« 金融緩和の低金利政策と日銀券大増発で株価を支え、国の財政は国債大増発で、政府も国民も借金まみれに平気じゃ国全体の生産力など伸びないゾ | トップページ | 競争力強化に投資しない日本が、アベノミクスで日銀券の増刷と金融緩和そして低金利政策を続け、カネは中国へ向かい中国は日本企業を安く買い叩き »

2022/01/03

箱根駅伝で青山学院大学の原晋監督が示した事実は大エースはいなくてもエースが16人揃っている!

箱根駅伝で思う事:

駅伝競技の基本は長距離走の団体競技ゆえ、戦力を整える事が重要な点を改めて示し得た。
チームとしてのチカラを整える事こそが何にも増して・・・

往路の1区から5区まで、復路の6区から10区まで、控えの選手を含め殆ど同じデータで成績を示す選手を揃えたチームが勝ち残る。
大エースなど優秀な一人の英雄を打ちだせても、コンスタントに成績を維持できないと「勝ち残る事も、勝ち切る事」もできない。

人の闘い、人の競争ではあるが「精神論」ではなく、日常的な「データ」との科学的な闘いだ。

それは、店頭の商品構成「マーチャンダイジング」も同じだ。
一つの秀逸な商材を得ても、点でしかなく線に繋がらない。
線を繋いで面にして勝負する。それもできるだけ大きな面を形成構築する事だ。

できるだけ、関連する商材を巧く揃え補強し合う事が大切だ。
総合力を整える事が重要なので、その上に「結果」が残る。


|

« 金融緩和の低金利政策と日銀券大増発で株価を支え、国の財政は国債大増発で、政府も国民も借金まみれに平気じゃ国全体の生産力など伸びないゾ | トップページ | 競争力強化に投資しない日本が、アベノミクスで日銀券の増刷と金融緩和そして低金利政策を続け、カネは中国へ向かい中国は日本企業を安く買い叩き »