« スカスカ・スガーは言論統制へ突き進む!放送事業を命令統制へ、恐ろしい事だ! | トップページ | 日銀、遂に利上げへ!事業再建中の側には厳しく悔しいねぇ!クッソォ~! »

2007/02/21

オザワ流家元、オザワの政治資金疑惑は、さらに深まった!司直の手で解明せよ!

統一地方選挙、参議院議員選挙を前に、いつものお得意「オザワ流」茶番で捨て身の突撃戦略か?

いつもながら、オザワ流家元、オザワ流の小賢しい遣り口だ!毎回、繰り出す手口の巧妙さに感心させられる!

オザワ流家元、オザワ・シェンシェーは、やはり、エライ人、エッライ人、エラ~~イ人らしい。
どうして、法的責任(能力)がない?(オザワ個人の)「陸山会」が、秘書の寮を?寮を建てなければならないほど、秘書を抱えているの?多分、人材を育てているって、言い返すのだろうね。秘書たちの費用ってホントにバカにならない金額なんだろうねぇ?
これを市井の民の目線で捉えると、「(オザワ流家元の)政治」は、とんでもなく「金」がかかるんだねぇ~!と思いながら、同時にとんでもなく「儲かる」のかなぁ~!と考えさせられるよねぇ~。

まず、「政党助成金」制度を主張したのは、オザワ流家元の悪党オザワ・イッチロォだ。小児の泣き喚きにも似たオザワのダダと主張で、税金による「政党助成金」制度ができた記憶があるよ。忘れないよ。議事録には記録がないよ多分ね。だって、家元は、記録が残るところでは議論しないもの。リング外で寝技を繰り出すんだよ、それが家元独特の腕力で力の源泉だものねぇ。そのネタ拾いのためにも、秘書は必要なんだろうねぇ~。
オザワの政治資金の中にも、政党助成金(政党交付金)の一部が含まれている事は常識的に想定しておく必要がある。これが第一点だ。
次に、「政党助成金」は国の金であること。何よりも「税金」だということ。これが第二点だ。
最終的には、「政治資金として得た金を、政治関連でどのように使おうと自由だ!」というのが「政治の潰し屋」を自負する悪党オザワの主張なのだろう。

オザワは、やっぱり、田中角栄に教えを受けただけあるなぁ。「政治は産業、政治は金儲け、政治で金を儲けして、なぜ悪い、どこが悪い」というのが田中角栄の底流だ。娘のマキコは「エチゴのオオカミ・ババァ」に転じて、今も辻立ちで「オオカミが来る、オオカミが来る!」と叫び続けるらしい。嘘の山を築いた結果、人気は凋落の一途のように思える。

さてオザワである。オザワも嘘の山を築く点では、エチゴのオオカミ・ババァに引けを取らない。「オオカミが来る」発言でも、ババァに負ける事はない。だからオザワを「オオカミ成年」と呼んだ事もかつてはあった。似たもの同士だ。

さてさて、オザワだが、「陸山会」は政治団体だ、オザワの組織ではないと、主張するのだろうけれど、政治家の政治団体なんて、その政治家が死去すれば、大体において、当該政治家が死去したあと、ずっと継続的に長年にわたり維持された組織も団体も、その例を見ない。死去後、ほぼ5年程度で雲散霧消するのが通例だ。
その際、「オザワ個人の名義ではない、『陸山会』の名義だ」とかなんとか、いまの時点で、醜い面をますます醜くして、詰めかけた記者団をエッラそうに睨み付けても、説明しようとする論拠そのものが論理的に破綻している。

昨日発表した、オザワ・シェンシェーの政治資金管理団体の疑惑に関する発表は、いつもどおり捨て身の罠だ。しかし、中身は空疎で、資金の流れは説明しない(隠したいのだろう)。加えて、コピーはとらせないと情報管理は都合よく徹底している。アベカワモチと政権を守るコッテ牛のヒデヤンへの攻勢だ。突撃かも知れない。どっちみちダメならということだろうとゲスの勘ぐりをしたくなる。

ヤナギサワ発言は相も変わらず、ボロボロでも決定的に攻囲できない。Qちゃん発言も米国から不快感を示されたものの沙汰止みだ。アッソー・アソウ発言もそのまま。それやこれやで内閣の人気は陰り下降まっしぐららしいけれど、家元自らの人気も低迷したままで上昇する機運はなさそうだ。
そこへ、マッチ・マツオカ、イブキ・オロチの政治資金管理団体の不始末が湧き出てきたから、これ幸いにと一斉攻撃に出たら、コッテ牛のヒデヤンから「オザワの政治資金疑惑」を投げ返されてしまったわけで。
オザワ流の「政治資金管理と運用」の悪辣さが暴露されてしまったわけだ。窮地に陥りかけたものの、ここは一番、捨て身の突撃で血路を拓く、まさにオザワ流家元の悪党オザワ・イッチロォの真骨頂を示さないと、誰も付いてこなくなるから、一世一代の大勝負に出たってわけだ。
そして咆えた!「閣僚も、与党も、個々の議員の政治資金を明らかにすべきだ」とかなんとか!
コッラ、悪党オザワ、一緒にするな!と与党は言い返して混ぜ返す。
悪党オザワ・イッチロォの政治資金疑惑は、その性格、内容とも解明は司直の手に委ねた方がよいのではないか、その種の内容ではないのかなぁ?
自分の都合が決定的に悪化する前に、得意の開き直りで、自己正当化を図る論理のすり替えを許していたら、どうなのかと考えるけどね。

思えば、昨年の今頃は、オザワの手下「ナガタが繰り出したニセメール」事件で、メディアは大騒動だった。今年は悪党オザワ流家元の足下に火がつく事情を抱え込んだってわけで、捨て身の突貫攻撃を仕掛けたのだろうが、ここは一番、司直の手に解明を委ねる方が適正だろうと市井の民は考える。
ついでに、マッチ・マツオカも、イブキ・オロチも、同じにしたらどうか。雀荘をオフィスにしていると噂されるQちゃんも、一層のこと、全て一斉バーゲンセールで一掃したらどうかな。
コッテ牛のヒデヤンとアベカワモチのコンビなら、簡単な事だろうが。

オザワ流家元、悪党オザワ・シェンシェー、最後の断末魔かなぁ~~!

引用開始→ 民主・小沢氏、事務所費公表 不動産「権利ない」 (産経WEB)

民主党の小沢一郎代表は20日、自らが代表を務める資金管理団体「陸山会」(東京都港区)の事務所費の詳細を公表した。平成17年の事務所費約4億1500万円のうち約3億7900万円を東京都世田谷区の不動産取得に充てたとしている。小沢氏は記者会見で、事務所費で購入した不動産について「私個人としては何の権利も持っていない」と強調した。小沢氏は自らの公表を足がかりに政府・与党にも公表を迫る考えで、政治資金規正法改正をめぐる議論も加速されそうだ。

公表したのは、陸山会が15~17年、事務所費として支出した総額5億5300万円分の領収書や関係書類。同会は15年に約9900万円、16年に約3800万円、17年に約4億1500万円を事務所費として計上している。

特に高額となっている17年の事務所費については、「深沢事務所・寮・作業場地代」約3億4300万円、「同建築費等」約2600万円など東京都世田谷区の土地・建物購入に総額約3億7900万円を充てたことを明らかにした。また、15年には、「仙台事務所・寮購入関係」約3400万円、「盛岡事務所・寮購入関係」約2800万円が計上されていた。

小沢氏は、小沢氏個人が不動産に対して権利を有しないとする陸山会との確認書を公表。会見で「今後、私が政界を引退したとき、これらの不動産が、もし『陸山会』の資産として残存していた場合は、その資産は後進の人たちのために使う」と述べた。

安倍首相は20日夜、記者団に「閣僚は議員個人として法令にのっとって適切に処理している」とと述べ、現時点では自発的な公表に応じない考えを表明した。政治資金規正法については、民主党がすでに独自の改正案をまとめており、与党内の調整が本格化しそうだ。
(2007/02/20 19:07)
Copyright © 2007 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.  ←引用終わり

引用開始→ 民主の小沢代表、事務所費の内訳を公表  (日経NET)

民主党の小沢一郎代表は20日、国会内で記者会見し、自らの資金管理団体「陸山会」が多額の不動産を取得した問題などを巡り、3年分の事務所費の内訳や関係書類を公表した。小沢氏は「国民の政治不信を払拭(ふっしょく)するため率先して公表する」と語り、安倍晋三首相や閣僚、与党幹部も事務所費の詳細を明らかにするよう求めた。

公表したのは2003―05年の事務所費の内訳。約3億7000万円を計上した東京・深沢の不動産をはじめ、電話使用料や切手購入費などをそれぞれ提示。領収書や不動産の登記簿、権利書などのコピー類を報道各社が閲覧できるようにした。

与党は資金団体の不動産が小沢氏の名義になっていることから「個人資産に転用されるおそれがある」と問題視。小沢氏は20日の記者会見で、資金団体は「権利能力なき社団」として不動産登記が認められていないと主張。全国に12ある不動産のすべてについて、実質的な権利が資金管理団体にあるとする確認書を示した。(22:36)
(C) 2007 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.  ←引用終わり

|

« スカスカ・スガーは言論統制へ突き進む!放送事業を命令統制へ、恐ろしい事だ! | トップページ | 日銀、遂に利上げへ!事業再建中の側には厳しく悔しいねぇ!クッソォ~! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オザワ流家元、オザワの政治資金疑惑は、さらに深まった!司直の手で解明せよ!:

« スカスカ・スガーは言論統制へ突き進む!放送事業を命令統制へ、恐ろしい事だ! | トップページ | 日銀、遂に利上げへ!事業再建中の側には厳しく悔しいねぇ!クッソォ~! »