« タツミンの代表選挙を座り寝転び眺めりゃ、コヤツらのサル集まりや主張は世間の乖離をより鮮明にし、要らぬ政党との本質を露呈し見せている | トップページ | 一人ひとりの「付加価値生産力」を上げ高め、無駄を省く事が民間では何よりも最優先すべきで、官公では生産性など無関係に無駄を制度化し喰らうのです »

2021/11/28

コロナウィルスの新たな変異株「オミクロン」は最終兵器か、静かに急激に確実に抗体を無力化し機能させず蔓延し始めたと報じられ!

遂に、強力に変異したコロナウィルス「オミクロン」と呼ぶのだそうな。


警戒度最高、略して「VOC」に指定した、究極の変異株で「コロナウィルス」の最終兵器か?
気をつけよう。


だって、またぞろ現在の接種済みワクチンで形成している抗体も為す術がなく突破されるとの懸念や指摘が為されている。
ウィルスは、別に思考する知能を持つとは思われないが、駆逐されかけると一気に変異し、感染力を増す事を繰り返してきたが、コロナウィルス(COVID-19)もデルタ株を追い詰め制圧できると考えた段階で、最終兵器かどうか識らないが、強力な感染力を持つ「オミクロン株」へ変異し、猛烈に暴れ始めたということか。


アフリカ南部で変異を遂げたらしく、変異原産地は劣悪な衛生環境で不明なまま人から人へ拡がり「南アフリカ」へ侵入し猛威を振るい始めたと云う事らしい。
それは「南アフリカ」には、公衆衛生を監視監督する機能と医療機能が備わっているからに過ぎない。


引用開始→ オミクロン株、WHOが警戒度最高の「VOC」に指定…英国でも2人感染
(讀賣新聞 2021/11/28 09:49)

 【ジュネーブ=森井雄一、ヨハネスブルク=深沢亮爾】世界保健機関(WHO)は26日、南アフリカなどで検出された新型コロナウイルスの新たな変異株をギリシャ文字にちなんだ「オミクロン株」と命名し、警戒度が最も高い分類の「懸念される変異株(VOC)」に指定した。変異によって感染力がさらに強まったとの見方もあり、日本や米国など各国が水際対策などでの警戒レベルを高めている。

26日、南アフリカ・ヨハネスブルクの空港で、搭乗手続きに並ぶ人々(ロイター)
 ロイター通信によると、英国のサジド・ジャビド保健相は27日、英国でオミクロン株の感染者2人が確認されたと明らかにした。2人はアフリカ南部への渡航に関連していたという。これにより、オミクロン株による感染確認は、26日に発表されたベルギー、南アフリカと隣国のボツワナ、イスラエル、香港に加えて計6か国・地域となった。


 26日には、南アからオランダ・アムステルダムに到着した航空機2便の乗客約600人のうち、計61人に新型コロナ感染が確認された。保健当局がオミクロン株によるものかどうか調べている。ドイツとチェコでも、疑い例が出ている。

 WHOが南アから感染報告を初めて受けたのは24日で、検体の採取は9日だった。WHOは26日、感染の拡散状況を把握するためとして、各国に監視態勢の強化や感染者やクラスター(感染集団)などについて速やかな報告を求めた。

 各国では26日、南アと周辺国を対象とした渡航制限の動きが急速に広がった。米政府は、南アとボツワナなど計8か国からの渡航を29日から制限すると発表した。バイデン大統領は声明で、渡航制限は「(オミクロン株について)更なる情報が得られるまでの予防的措置だ」と説明した。

 欧州連合(EU)加盟国も26日、南アなどからの渡航制限を行うことで合意した。カナダや英国、シンガポール、マレーシア、フィリピン、ブラジルなども南アと周辺国対象の渡航制限を相次いで表明している。

 オミクロン株の表面の突起状の部分には数多くの変異が見られ、WHOはインド由来の「デルタ株」などこれまでの変異株と比べても、再感染のリスクが高まっている可能性があると指摘した。感染力や重症化の度合い、ワクチンの効力や治療法への影響などについての評価は、さらに数週間程度かかるとしている。

 VOCには、デルタ株も指定されていた。新型コロナウイルスの変異株としては、今回で5株目となる。←引用終わり

WHOは、今度は「中国」ではないため、遠慮なく警告を続けている。
最初の時も、同じにしておけば良かったのを、買収されて遠慮したのか?

|

« タツミンの代表選挙を座り寝転び眺めりゃ、コヤツらのサル集まりや主張は世間の乖離をより鮮明にし、要らぬ政党との本質を露呈し見せている | トップページ | 一人ひとりの「付加価値生産力」を上げ高め、無駄を省く事が民間では何よりも最優先すべきで、官公では生産性など無関係に無駄を制度化し喰らうのです »