« ベトナムの医療事情などの雑感です | トップページ | 西村議員を週明け逮捕=名義貸しの弁護士法違反容疑-政策秘書も、大阪地検・府警(時事通信) »

2005/11/25

「建築構造計算偽造」は誰もが真実を語っていない

弱い奴以外は、誰も真実を話さない猿芝居だ

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「ばかげたこと」=鉄筋減量指示を否定-耐震計算偽造でヒューザー社長(時事通信).

善意の第三者を装おうとする猿芝居は哀れ以外の言葉がない
耐震設計の構造計算偽造に携わった本人(も表面化してしまったから仕方がない)以外、自分は正しく、全く知らなかった、善意の第三者を装おうとする姿勢は醜い話だ。
発注者が「分からなかった、気がつかなかった」とひたすら被害者面するのは自由だけれど、この態度は笑止千万ではないか。
さらに、建築を施工した会社の代表までもが「知らなかった、分からなかった、100%、120%信じているので、告訴します」とはよく言えたものだ。聞いている側が思わず笑ってしまう。

能無しも一応屁理屈だけは主張する
仮に、弁解する奴らの主張のように建築士の単独犯行だとしたら、誰が儲かるのか、誰の利益か?猿でも分かる、誰が考えても分かる話だ。構造的に最も利益を得られない者と最大利益を享受できる者の差は歴然としている。
建築を請負施工した建築会社は、その物件だけを建築施工したわけではないだろう。それまでにも同様の物件を多数手がけてきたはずだ。経験則から考えて、自社が建築を請け負う建物で使用される重量鉄骨の厚みや幅、あるいは基礎部分に使用する鉄筋の数量を見れば分かることだろう。管理部門が分からなくても、現場責任者は分かるだろう。分からないと主張するなら、建築会社として「全く能無しだった」ことになる。そんな能無しの建築会社へ発注した側の責任も、「知らなかった、分からなかった」で逃げられるものではない。

基本的には、小狡い奴らの倫理観欠如が全て
建築には、平方メートル当たりの施工単価が常識的な範囲で形成されている。基礎的な単価は、設計方法によりいくらか上下することはあろうけれど、大幅に下がることはあり得ない。ローカル出の中小零細の建築会社が東京へ出てきて請け負ったから建築工費が大幅に安くなるというものではない。
仮に、大儲けしようと考えて、現場の労賃を抑えても、使用する部材の単価は平均的に安定しているから、大きく変わることはない。

どうすれば儲かるか
それでも、全体の工費を安くする(下げる)には、大量に使用する部材の量を減らす以外に途はない。それで単位面積当たりのコストを常識的な範囲から大きく逸脱させた、画期的な価格が生まれるのだ。また、画期的な工期の短縮も可能になるのだ。
安価に販売したいという開発会社の利益計算もある。工期短縮で利益を得たい建築会社の利益計算もある。

間抜けな正義を主張することの愚かさ
確かに鉄筋の数を減らせと具体的に指示しなかったのかも知れない。しかし、「工事単価を圧縮せよ、圧縮する方法はないか」と四六時中求め続けることは「何か見えないところで手を抜け」と言っているわけだ。それが「バレたら、『知らなかった、鉄筋の数を減らせと指示するわけがない』とは醜い言い逃れ」に聞こえてしまう。実に愚かな話だ。建築した側にも、販売した側にも「瑕疵担保責任」が残される。人命と個人資産の毀損に関わる事態を引き起こし、ダジャレを放ったり、破産宣告すれば逃れられるという代物ではない。徹底的に責任追及がなされなければならない。何年か前に、韓国ソウル市で、今回と同じ建築設計上で構造計算を簡略化し、建築上でも手抜きした、百貨店が営業中に倒壊したことがあった。その際、日本の(建築関係で)有識者とされる幾人もの人物は、せせら笑うかのように「日本ではなによりも耐震設計や構造物に重点をおいている起きえない」と話した。しかし、それは虚言となってしまった。日本ではまだ倒壊していないが、同じ事が生じたのである。これは「技術力ではなく倫理力」の問題であった。

低級な「お笑い欲得トライアングル」に泣かされるのは購入者
欲得ずくめの三者による、倫理観を欠いた当に低級で構造的なお笑い犯罪である。この犯罪がいかに低級かと言えば、建築設計士という最も権威と責任がありそうで一番弱い人物に全責任をかぶせ、本当の巨悪が善意の第三者を装い口を拭い知らぬ顔を決め込み逃げようとする珍奇な姿勢である。語るに落ちるとはこのことだろう。

周囲の観客は事の全容を既に見抜いているにも関わらずだ。国を含めた行政の責任も免れない。異常なまでに民間委託を推進すると、能力もない組織や機関が客先から求められるまま、形式的に盲目的に審査するだけに陥ることを図らずも証明したわけで、民間の話(経済活動)だから行政は関係がないと主張しても、その責任が免れるわけではない。
問題の建物への竣工検査もした上で、課税もしているわけだから。

構造改革も偽造されていないかな?
どこかの首相が形相を変えて進める構造改革も、どこかで計算数値が偽造されているかも知れない。そのとき「知らなかった、分からなかった」と、また得意の開き直りを見せるのだろうか。弱体な立場で巻き込まれる国民は「いい面の皮」である。

|

« ベトナムの医療事情などの雑感です | トップページ | 西村議員を週明け逮捕=名義貸しの弁護士法違反容疑-政策秘書も、大阪地検・府警(時事通信) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「建築構造計算偽造」は誰もが真実を語っていない:

« ベトナムの医療事情などの雑感です | トップページ | 西村議員を週明け逮捕=名義貸しの弁護士法違反容疑-政策秘書も、大阪地検・府警(時事通信) »