febnet.cocolog-nifty.com > SAKURA / 桜

「桜」は、日本を表徴していると考えます。
日本の春を飾る「桜」は、様々な表情を見せてくれます。
とりわけ「染井吉野」は、よく言われる「パッと咲いて、パッと散る」、心意気の潔さを示す花として象徴的に扱われる花です。
短い期間に季節の変わり目を伝え、散る時は「花吹雪」で愛でる人の情感を刺激するのは「染井吉野」の役目です。
一方で、数多い品種を保つ「八重桜」は、重厚な「花」を点け、比較的長い期間、人の目を楽しませてくれます。
日本文化の奥深さや重厚さ、あるいは粘り強さを魅せる「花」のようにも思います。
「桜」は「バラ科」の「花」です。
「染井吉野」だけでは「桜」が「バラ科」の花だと言われても、懸け離れているように見えますが、数多い「八重桜」を眺めると確かに「桜」が「バラ科」の「花」である事がよく分かります。