« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第121号 | トップページ | 日本製「民間航空機」が、世界の空をリードする日は遠くない! »

2007/07/02

日本の政治はレベルが低い!議論でなく、言いっ放しの言い合いではないか?

社会保険庁の不作為で年金行方不明!住民税は大増税でアップアップ!久間防衛大臣の究極暴言披瀝で、アベカワモチはリングアウトか?

と思うところだが、対する岩手は水沢の百姓オザワは、公開党首討論でもアベカワモチを寄り切れず、切り替えされてオタオタするしかなかった。

何が政権担当能力か?ヘソが茶を沸かすとはこのことだろう!
オザワもイロイロ迫ってみたが、「海部内閣の時の(自民党で)敏腕幹事長はオザワさんでしたね」と切り捨てられてグの音も出ない出せない!これがオザワの力量であり正体だ!
グの音も出せないなら「Good!(グー)」とか何とか、気の利いたことでも言やぁ、面白かろうになぁ~。

まぁ、民主党も菅直人でなくてよかった!尤も、菅直人なら「感情剥き出し、憎しみ剥き出し」で論戦以前に噛み合わなかっただろう。
菅直人の得意技(決まり手)は、「揚げ足取り」しかないのだから哀れなモノだ。

訥弁オザワ対舌足らずアベカワモチの論戦を聞いた人達にお尋ねしたいが、論者二人の語尾はよく聞き取れ理解できたのだろうか。

殆ど聞き取れなかったのではないかと心配している。
とりわけ、アベカワモチの得意技は「言語明瞭語尾不明」の連発だから、「で、どうなの?」ともう一度問い直すことになるが、そのリターンマッチも同じ繰り返しだ。

で、こんなお遊びをしている横では、究極のお化けのQタロォーこと久間爺が、性懲りもなく、またもや一発ブッ放しましたねぇ~。
今度は、「原爆を見舞われたのは仕方がないこと、あれで戦争が終わった」という見事な論理展開で、世間の注目を引き寄せ一身に浴びるところが「技モノ」ですなぁ~。
現職閣僚しかも防衛大臣として自覚がないというか見識を疑われるよね。
非難を浴びると、「(発言を)謝罪し、撤回します」ではねぇ~~?
発言を撤回しようとしても、一度、口を衝いて出た言葉はもう取り消せないのである。
政治家の発言は、信念の言葉である。そのために、世間の顔色を窺い不利になると取り消しますでは許されないことは自明である。こんなこと約束事でしょうが!

政治家の発言は、重いのである。しかも閣僚だろう。初めて閣僚になったわけでもないし。
「ボク、オバQ!」ではないのだ!

コイズミドンイチロォがタケチンヘェクセェゾォーと組んで、散々「悪行を繰り広げたツケ」が、今年廻されてきたわけで、軽量のアベカワモチには大逆風なのだが、それを受けて立とうという側が、岩手の百姓腹黒オザワでは、日本は救われないと嘆く今日この頃だ。

ところで、国会議員の諸先生方、最下欄へ引用紹介しましたが、年俸に見合うお仕事しておられるのでしょうね?何がって、国民の政治不信について解説すると、「国会議員と官僚が手を組みやりたい放題を繰り返していることに対し、極度の不信感を形成している」のが原点なのですよ!

引用開始→ 首相「実績問う」、小沢氏「逆転を」…参院選で党首討論  (讀賣On Line)

党首討論で、民主党の小沢代表の発言に耳を傾ける安倍首相 安倍首相と民主党の小沢代表は1日、都内のホテルで、学者や経済人らでつくる「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)が主催する党首討論に出席した。参院選の位置付けについて、首相は、経済成長や教育再生などの実績を問う考えを強調。小沢氏は参院の与野党逆転を実現し、政権交代可能な2大政党制を定着させたいとの意欲を見せた。

党首討論に併せ、経済同友会などの民間団体は、自民、民主、公明3党の参院選公約などに対する評価を公表した。

 ◆年金

安倍、小沢両氏はこれまで、国会で党首討論を4回実施したが、いずれも45分間だった。今回は2倍の1時間半と長く、突っ込んだやりとりが聞かれた。

首相はまず、年金記録漏れ問題を取り上げた。

「最後の1人にいたるまで年金記録をチェックし、支払いを保証する。問題が起こった責任を明らかにし、けじめを付ける」

首相は時に手を振りながら、熱弁をふるった。

これに対し、小沢氏は、「参院選は『年金信任選挙』だ。政府が信じられない場合は、政権を替える以外にない」と政府の失敗を攻撃した。

 ◆財源

首相も反撃した。民主党は公約で、基礎年金を全額税でまかなうと提案している。2005年の衆院選では、この財源を確保するため、消費税を3%上げると公約したが、小沢氏が代表になって撤回した。首相は「消費税を上げないで出来るわけない」と指摘した。

小沢氏は「補助金を全廃すれば6兆円超の財源を得られる」と説明したが、首相は「いい加減だ。補助金も3分の2は社会保障関係だ。社会保障の補助金もカットするのか」となおも攻め込んだ。

首相は1時間半の討論を原稿なしでこなした。「口べた」と自ら語る小沢氏は、冒頭発言は用意した原稿を慎重に読み上げた。

小沢氏は、「自民党が勝利すると、未来永劫(えいごう)、2大政党制という民主主義が定着しない」と与野党逆転の必要性を繰り返し語った。

これに対し、首相は、「60万人の雇用を創出し、失業率は4%を切った。教育基本法を改正し、防衛庁を省に昇格させた」と、内閣の実績を強調した。

首相は、政権交代をかける選挙ではない参院選でありながら、あえてこう言い切った。

「私と小沢さん、どちらが(首相に)ふさわしいか国民の考えを聞く」
(2007年7月2日0時32分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.    ←引用終わり

引用開始→ 原爆投下「しょうがない」発言、久間防衛相が陳謝  (讀賣On Line)

久間防衛相(衆院長崎2区)は1日昼、長崎県島原市内のホテルで記者会見し、30日の講演で米国の広島、長崎への原子爆弾投下をめぐり「しょうがない」などと発言したことについて、「長崎、広島、全国の国民の皆さんに、大変申し訳なかったという気持ちだ。これから先は一切、そういうこと(発言)はしない」と陳謝した。

これに先立ち、自民党の中川幹事長は1日午前、久間氏に電話し、「長崎に行くなら、発言を陳謝した方がいい」と助言。公明党の太田代表も同日朝、塩崎官房長官に電話で「久間氏はきちっと国民に謝罪するなり、真意を伝えるようにしないとだめだ」と伝えるなど、参院選を前に与党内からも早期の陳謝を求める声が強まっていた。

久間氏は記者会見で、「米国が落とした核爆弾を是認したわけでない。平和と安全の問題では相手の意図を見抜けないと取り返しのつかないことになると言いたかったが、例えとして原爆の話までしなくてもよかった。米国としてそういう(原爆投下の)選択を、戦争を終わらせるためにしたんだなという感じで(しょうがないと)言った。その言葉が非常に誤解を生んでいる。ああいう言葉を使うこと自体がいけなかった」などと述べ、自身の発言が軽率だったことを認めた。

その上で、今後の対応について、「(真意を)説明すればするほど混乱する。言ってしまったことは撤回できない。広島、長崎の原爆は許さないし、核兵器廃絶への基本姿勢は引き続ききちっとする。私の行動を見守ってもらいたい」と述べた。また、「与党にも迷惑をかけている。(参院選を前に)敵から利用されるというのは脇が甘い」と語り、近く与党に真意を説明する考えを示した。

久間氏の謝罪記者会見を受け、中川幹事長は1日午後、宮崎市内で記者団に「国民へのおわびだと受け止める」と述べ、これ以上は問題視しない考えを示した。参院選への影響については「謝罪したのだし、あまり出ないだろう」と語った。
(2007年7月2日0時13分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.    ←引用終わり

引用開始→ 全国で広がる怒り「住民税増税」(日刊ゲンダイ)  @nifty NEWS

分かっちゃいたが、25日に給与明細を見て、サラリーマンは改めてビックリだろう。6月から実施された住民税アップで日本中が怒りに満ちあふれている。

全国の市区町村の納税課は、増税への抗議や説明を求める電話が朝から鳴りっぱなし。窓口は1時間待ちはザラの長蛇の列だ。新潟県五泉市では年金生活者(63)が税務課に押しかけ、「オレに死ねということか」と刃物を振り回す事件を起こした。ここまで行かなくとも、千葉市は6月8日に納税通知書を送付してから25日までに約1万1300件の批判や問い合わせが殺到。金沢市も1758件に達した。また、362万人の市民を抱える横浜市役所は、この1週間で4400件の問い合わせに対応。職員30人がフル回転している。

「税額アップの広報のため、40万通のチラシを作成した。税金のために税金を使うとなるとまたご批判を受けるため、予算を抑えるのに苦慮しました」(横浜市・納税課)

「例年のこの時期と問い合わせ数は同じだが、今年は昨年退職された方から『何でこんなに高い』といった声がありました」(江戸川区・報道係)

住民税は前年の収入に課税されるため、退職者にとって今回の大増税はタマらない。年収1000万円で退職した人(扶養者・妻)なら、無収入でも昨年の倍の年71万円の支払いなのだ。「持ってけ、ドロボー!」の心境である。

国税局の広報担当者は「所得税と合わせれば、税額が昨年と変わりませんよ。税金が高いといった抗議は今のところ来ていません」と答えるが、8年続いた定率減税(所得税20%、住民税15%の控除)が廃止された。税額が変わらないなどとよく言えたものだ。

野党は年金問題と一緒に2大柱にして自民攻撃を展開しているし、この怒りが参院選で爆発します。住民税の税源移譲と定率減税の廃止は小泉前政権が決めたことで、安倍首相は打つ手がないのです」(ジャーナリスト)

参院選投票日の29日は2度目の給料袋をもらった4日後。結果が見モノだ。
[日刊ゲンダイ:2007年07月01日 10時19分]
Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.    ←引用終わり

引用開始→ 国会議員所得2441万円(共同通信)  @nifty NEWS

衆参両院は2日、国会議員が06年に得た所得や資産の報告書を公開した。平均所得は2441万円で前年比9万円増。議員報酬が5万円下がったが、一部議員の不動産売却などが全体を押し上げた。議員報酬以外の所得は減少傾向が続いているようだ。政党別では自民2596万円、国民新2356万円、民主2216万円、社民2201万円、公明2045万円、新党日本1976万円、共産1952万円。
[共同通信社:2007年07月02日 10時35分]
Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.    ←引用終わり

|

« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第121号 | トップページ | 日本製「民間航空機」が、世界の空をリードする日は遠くない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第121号 | トップページ | 日本製「民間航空機」が、世界の空をリードする日は遠くない! »