« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第124号 | トップページ | 社会保険庁は無責任、厚生年金・国民年金会計は底無しの無責任! »

2007/07/23

北朝鮮北部で大量の餓死者が発生しているらしい(国際情報:未確認)

北朝鮮は、人口構成が変わるほどの、膨大な餓死者を出しているらしい!

今年の夏になって以降、北朝鮮の北部辺境地域で大量の餓死者が出ているとの情報が届けられるようになった。漏れ伝わるところでは、今回の食糧危機による餓死者は子供たちが多いらしい。まことに残念ながら、情報提供者を信頼できても、裏付けを得るための「検証と確認をとること」ができない。
北朝鮮は、以前にも、人口構成が大幅に変わるほどの餓死者を出している。しかし、この時も実際の情報を公開することなく、国際社会へ「自然災害による食糧難で、食糧供給がやや困難な情勢にある、国際社会が『わが共和国』と『わが人民』に食糧を提供しようというなら、その申し出を受けてもよい」とか何とか、実に厚顔で高飛車な主張を繰り返し、国際社会の善意を掠め取った前歴がある。(当に厚顔無恥の強盗国家そのものだ)
今回の食糧危機は、どうやら、そのときよりヒドイ状態だと伝えられている。
北朝鮮は、今回の食糧危機とそれによる深刻な餓死者を生じさせている事実については、厳しい報道管制を敷いているようで、伝える側も細心の注意と神経を使って外部(外国機関)へ漏らしたようだ。

金次官は、北京を離れる前に、「既に決着済みで、自らの国が無視し放棄」した「軽水炉原発」を蒸し返し要求するという言動に出てきた。
その際、放った言葉が実にオモシロイ、思わず吹き出し笑ってしまう!
「我々は、『重油』を食べる寄生虫ではない」という噴飯モノの捨てぜりふだ!
そらそうだよ!「テメーらは、まず国内で実際に『人』を喰っている」からなぁ~!
次に国際社会相手に「国際社会の善意という『人』を実際喰っている」から、よく言ったモンだよ、「重油を喰う寄生虫ではない」。そりゃぁそうだろうぉよ!「人」喰ってるモンなぁ~!

これで、またもや振り出しに戻し、一悶着させて、タップリ食糧を掻っ払おってわけだから、付き合わされる側は災難だよ災難!

「食糧危機を克服する手段は、国際社会を脅迫することだ!」と政策決定してんだろうなぁ~!
貧乏人の白昼脅迫居直り強盗ってのが、北朝鮮の本質そのものだぁ!

もう、「全ての国が相手にしない!」っていうのが正しい処方箋だろう!
餓死しようが、溺れ死のうが「知っ~らない!」ってことだなぁ。

それから、日本に対し、聞き捨てならない脅迫の捨てぜりふを吐いたらしい!
「圧力をかけたら、災難がくる、日本は気をつけるべきだ」とのことらしい。
この言葉、そっくりそのまま「お返ししておこう!」。もちろん、「日本」と言う箇所は「薄汚い北朝鮮」と忘れず言い換えてだ!。

日本が見舞われる災難とは何か?北朝鮮は日本へのテロを予告したわけだ!
いよいよ、貧者の兵器「マスタードガス」や「生物化学兵器」を持ち出し「細菌兵器」で日本海から攻め込んでくるつもりか?

テメーらのやってきたこと、やっていることを反省もせずに、よ~く言うよ!

日本は、日本の法律に基づいて、厳粛に法適用をするだけの話だ!これまで、甘やかしてきたわけだから、日本はこの点への反省こそが必要だ!
法の下の平等を追究するのだから、法の適用は平等でなければならない!
北朝鮮は、テメーの国と同じで、相手により法適用を変えよ!と迫っているわけだ。テメーの国もマトモに統治できない輩が、他の国の法的統治に嘴を挟もうというのだから、開いた口が塞がらないというのは、当にこのことを指すのだ。

日本の政府は、統治能力を充分に備えていることを国民に証明しなければならない。
それは、北朝鮮を特別扱いしないことだ。何よりも、北朝鮮関連団体をしっかり規制することだ。その頂点に立つ「朝鮮総連」の業務を正しく掌握することは論理の必然である。
北朝鮮が、「朝鮮総連」は大使館だ寝言の主張をするなら、大使館の看板を掲げなければならない。大使館の看板を掲げるには、日本との間に外交関係が樹立されなければならない。それがなければ大使館だと言い張ったところで寝言の理屈でしかない。

国交樹立をしたいのなら、それなりのテーマで世界に通じる言語と論理で話をせよ。
自らの国が国権の発動として引き起こした数々の国際事件や様々な国に対する主権侵害を正直に認め、心を込めて詫びよ。

そうでなければ、北朝鮮みたいな国は、一日も早くブッ潰れてしまえ!

引用開始→ 「核施設解体なら軽水炉必要」北次官、核兵器申告も明言せず  (産経WEB)

【北京=野口東秀】北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の北朝鮮首席代表、金桂寛外務次官は21日、帰国を前に北京国際空港内で記者団に対し、「核施設を解体するならば、軽水炉の提供が必要だ」と述べた。また、核放棄に向けた「次の段階」における「すべての核計画申告」の中に核兵器が含まれるかどうかについて、「少し考えればわかるだろう。信頼構築が進められながら、考えるべきことだ」と明言を避けた。

北朝鮮が今回、核施設解体の見返りに軽水炉提供要求を公言したのは初めて。2005年9月に採択した6カ国協議の共同声明で軽水炉問題は「適切な時期」に議論するとしており、今後、北朝鮮が軽水炉提供の要求を強めれば協議の進展に影響が出そうだ。

金次官は「われわれが論議しているのは既存の核計画、言い換えれば寧辺核施設を稼働中断し、無能力化し、究極的に解体することであり、そうしようとするなら軽水炉の提供がなければならない」と述べた。そのうえで、「解決の基本は重油ではなく、(敵視)政策転換だ。われわれは重油を食べる寄生虫ではない」と述べ、米国によるテロ支援国家指定解除などを求めた。

一方、金次官は19日の佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長との協議について、日本側が「金融制裁よりもひどい政治的危機、われわれの民族的自主権を侵害する危機をつくり出している」と非難。「さらに一歩踏み出せば、災難が来る」と警告したことを明らかにした。
(2007/07/21 12:48)
Copyright © 2007 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.    ←引用終わり

引用開始→ 北朝鮮が軽水炉要求、今後の最大争点に  (讀賣On Line)
北朝鮮の核実験

【ソウル=平野真一】6か国協議の北朝鮮首席代表、金桂寛(キム・ケグァン)外務次官は21日、寧辺(ヨンビョン)の核施設解体には軽水炉の提供が先決とする考えを明らかにした。

8月中に開かれる作業部会や9月初めの6か国協議本会合では、北朝鮮が取るべき措置と、重油95万トンの追加支援など見返り措置の具体的手順を詰める予定だが、軽水炉提供問題が最大の争点となる可能性が出てきた。

韓国の聯合ニュースによると、18~20日に6か国協議首席代表会合に出席した金次官は21日、帰国前に北京空港で記者団に、「いま我々が論議しているのは、既存の核計画、すなわち寧辺の核施設の稼働を中断、無能力化し、究極的に解体することだ。そうしようとするなら、軽水炉が提供されなければならない」と明言。さらに、「我々がすることは明白だが、もう一方は準備が足りないようだ」と米国などの姿勢を批判した上で、「核兵器(問題)解決の基本は重油でなく、我々は重油を食べる寄生虫ではない。(敵視)政策を変えよということだ」と述べた。

金次官はまた、2月に6か国が合意した「次の段階の措置」の一つである「すべての核計画の申告」に核兵器を含めるかどうかについて、「信頼が構築されるかどうかを見て決める」と語った。韓国首席代表、千英宇(チョンヨンウ)外交通商省朝鮮半島平和外交本部長は「北朝鮮が申告内容に核兵器を含めると確約した」と繰り返し述べていたが、これを否定したものだ。

日米両国代表団によると、金次官は今回の首席代表会合でも軽水炉問題について「複数回」にわたって言及したが、米首席代表のクリストファー・ヒル国務次官補は、北朝鮮側が無能力化の見返りとして軽水炉を要求したわけではないと主張。軽水炉問題については、2005年9月に採択された共同声明の通り、「適当な時期に議論する」としている。北朝鮮が核を放棄しない限り、軽水炉提供などあり得ない、というのが日米の基本的立場だ。だが、金次官の発言は、重油の追加支援だけでは「次の段階」のもう一つの柱である「核施設の無能力化」に応じない考えを明確にしたものだ。

軽水炉問題は、1994年の米朝枠組み合意で核施設を凍結する見返りとして軽水炉供与が決まりながら、2002年秋に北朝鮮の高濃縮ウランによる核開発が発覚し、供与が取りやめになった経緯がある。北朝鮮はこのため、軽水炉提供を米国の「敵視政策」転換の象徴と見なし、要求してきた。北朝鮮軍部が、自らの管轄である核問題に関して譲歩するからには、軽水炉提供が絶対条件との強硬姿勢を取っているとも言われる。

北朝鮮が作業部会や次回6か国協議などで軽水炉提供を強く要求してきた場合、問題がさらに複雑化することは必至だ。
(2007年7月21日22時16分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.    ←引用終わり

引用開始→ 「日本は気をつけるべきだ」総連の債権回収で北外務次官   (讀賣On Line)
北朝鮮の核実験

【北京=末続哲也】北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の北朝鮮首席代表、金桂寛(キム・ケグァン)外務次官は21日、北京空港で記者団に、19日に行われた日朝会談で、日本首席代表の佐々江賢一郎・外務省アジア大洋州局長に対し、「(日本は)金融制裁よりさらに深刻な政治危機を(北朝鮮側に)もたらしている。これ以上進めば災難を招くので、気をつけるべきだ」と警告したことを明らかにした。

整理回収機構の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)に対する債権回収問題を念頭に置いた発言とみられる。
(2007年7月21日18時42分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.    ←引用終わり

引用開始→ 「圧力続ければ災難が来る」 北朝鮮次官が日本に警告  (asahi.com)
2007年07月21日23時08分

6者協議の北朝鮮首席代表の金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官は21日、北朝鮮の核施設を解体するなら軽水炉の提供が必要だと述べた。AP通信が伝えた。また、19日の日朝二国間協議の際、「これ以上圧力を続けるならば、さらなる災難が来るから注意するように」と日本側に警告したことを明らかにした。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の土地・建物をめぐる問題を牽制(けんせい)したとみられる。

金次官が帰国する直前、北京の空港で語った。
WEB朝日新聞社asahi.com    ←引用終わり

その日の喰うモノにも困り果てた、いわば乞食以下(適切性を欠くかも知れないが)の生活能力しかないくせに、一つ何かを行動する上で、必ずゴネて、新たな要求を持ち出し、国際社会へ強請り集る(ゆすり・たかる)、そのための恫喝と捨てゼリフを忘れない。その点では「たいした役者だ」が、国際社会は、クッサイ田舎者の猿芝居を何度も見せられたら、辟易するわ。幼稚な猿回しは、平壌の「腐りきった豚癌野郎」の前だけに止めておいて貰いたい。国際社会という舞台で演じられた日には見てられないわ。もちろん評価などでないよ、出せるわけないだろう。

北朝鮮よ、クッサイ演技は、もうイイカゲンにしろぉ~ぃ!国際社会と人民に詫びよ!

国際社会の寄生虫、ウジ虫、パラサイト国家(みたいな暴力組織)北朝鮮よ!早くブッ潰れてしまえぇ~!

|

« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第124号 | トップページ | 社会保険庁は無責任、厚生年金・国民年金会計は底無しの無責任! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナマのベトナムが分かる、週刊ベトナムニュース第124号 | トップページ | 社会保険庁は無責任、厚生年金・国民年金会計は底無しの無責任! »