« 中間層を拡充拡大クリエイティブ人材の育成を刺激し手厚くする事で、マニュアル従属層やルーチンワーク層の生産性を高め波及を強める事だ! | トップページ | アハハァ~、トホホォ~の " 座って眠る " 「立罠」の代表選挙ゴッコは、政策ナシ、看板ナシ、コッチの水は甘いゾぉ! と、まるで学生のサークル勧誘だ »

2021/11/20

女子テニス界の王者を権力を笠に籠絡した中国の筆頭(元)副首相「色の道は色々あって昼も夜も難しい」のは世界共通だが、世界は好奇の目を注ぎ

「色もなければ、姿も見せず、匂いも嗅がせず、ホンにオマェは屁もなく」


世界が見守る、その状態で、突然に官制(と思われる)「ワタシ、ゲンキニ、イキテマス」のメールが届いたとかで!?
しかしながら、国際テニス協会の会長が連絡を試みるも繋がらず。


中国に、一点の曇りもないなら、是非とも第三者による立ち会いの下で正々堂々と「公開の場」で真実を追究すべきかと。
中国は、4000年前から「色の道」を我が物顔に、自分勝手な好き呆大に振る舞っているが、世界は見ている。


色の道で、権力は歪み、性事が歪み、政治は歪む、規範は緩む、国は滅びへ!
確かに古の昔から権力者による「色の道は、色々あって、昼も夜も難しい」のだが。
だからと言って、それでヨシとは言いきれず。


引用開始→ 仏外務省や国連も懸念、中国テニス選手の所在不明問題
(産経新聞 2021/11/20 09:44 三井 美奈)

【パリ=三井美奈】フランス外務省は19日、中国の女子テニス選手、彭帥(ほう・すい)さんが、元副首相に性関係を強要されたと主張した後、消息不明になっていることについて「懸念」を表明した。

声明は、国際社会やスポーツ界で彭さんの行方を案じる声が広がっていると指摘。中国当局に、女性に対する性暴力への取り組みを求めたうえで、「表現の自由」の重要さを訴えた。

また、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)の報道官は19日、「彼女がどこにいるのか、元気でいるのかについて、確証を示すことが重要。彼女が訴えた性的暴行について、透明性のある調査を求める」とジュネーブで記者団に述べた。

彭さんは今月2日、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」で、張高麗(ちょう・こうれい)元副首相から性的関係を迫られた体験を投稿した。投稿は即座に削除され、彭さんはその後、公の場に姿を見せていない。←引用終わり

|

« 中間層を拡充拡大クリエイティブ人材の育成を刺激し手厚くする事で、マニュアル従属層やルーチンワーク層の生産性を高め波及を強める事だ! | トップページ | アハハァ~、トホホォ~の " 座って眠る " 「立罠」の代表選挙ゴッコは、政策ナシ、看板ナシ、コッチの水は甘いゾぉ! と、まるで学生のサークル勧誘だ »