザル争いの序盤も、数々の駆け引きやら牽制やら恫喝やらを繰り広げ、ワッハッハァ~の大笑いで »