« イスラエルの弱虫政権は、レバノンとパレスチナで墓穴を掘る! | トップページ | ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第76号 »

2006/08/18

「レバノン戦争」、米国とイスラエルの本音!

Usnationalflag_13Ilnationalflag_17戦争大好き、世界で戦争を仕掛け続ける、自らIQが高いと公言して憚らない厚顔無恥の米国ライス国務長官の本音が漏れています。ご参考までに追記しますのでご覧下さい。既に、ライス長官のパレスチナとレバノンでのイスラエル支援戦略は破綻し、その延長上にある、対シリア、イラン戦略の基本も崩壊しようとしています。人は、自分が頭の良い人間だと過剰に思いこみ、間違った自信を持つと世界を不幸にする典型かも知れません。

引用開始→ 武装解除は国連部隊の責務ではない ライス長官   (産経WEB)

【ワシントン=有元隆志】ライス米国務長官は16日付の米紙USATODAYのインタビューで、レバノン南部に増派される国連レバノン暫定軍(UNIFIL)について、イスラム教シーア派組織ヒズボラの武装解除の責務は負わないとの見解を示した。ヒズボラが武装解除に応じない場合は、ヒズボラやヒズボラを支援するイランやシリアへの国際社会の圧力がさらに強まると牽制(けんせい)した。
武装解除は停戦合意を進めるうえで、大きな焦点となっているが、同長官は「国連部隊がヒズボラを物理的に武装解除するとの期待はないと思う」と述べ、レバノン政府が中心となって武装解除を進め、国際部隊はそれを支援することになるとの見通しを示した。

さらに、「ヒズボラへの対処で重要なことは武器の問題だけでなく、戦略上重要な地点である(レバノン)南部から締め出すことだ」と述べ、UNIFILの「抑止力」としての任務の重要性を指摘した。

また、ライス長官は16日付の米紙ワシントン・ポストに寄稿し、停戦合意について「脆弱(ぜいじやく)であり、すべての当事者は停戦の強化に努めなければならない」と強調した。

同時に、「国際社会が和平に向けて努力しているときに、シリアとイランは戦争を長引かせ、激化させようとした」と、両国を批判。停戦決議が履行された場合「両国にとり戦略的な後退となる」とした。

ロイター通信によると、同長官は訪米中のイスラエルのペレス副首相との会談で、ヒズボラに対するイランの支援問題を協議した。

ペレス副首相は16日のワシントン市内での講演で、イランはヒズボラに対し、年間1億ドルの支援や精密兵器の供与をしているほか、100人以上のイラン人教官がレバノンに滞在し、ヒズボラの訓練の指導にあたっていると推定していると語った。
(08/17 21:04) (c) Copyright 2006 The Sankei Shimbun. All rights reserved.  ←引用終わり

|

« イスラエルの弱虫政権は、レバノンとパレスチナで墓穴を掘る! | トップページ | ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第76号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「レバノン戦争」、米国とイスラエルの本音!:

» アメリカの姑息 [東急不動産東急リバブル不買宣言]
米政府はイスラエルとヒズボラの戦闘で甚大な被害を受けたレバノンの復興で主導的な役割を果たす方針を示し、緊急的に追加人道支援を行うと発表した(2006年8月16日)。被災地では既にイランの資金援助を受けるヒズボラが復興活動に着手している。 ヒズボラの最高指導者ナスララ... [続きを読む]

受信: 2006/08/19 11:25

« イスラエルの弱虫政権は、レバノンとパレスチナで墓穴を掘る! | トップページ | ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第76号 »