« ロシアの歴史と世界の歴史に、その名を残すだろう、ボリス・エリツィン! | トップページ | 「所得格差」は「地域(都市)格差」や「産業(労働)格差」の結果です! »

2007/04/26

行政利権を告発する「市民派」候補、トリプルスコアでトップ当選!

統一地方選挙後半戦の戦績について、お問い合わせメールが届きますので、ご報告しておきます。

統一地方選挙後半戦は「1勝0敗」です。居住地以外で議会活動中あるいは、議会を目指す人材がいないというか、知らないといいましょうか、そのような状況なもので、積極的に推す人材を得ていないためです。

このような状況の中で、旧弊な思考による「右」でもなく「左」でもない、徹頭徹尾「(純)市民派(合理的改革志向)」の候補ですが、超少数精鋭を守り抜くことに徹しきりました。

結果は、トップ当選を得ることができました。しかも最下位滑り込み組との票差は、トリプル・スコアの圧勝でした。2位ともほぼ、ダブル・スコアに近いともいえる引き離しを得ることができました。

有名な組織政党は、二党とも、候補者全員を当選させました。

Jcpmark代々木の党は、従来の勢力(選挙前)にプラス1(任期途中に別の選挙へ出たことにより辞任し、今回返り咲き)で完勝でした。全国的には退潮している中で、依然根強い支持勢力を保持しています。何かと「市民派」への接近を試みるようですが、こちらが相手にしないので「手に負えないなぁ」と捉えているようです。

Koumeitoulogo_2驚きは、もう一つの組織力抜群の信濃町の党です。こちらは勢力拡張を目指し、この度の選挙では交代要員の新人2人を加えた候補者を立てました。そして、全員の票割りを機能させて「全員当選」。まさに笑いが止まらない圧勝でした。途中から、その組織力、行動力、加えて熱心さ、ありとあらゆる方法で繰り出す戦術に目を捲く毎日でした。

コンセプトだけの「市民派」などを寄せ付けない圧倒的な組織力を見せつけられました。

Sdplogo_2他には、もう既に終わった三宅坂の店じまい政党も議席を守りました。市議会程度であれば、隣近所、友人知人を掌握すれば、何とかなるのかなぁ~?という印象でした。前半戦レベルや国政レベルでは、口やかましい女傑二枚看板でも、本当に店じまいしていますけどね。

Ldpemblem_6永田町の政権党に、結びつく勢力は、力量を示すことができなかったようですね。とっくの昔に、良好な住環境をウリに権利意識と自律思考の強い市民社会に変質しているにも関わらず、その環境変化を理解できないまま、もう30年前の思考方法や論理で「近場の選挙」に臨んだ人たちは、幸いにして当選できた人もおられるようですが、世代交代を目指し「若い世代へバトンタッチ」を試みたものの、年だけ若くなっても「思考方法や、繰り出す論理が旧弊なまま」では、政治意識の高い市民から相手にもされず、全体としては議席を落としましたね(まぁ、どれもが本籍を語らず、得意の『無所属』ですから、よく分かりませんが)。

全国的に退潮しているのは、納税額も一定程度高額な市民の自律思考が強い都市部で、旧態然とした、いわば「談合型」選挙戦の考えや枠組みから抜けられなければ、政権党は時間をかけて退潮するのでしょうね。

そういや、何を勘違いしたのか、某女傑代議士の鞄持ちだか靴磨きだったか知らないけれど、その女傑の臭いを選挙公報に載せて自慢気だった「若い泡沫」もいたように記憶している。確か200票ほどでしたか?顔は充分に、ホントによく洗ってから出てもらいたいなぁ~!恥ずかしいよね!

Dpjlogomark_8しかし、対抗馬のポッポ党も、30名弱の議会構成にも関わらず、候補者を2人しか出せないなんて、党代表がエッラそうな面構えで、報道陣の前で見得を切ってみても、失礼ながら政党としての形を成していないように思い致しますね。何を考えているのでしょうね。東京都知事選でのドタバタに象徴されるように「政策よりも、政局が大好き」な、八方破れの腕力オヤジ独裁では発展がないよね。人材が枯渇しているわ!

身近な市議会は、「市民派」主体でよいのではないか。イデオロギーや利権の前に、生活者の目線、生活者の皮膚感覚が大切だと思う。その意味で「生活安全と快適利便性のコンセプト」が争点ではないのだろうか。

その意味で、行政の執行組織と従属組織の「利権談合」を監視し告発することで、市政刷新を主張する「唯一無二の『市民派』候補」が圧倒的な票数を得て、トップ当選したことは、これまで腐臭を放ち続けても、腐臭の中に居続けることで、嗅覚が麻痺して平気な「行政利権(話にならない)」を我が物顔にしてきたゴロツキどもへ、鉄槌を下す時が来たと考えている。しかし、鉄槌を見舞われる側は、長崎市長だった伊藤一長(故人)氏へ卑劣にも選挙中に銃撃テロを加え、抹殺したように、何をしでかすか分からないゴロツキどもだから、支援する側として選挙中も緊張したが、議会活動が始まると共に見えない恐怖への闘いを抱えていることを、同時に報告しておきたい。

|

« ロシアの歴史と世界の歴史に、その名を残すだろう、ボリス・エリツィン! | トップページ | 「所得格差」は「地域(都市)格差」や「産業(労働)格差」の結果です! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行政利権を告発する「市民派」候補、トリプルスコアでトップ当選!:

« ロシアの歴史と世界の歴史に、その名を残すだろう、ボリス・エリツィン! | トップページ | 「所得格差」は「地域(都市)格差」や「産業(労働)格差」の結果です! »