« 「パレスチナ」への支援再開を求めます! | トップページ | Let's persisting denounce to Takenaka. タケナカを徹底的に糾弾しよう! »

2006/09/17

「パレスチナ」の平和へ向け「ハマス」よ目を覚ませ!まず「民」を喰わせよ!

今日も、また「パレスチナ」です。「ハマス」の決定、ハニヤ首相の判断に深く失望させられた!

Palestineflag_18イスラム原理主義を掲げる「ハマス」が、原理主義ゆえに純粋培養された論理構造から抜け出せない限界を見せてしまったのか?「パレスチナ自治政府」を維持する究極の政治的妥協は「空中分解」へ向かい、やがて「パレスチナ自治政府」は自壊することになるだろう。それは、いかに原Phamasbosshaniya_4 理主義を貫くことが正しくても、「」を喰わすことができなければ、誰のための何のための政治か?という疑いが!!

ハマス」の判断に失望を禁じ得ない!これでは子供の使いではないか?いや、子供の使いの方がマシなように思う。これでは「パレスチナの民」は救われることがない。この判断に対する責任は、誰がどう負うつもりか?

一度、約束したことは遵守しなければならない。これはイスラム社会の正義ではなかったか?「正義」も「約束」も軽くなったものだ。本当に失望を禁じ得ない。利益を得るのは「イスラエル」だけではないか?!なぜ、こんな簡単な理屈が理解できないのだろうか?

政治的に大妥協しても恥じることは何もない。名誉が傷つけられるわけでもない。最終的に勝利する日を目指すなら、いま、生き延びることを考える能力がなければ話にならない。「パレスチナの民」を喰わせ養うことができなければ話にならない。それが、政治の途ではないか?!

Hamas060131jordanハマス」よ目を覚ませ!政治的な大妥協は屈辱ではない!「ハマス」は本質への途を悟れ!いま、「パレスチナ自治政府」を自壊させると誰の利益になるか、という事実を厳正に分析し認識し理解せよ!「ハマス」よ目を覚ませ!いま、「イスラエル」と妥協しても敗北とはいわないことを理解せよ!そしてより広汎な国際社会で自らの立場を主張せよ

引用開始→ パレスチナ連立政権交渉に遅れ イスラエル承認拒否  (asahi. com)
2006年09月17日20時45分
パレスチナ自治政府のアッバス議長が所属する穏健派のファタハと、内閣を握るイスラム過激派ハマスとの連立政権交渉が遅れている。連立を組む最大の目的はハマス単独政権に対する欧米の経済制裁を解除することだが、そのために必要なイスラエルの存在の承認などをハマスが拒否しているためだ。米国は制裁を続ける方針をアッバス議長に伝えている模様で、事態が打開される見通しは立っていない。

アッバス議長とハマスのハニヤ首相が11日に連立合意を発表した後、当初は13日にも議長が内閣を解散し、ハニヤ首相を改めて首相に指名、連立内閣の組閣を命じると見られていた。

連立内閣の政策合意についての発表はまだないが、イスラエルの刑務所にいるファタハなどの幹部たちがイスラエルとの「2国家共存」を呼びかけた文書が基になっている。そのため、ハマスもイスラエルの存在を事実上認めるなど、欧米の制裁解除の条件に近づいたと期待されていた。

ところが、ハニヤ首相が16日、記者団に「イスラエルを承認しない」と断言し、ファタハとの連立交渉は暗礁に乗り上げた。イスラエルの各メディアによると、米政府はアッバス議長に対し、ハマスがイスラエル承認とともに、暴力の停止、過去の和平合意の尊重という3条件を満たさなければ、制裁を解除しない方針を伝えた。

議長は今週、国連総会に出席するため訪米し、米政府側との協議で打開策を探る見通しだ。連立内閣が実現しなければ、パレスチナ自治区ガザでハマスとファタハの武装集団同士の衝突が再発し、治安がさらに悪化する懸念も出ている。 asahi.com  ←引用終わり

引用開始→  アッバス議長、ハマスとの連立協議「凍結」  (産経WEB)

【カイロ=村上大介】パレスチナ自治政府のアッバス議長の報道官は17日、イスラム原理主義組織ハマスのハニヤ首相と合意した「挙国一致内閣」樹立をめぐる協議を凍結したとの声明を発表した。声明は「ハニヤ首相の発言に対し、議長は困惑している」としている。

議長の支持母体であるパレスチナ解放機構(PLO)とハマスが軸となって樹立される挙国一致内閣は、双方が6月に合意した18項目の「国民和解文書」に基づいて樹立されるが、ハニヤ首相は16日、「和解文書は(自治政府と)イスラエルとの過去の合意順守には触れていない」と述べ、新内閣が過去の合意に縛られることはないとの見方を示した。

ハマス側は協議凍結を否定している。アッバス議長は、ハマス側の方が挙国一致内閣をより必要としているとみて、ゆさぶりをかけている可能性もある。(09/17 21:37)
(c) Copyright 2006 The Sankei Shimbun. All rights reserved.   ←引用終わり

|

« 「パレスチナ」への支援再開を求めます! | トップページ | Let's persisting denounce to Takenaka. タケナカを徹底的に糾弾しよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パレスチナ」の平和へ向け「ハマス」よ目を覚ませ!まず「民」を喰わせよ!:

« 「パレスチナ」への支援再開を求めます! | トップページ | Let's persisting denounce to Takenaka. タケナカを徹底的に糾弾しよう! »