« 「新・日米軍事同盟」で自衛隊は世界の最前線で米軍の露払い前面展開へ! | トップページ | 「ムラカミ」を倒せ!「ムラカミ」と「タマイ」を徹底糾弾し、市民社会の鉄槌を下そう! »

2006/05/03

「ムラカミ」は、法の矛盾を楯にした、大嘘つきの土地ドロボーで、居直り強盗だ!

「ムラカミ不安怒」のホントの狙いは、やっぱり大阪・梅田の土地ドロボーだ!

Murakami060418zak_3 居直り強盗が、遂に本音を顕した。あらゆる手練手管を繰り出し続けた、強盗集団が本当の狙いを見せた。これまで「阪神電鉄の、経営には関与しない!」。「企業価値を高める!」。「鉄道事業は、鉄道事業のプロに任せる!」。「M&A(ファンド)は、資本家として経営を見守る!」などと、嘘八百を並べ立て、世間の注目を集め「阪神電鉄株」をつり上げ続け、転売できなくなるとみるや、一転して売却先探しに走り、シェイクスピアの高貴な作品「ベニスの商人」に描かれたユダヤ人シャイロックよろしく、法律を楯にとり、強盗が居直り強盗に姿を変え、地域社会の破壊に出 ようと言うわけである。↑この人を喰ったバカ面、アホー面を見よ!

Asahi0605030011_1 ← 「ムラカミ発言など」一覧表引用[朝日]

ムラカミ」は、自ら手にした「阪神電鉄株」を「阪急HD(ホールディングス)」が高値で買い取りそうもない状況に直面し、それでは、自分の面子(後ろに控えるユダヤ資本とアラブの石油成金への顔)が立たないから、6月29日の株主総会で「阪神電鉄の役員」を一気に入れ替え「経営権を握り」、「阪神電鉄」が所有する、大阪・梅田の一等地を、守銭奴ミヤウチのオリックスか外資ファンドに売り飛ばすことで、まずは自らの利益を確保しようという作戦に出ようというわけだ。何よりも、送り込もうという経営役員は、自らのファンドに名前を連ねる一社員である。これは「ホリエ」の「ライブドア」と同じ構造だ。「阪神電鉄の中核事業である鉄道事業」には全くの素人の集まりに過ぎない。鉄道経営について何の識見もない素人を経営役員に送り込む理由は、鉄道経営など何の興味も持たず、ただ単に「大阪・梅田の一等地」を強奪し外資か守銭奴ミヤウチのオリックスへ売り払い、利益を得ることだけが目的としか見えない。「ムラカミ」は以前、この方法で「住友倉庫」が所有した、大阪・難波の優良な土地を守銭奴ミヤウチのオリックスに売り払い、ムラカミと守銭奴ミヤウチは莫大な利益を手にした事実がある。

阪神電鉄」の主力銀行は、何を隠そう「(三井)住友銀行」である。「住友倉庫」の主力銀行は勿論「(三井)住友銀行」である。「ムラカミ」が「阪神電鉄」へ経営役員として推薦している一人の玉井という輩、「(三井)住友銀行のOBとはいえ関係者(もと副頭取)である。「(三井)住友銀行」は、「浮利」を諫める家訓を表では大切に掲げながら、玉井のような輩裏では「浮利」を追い続けることで有名である。何よりも関西人には、この銀行は銀行の顔をした○○集団であるとの共通認識がある。遂に、「(三井)住友銀行」は自ら誇ってきた「まさに虎の子」の「阪神電鉄」の解体にOBとはいえ玉井元副頭取が手を貸し協力するとは、関西人の多くは夢にも想像しなかった。玉井の輩は当たり前のことだが、「(三井)住友銀行」は「バンカー」としての資質は勿論、倫理観や人としての良心を問われるのではないか?

買い取る側の有力候補、守銭奴ミヤウチのオリックスか外資のファンドは、それを日本の資本家に高値で転売することで、自らの利益も確保するという構造だ。「ムラカミ」は二重三重に外資の短期利益のために網を張り、本邦の利益を合法的に外資へ売り払おうという輩である。つまり、これは当に「売国奴」そのものである。ユダヤの手先そのものである。ムラカミ」に本邦の美風を説くことは、大きな意味を持たない。「ムラカミ」のクソ爺は「タイワン」からの流れ者なのである。

ムラカミ不安怒」はコイズミ政治の具現者である座敷犬タケナカ・ヘェクセェゾーが創り出したと代物も言える。コイズミはこの責任をとらなければならないタケナカ・ヘェクセェゾーは国外逃亡を企てる前に、自らの「売国政策」の結果である「ムラカミ不安怒」を措置しなければならない。その責任がある。「ムラカミ」はクソ爺の故郷「タイワン」へ落ちのびる準備でもした方がよい。地域社会の怒りをまともに受ける覚悟があれば、この国で悪徳の限りを尽くすのもよいかも知れないが。社会はいつまでも、この無法者を放置し続けることはないだろう。放置し続けるような国であってほしくない。

引用開始→ 村上ファンド、阪神電鉄取締役会の過半数以上の獲得を株主提案(ロイター)

5月2日、村上ファンドは阪神電鉄に対して取締役会の過半数以上の獲得を株主提案。
[東京2日 ロイター] 阪神電鉄の筆頭株主で村上世彰氏が率いるM&Aコンサルティング(通称:村上ファンド)が阪神電鉄に対して、取締役会の過半数以上となる9人を取締役候補者とする株主提案を提出したことが明らかになった。この株主提案に対し、阪神側は「経営支配目的の大株主」への変更と思わざるを得ないとのコメントを発表した。

現在の阪神電鉄の取締役は16人。これに対して、村上ファンドは村上氏を含めた取締役9人の就任を要求している。村上ファンドの株主要求の内容は、1)同ファンドが推薦する9人を取締役候補者とする議案を株主総会の議題にすること、2)阪神電鉄が取締役を8人に半減する場合には、同ファンドが推薦する5人を取締役候補者にする―というもの。

これに対して阪神電鉄は、阪神タイガース球団の上場や不動産事業に関する村上ファンドからの提案について、「経営方針とは相容れないものであり、技術的問題などから現実的とはいえない」とコメントし、拒否姿勢を示した。

その上で、今回の村上ファンドの株主提案については、村上ファンドの指名する取締役が取締役会の過半数を占めることを目指しており、「経営支配を直接の目的する大株主への変更と思わざる得ない」とのコメントを発表した。

さらに、この株主提案について、提案の趣旨、候補者の経歴、就任承諾の有無、経営に対する考え方などにつき詳細な説明を求め、所定の社内手続きを経た上で対応を正式決定するとしている。

一方、阪神電鉄との関係強化を検討している阪急ホールディングスは、村上ファンドと阪神の現経営陣との間には、大きく経営に関する考え方が異なっていると指摘し、「村上ファンドと合意するのは一定の時間を要する見込みだが、フィナンシャルアドバイザーを通じて協議を続ける」とのコメントを発表。阪神との経営統合の実現に向け、村上ファンドから阪神株式を買い取る協議を継続する意向を示した。
[ロイター:2006年05月02日 21時15分]  Copyright(c) NIFTY 2006 All Rights Reserved. ←引用終わり

阪神電鉄の労働組合」と「私鉄総連 は、「ムラカミ」に対する怒りを行動で表すべきだ。ストライキを打ち抜いて徹底的に「ムラカミ」が送り込もうとする経営陣と闘うべきだ!「私鉄総連」は何を差し置いても「阪神電鉄の労働組合」を支援すべきだ。「沿線の市民」も面白がるだけで手を拱くのでは話にならない。「ムラカミ」に対する闘いに連帯することが大切だ。

これは、単に「阪神電鉄」と法を楯にする無法者「ムラカミ」との闘いではない。「地域社会を守る闘い」だと考える。すなわち自らの生活の質を維持する闘いそのものだ。地域社会に果たす社会基盤としての鉄道事業は、ひとり「ムラカミ」個人の思惑による金儲けの道具ではない。阪神間とりわけ「阪神電鉄沿線市民」に帰する最大のテーマである。面白がってはしゃいでる場合ではない、「阪神電鉄」が「ムラカミ」に乗っ取られるかどうかは、偏に、沿線市民一人ひとりが直面する問題であることの認識が必要だ。

私鉄総連」に結集する「民営鉄道の労働者」は、一人ひとりが、まさに明日、自ら直面し向き合わないといけないかも知れない、極めて深刻な問題なのである。「JR総連の労働者も同じ鉄道事業に従事する者として、事業体の枠を乗り越え連帯しストライキを構えて闘うべきである。

阪神電鉄」はこの際、経営陣も労働者も全てが一丸となり、「ムラカミ」に対する闘いを組織すべき時である。資本(ファンド)の勝手な小理屈論理には経営陣と労働者そして沿線市民が一体となった、地域社会の論理、労働の論理を掲げ高貴な闘いを組織すべきである。これは地域社会を守る闘いであるからだ。その意味で、国の政治責任は極めて重い。 マスコミ各社も、真剣に地域社会の危機の面から、事の本質を報じるべきだ!

|

« 「新・日米軍事同盟」で自衛隊は世界の最前線で米軍の露払い前面展開へ! | トップページ | 「ムラカミ」を倒せ!「ムラカミ」と「タマイ」を徹底糾弾し、市民社会の鉄槌を下そう! »

コメント

阪神電鉄労働組合が、遂に、「ムラカミ」へ反撃の声明を発表しました!
連合も私鉄総連もしっかり「阪神電鉄労働組合」と阪神電鉄の下で働くあらゆる階層の人々を応援して下さい!
自分の短期利益のみを追求するために、あらゆる手段で無理難題を押しつける「ムラカミ」への闘いを支援して下さい!

投稿: コラム管理人 | 2006/05/04 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ムラカミ」は、法の矛盾を楯にした、大嘘つきの土地ドロボーで、居直り強盗だ!:

« 「新・日米軍事同盟」で自衛隊は世界の最前線で米軍の露払い前面展開へ! | トップページ | 「ムラカミ」を倒せ!「ムラカミ」と「タマイ」を徹底糾弾し、市民社会の鉄槌を下そう! »