« 一部のヒトはなぜSNSに熱中し自己承認欲求を満たそうとしてスベり批判され非難されると自らの存在を否定されたと落ち込むのか | トップページ | 既にイシバの地方創成は、痴呆早逝へ追い込まれ、ローカルの自治体はそれぞれ格好づけ手仕舞いのプロジェクトをシロウト根猿に任せ撤退を探し求め »

2021/08/05

安普請は、WWⅡ戦後最長の政権を担当し、掲げた公約を何一つ実現せず究極の呆気は「自己憧憬」で「自己自慢」し「自己満足」に浸り国を貶めただけだ

日本は、この半世紀にわたり一貫して「汗の労働(=賃加工)」を追求し、円安を希望し、貧乏を探し求め続けている。不思議な国だ。
330円になったと騒ぎ、300円を危機だといい、やがて270円が、200円に、そして180円を国が破綻するといい。
やがて、120円から、110円に、そして80円を窺う展開になった際には、その時の(民主党政権は)政策が無能と罵り尽くし、円安誘導を求め続け、後に登場したアベノミクスを絶賛したのはお笑いだった。


それを熱狂的に支持し狂喜する民を目にした時、底無しの無知と不幸を見せられた思いだった。


安物のアベカワモチが最低なのは、通貨高が国力の充実と高まりの結果だと考えない稚拙さにあり、米国の大学で教鞭を執るハマッチ腐塵に心的にも差配され、最大の売国を打ち出した事だった。
結果は、米国に縛られ搾り尽くされ追従させられるだけの国に成り下がった。それでも安普請の無能に気づかず讃える汚馬鹿は無数なようだが。


それで見事に「円安=汗の労働=賃加工=低生産性=低収入」を見事に実現し、GDPは世界3位ながら、一人当たり所得は24~25位に過ぎぬ、労働=価値を誰か(主としてUS)に収奪され続け、さらにIT分野で、ナケナシのカネ(円安=多額)をUSに巻き上げられ続けている。


社会の経済構造を改革せず、
大規模会社に寄せ集められ組織され搾り取られる途を選択し、
安穏と喰え過ごせる「奴隷労働」を推し進め。

このように安普請で無能の極み「アベカワモチ」を評する度に、
安普請の盲目的なばかりの心酔信者から猛烈な非難や罵詈雑言が撃ち続けられる。
いわく、支持していたじゃないか? と。
それは、呆気の阿呆でも Better than Best で、ナイよりマシ程度でしかないのだ。
だいたいスキャンダルは別にして、
① 大きな政府を構える姿勢であり、アベノミクスを梃子に「社会主義・全体主義」への途を政策にした事だ。
② 円高局面でも、社会を大胆に構造も改革せず「円安誘導」に走り、汗の賃金労働に固執し、途上国経済と競争する愚かな途を選択推進した。
③ 政策の未熟を覆い隠すため、政権が自ら「賃上げ要求」をするに至った。
  (実は、大衆課税を徹底し税収向上に資するための政策で「朝三暮四」そのものだ)
④ 対中国を正しく徹底するために過剰な米国擦り寄りで、様々な代償を呑み売国一途に突っ走った。
⑤ 言わずともな、ア)森友学園、イ)加計学園、ロ)桜を見る会、ハ)河井克行・案里による参議院選挙買収不正、ニ)黒川の検事総長就任画策(失敗)、ホ)二階を幹事長に就けた愚考愚行、ヘ)管義偉を後継に据えた、ヘ)大口を叩いたが「憲法改正」は成し得なかった。 マッ、今は、これくらいにしといたる。

これで、安普請が有能な政治家で首相というなら、それを主張する側の「目は腐っている」。間違いなく!
オメデタイのはニポンの特技か?
そのうち気づくと、激しい怒りをまたぞろ爆発させるのか?

|

« 一部のヒトはなぜSNSに熱中し自己承認欲求を満たそうとしてスベり批判され非難されると自らの存在を否定されたと落ち込むのか | トップページ | 既にイシバの地方創成は、痴呆早逝へ追い込まれ、ローカルの自治体はそれぞれ格好づけ手仕舞いのプロジェクトをシロウト根猿に任せ撤退を探し求め »