« 「赤城の山も今宵かぎりか?」赤城一族周辺は、一斉に前言を翻し非論理的弁明で火に油! | トップページ | 丸善は企業としての体をなしていない!丸善は、無原則、無定見、無責任の典型だ! »

2007/07/11

アベカワモチも仲良し官邸団も、少々、国民をナメて、甘く見ている!

赤城農水兄さんは、仲良しアベカワモチの息の根を止める、ジブントォ内からの刺客かも知れないなぁ~!
アベカワモチと仲良し官邸団、どうする、どうする?

ジブントォの中から刺されたとしか考えられない、このスキャンダル!領収書は出さないんじゃなくって、出せない(なぜなら最初から持ってない!)わけだ。間違ってはいけなぁ~い。
最初からナイのだ!ナイのである!だから出せって迫られても出せないんだよ。
分かってるくせに「無理を言いなさんな!」って当の本人は言いたいのだろう!
「いじめないでよ!」って付け加えるかもしれないなぁ~!愚痴りながら、もう、そろそろ逃げ出したヨーロッパへ到着した頃か?

ミンチトォのポッポ兄さん、静かですねぇ~鳩ガラ面でも、ここでは決めて貰いたいねぇ~!オザワの訥弁ではなくってねぇ~!

ミンチトォなんて、いま、一発攻勢に出なきゃぁ、二度とチャンスはないよぉ!
こんなの千載一遇、絶好のチャンス到来ってとこじゃないのかな?

ミンチトォは「年金政策」出してもねぇ、あんなのじゃぁ、ダメだよ!ダ~メ!松本政調会長シッカリして下さいよぉ~。ホントに分かってるんですかねぇ?あれじゃ支持なんて得られないよ。付け焼き刃でテキトォにまとめたとしか見えないじゃん。情け無いねぇ?!あんなのマニュフェストでもなんでもないですよ。本郷の赤門大学出たんでしょ?シッカリしてよ。

ギョウサントォは、表面上は静かですけど、シッカリやってるみたいだよ。天敵のサヨカトォと徹底的に競い合ってるみたいだねぇ~。一着なんてことは絶対にありえないけど、ひょっとしたらキーポイントを握るダークホースだよ。

サヨカトォは、いつものように「全員当選必勝態勢」らしいけど、愛知と大分では予想外のオオイタらしいよぉ。大分はアベカワモチの仲良しが怨念ビラを撒いてるらしい。それでジブントォの本領発揮ってとこみたいだね。自分さえよければ、自分の怨念さえ晴らすことができりゃぁ、手を握るって決めた相手のことなどどうでもイイってわけだ。ここまでコケにされたら、サヨカトォの本山は、どういう指示出すのだろうか。見物だねぇ。

次に、なんたってダミントォは、ただただ何を言っているのか分からない舌足らずの主張を繰り返し繰り返し、潰れたCDみたいに喚いているだけじゃ相手にされないだろうから、ここは一番、辻元姐さん、出番ですよぉ~~!
大阪なんて、面白いらしいねぇ、前回、辻元姐さんが落選でも獲得した70万票。誰の懐へ入るかで決まっちゃうらしいよぉ。サヨカトォへは行かない!これだけはハッキリしている。ジブントォへも行かないだろう!すると、主張が似かよるギョウサントォかなぁ?それも余りないよねぇ、ヤッパ、本音では敵対してるからねぇ。となるとミンチトォか?それもなぁ~、理解できないな。それなら70万票は消えてしまうのかなぁ~?
辻元姐さん、久しぶりに出番べすなぁ~、越後のオオカミババァも辻立ちして、いかんなく無責任なオオカミぶりを発揮するのだろうぉ。
なら、大阪では、なんったって辻元姐さんが、オオカミババァに負けず劣らず「オオカミが来るって!」無責任に主張しないと、選挙のイメージが描けないよねぇ。

しかし、ホントのダークホースは、ダブル亀ちゃんトコのハクショントォかなぁ?津和野の殿様は主張に筋が通っているわ。砺波の神主サンもね。庄原の亀ちゃんは、泥仕合になっても今度は退かないだろうしねぇ~。意外に頑張るんじゃないかなぁ~。今日は、まだ掲出しても選挙の自由妨害にはならないんだよねぇ。サヨカトォもギョウサントォも筋を通したがるけど、やっぱり政党は政策の筋を通すってことが大切だよ。だから寝言はダメだよ!また、できもしない勢いだけの無責任政策ってのもダメだよ。コイズミドンイチロォとタケチンヘェクセェゾォーのコンビに金貸しミヤウチを加えた悪徳三人にどれだけ無茶苦茶されたか、もうホントに目覚めなきゃぁ殺されちぃまうよぉ~!

まだあったかなぁ?あぁ、そうだよぉ~!わけの分からないヤッシートォってのもあったねぇ?もう、分裂しちゃったらしいねぇ?いよいよヤッシートォじゃねぇか。

どこに一票入れようと自由だから、お好きなようにってことになるんだろぉけどさぁ、29日の夜が見物だよねぇ~?!

「ボッ、ぼくらは、仲良し官邸団、勇気リンリン瑠璃のイロォ~」って、脳天気に唄えるのも指折り数えられんじゃないかぁ~。
マボロシオバサンも加えて沈没かなぁ?短い大臣でしたねぇ。

まぁ、どうせ負けて退陣するのだから、いま、ここで赤城の首を切る必要もないってことかなぁ~。
引導を渡すのは、主権者たる側が29日に示す投票行動だから。
腫れぼったい目蓋に、薄く涙を浮かべながら、相変わらず語尾不明の言葉で「国民の皆様から、判断が示されたことですから・・・・・・・・」って、ようやく言う姿が見えます。

それまでの間は、全国遊説とかなんとかいって、せいぜい空威張りして「ボッ、ぼくらは、仲良し官邸団、勇気リンリン瑠璃のイロォ~」って大声で歌ってください。イイですよ。

引用開始→ 名義使われた叔父激怒、一族内紛勃発…事務所費問題   (夕刊フジ)

事務所費問題で“絶縁宣言”も飛び出した、まり子夫人の実家

赤城徳彦農水相(48)の事務所費問題。茨城県筑西市の実家以外にも自身の政治団体「徳政会」事務所を夫人、まり子さんの実家としていた。「学生時代に見合い結婚した」というまり子夫人は息子たちの教育に熱心な一方、「事務所の名義の問題はまったく知らなかった」(関係者)という。今回の一件で、まり子夫人の親戚(しんせき)にとてつもない内紛が勃発(ぼっぱつ)。「事務所費問題で相当、怒っている」といい、三くだり半が突き付けられなければいいのだが…。

父と夫の“工作”を何も知らなかったまり子夫人(赤城徳彦氏のホームページから)
徳政会は、路面電車の東急世田谷線世田谷駅から徒歩約10分の高級住宅街にあるまり子夫人の実家も「事務所」としていた。まり子夫人の一族は先代からの自営業を営み、現在は遺産相続して500坪の土地を兄弟3人で分割。3人は軒を連ねて住んでいる。

徳政会の代表は夫人の叔父(78)。ただ、関係者は「仕切っていたのは会計責任者を務めるまり子夫人の父。まり子夫人も代表者も利用されただけだ」と怒りをぶちまける。

この関係者によると、婿養子で一族と血のつながりがない、まり子夫人の父(77)と赤城農水相が、勝手に叔父を代表者にまつりあげたのだという。赤城農水相はこの“工作”をまり子夫人にさえナイショにしていた。今回の問題発覚で初めて名義を勝手に使われていることを知った叔父は激怒し、まり子夫人の父に「縁を切る」と突き放したという。

一族から追い出されそうなまり子夫人の父は元外務官僚。オーストラリア大使を務め、95年に退官。現在は外郭団体に天下りしているという。「非常にドライ。外務省を辞め、まり子夫人の母が他界してから、義理の息子(徳彦氏)を大臣にすることに、残りの人生をかけていたのではないか」(親戚筋)。それでも好き勝手に名義を利用するとは、“絶縁宣言”されたのも納得できる。

当のまり子夫人もこうした実態をつゆ知らず、もっぱら子息の進学に情熱を注いでいた。この地域は教育熱が高いが、その中でも“教育ママ”ぶりは近所でも有名だった。長男(16)を地元の名門国立中学から東大進学者数が全国一の開成高校へ進学させ、長女(14)も同じ名門国立中学に通わせている。長男は後を継ぐことを考えているという。

「まり子夫人が早大4年、赤城農水相が農水官僚だったときにお見合いし、学生結婚したんです。まり子夫人は社会人経験がまったくない。夫の政治活動や後援会活動なんてあまり興味がないのでは?」(親戚筋)

まり子夫人は「目鼻がクッキリした派手な印象だが、実際は非常に地味で後援会ウケも良い」(関係者)との評判どおり、問題発覚の翌日には、代表者や後援会幹部に「ごめんなさい。ご迷惑をおかけしています。関係者全員に直接おわびしたいが、現職大臣夫人としてSP(警護官)にガッチリ警護され、自由に身動きがとれません」とキッチリ謝罪をしている。

嫁の一族を泥沼の窮地に追い込んだ赤城農水相。このまま“高飛び”でさらに関係がギクシャクすることは間違いない。
ZAKZAK 2007/07/10   ←引用終わり

引用開始→ 複数人区でも自民苦戦、民主大躍進…参院選激戦区予想  (夕刊フジ)

相次ぐ“不祥事”に顔を曇らせる安倍晋三首相に攻勢をかける野党党首

「天下分け目の戦い」となる07年参院選(29日投開票)が熱気を帯びてきた。年金問題や久間章生前防衛相の原爆「しょうがない」発言のほか、赤城徳彦農水相の事務所経費疑惑まで加わり、安倍内閣の不支持率は6割を超えた。安倍内閣の敵失を受け、民主党が激戦区となる東京選挙区など18複数区でも大躍進する気配が濃厚となったきた。政治評論家の有馬晴海氏と本紙が全複数人区を徹底分析した。

「オール・オア・ナッシング」の1人区に比べ、複数人区は与野党の棲み分けが進んでいるため、通常は安定的な数字になりやすい。だが、今回は、安倍自民党が致命的な墓穴を掘り続けている反動で、小沢民主党が相対的に浮かび上がってきている。

夕刊フジと有馬氏が分析した最新情勢は別表(2面)の通りで、民主党が埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知で2議席獲得する可能性が出ている。

極端なケースは、複数人区の44人(改選の現有議席は自民18人、民主17人、公明5人、共産1人=注・東京と千葉で1議席増、自民議員辞職で1議席欠員)で、「自民17人、民主22人」(本紙)。「自民19人、民主19人」と予測する有馬氏も自民候補へ「〇(優勢)」を付けたのは、わずか10人だけだった。

各選挙区の情勢はどうか。

最大の激戦区は、5議席に18人が出馬表明した東京。自民・保坂氏と民主・鈴木氏、公明・山口氏が一歩リードしており、残り2議席の争いとなっている。「川田氏は演説が絶品。知名度も生かして健闘している」(有馬氏)が、安倍首相に口説かれた元アナウンサーの自民・丸川氏は思ったほどの勢いはなく、民主・大河原氏、共産・田村氏らと激しい戦い。

千葉は、元衆院議員の民主・長浜氏がやや抜け出し、残り2議席を自民の石井氏と白須賀氏、民主・加賀谷氏が争う。元県議で基礎体力のある石井氏と、労組連合の支持を受ける加賀谷氏がややリードか。

埼玉について、有馬氏は「自民・古川氏、公明・高野氏で2議席、残りは民主の行田氏」とみる。ただし、4月の県議選で自民が大敗しているほか、公明への不満も高まっており、民主2議席もあり得る情勢だ。

小泉純一郎前首相の地元・神奈川も激しい戦い。自民・小林氏、民主の牧山氏と水戸氏、公明の松氏が競り合う。「民主が2議席を取る可能性もある」(有馬氏)

トヨタ労組を味方につける「民主王国」愛知。有馬氏は「民主が2人を擁立したため、山本氏が苦戦している。自民・鈴木氏が山本氏に票を回すよう動いているが、どうか」と話す。民主の大塚氏と谷岡氏で票の分け合いがうまくいけば、民主2議席もある。

大阪は、自民・谷川氏、民主・梅村氏、公明・白浜氏で順当とみる本紙に対し、有馬氏は「梅村氏、白浜氏は固いが、谷川氏は共産・宮本氏と争う」とみる。元副知事危うしか。

基本的に2人区は、自民と民主で議席を分け合いそうだが、波乱の芽があるのは北海道と新潟。

北海道は05年総選挙の比例代表で40万票以上を獲得した新党大地が台風の目となっている。鈴木宗男代表の薫陶を受けたアイヌ出身の「女ムネオ」こと多原氏の健闘次第では、自民か民主のどちらかが議席を落としかねない。

田中真紀子氏の地元・新潟も警戒が必要だ。順当なら、自民・塚田氏と民主・黒岩氏だが、民主・森氏には真紀子氏が力を入れており、「民主が2議席の独占もあり得る」と有馬氏。

先に掲載した29の1人区予想は、自民が最悪の場合、「7勝22敗」(夕刊フジ)、「10勝19敗」(政治評論家の小林吉弥氏)となっている。

赤城問題も加わり、安倍退陣がいよいよ現実味を帯びてきた。
ZAKZAK 2007/07/10   ←引用終わり

引用開始→ 赤城かばってドツボ、不支持率が初の6割超…安倍焦り(夕刊フジ)

12日の参院選公示を目前に控え、衝撃的なデータがまたひとつ明らかになった。TBSをキー局とするJNNの世論調査によると、安倍晋三内閣の不支持率がついに6割を超えたのだ。調査は、赤城徳彦農林水産相の事務所費問題発覚後の7、8日両日に実施。各種世論調査で不支持率が6割を超えたことはこれまでになく、赤城問題が重くのしかかった格好となった。

「赤城氏の問題は多くの人が知っていた。だから、これまで“身体検査”で大臣候補に挙がらなかった。赤城問題で世論調査は一段と悪化するだろう」。自民党ベテラン議員がこう漏らした矢先の9日、JNNが報じた世論調査結果は、永田町を震撼(しんかん)させた。支持率こそ前回比2.1ポイント減の37.5%だったが、不支持率はなんと2.1ポイント増の61.5%に上ったのだ。赤城問題が発覚したのが7日。その直前には久間章生前防衛相の辞任もあり、数字は動いた。

久間氏の原爆投下「しょうがない」発言をめぐる首相の対応についても、「評価する」が27%だったのに対し、「評価しない」が64%。

自民党内には「年金記録問題に対する国民の怒りは参院選までもたないだろう」(関係者)となめた声もあったが、さにあらず。年金問題をめぐる政府・与党の対応についても、「不安は解消されていくと思う」と回答したのはわずか14%で、「思わない」は83%にも上ったのだ。

一方、東京新聞は10日、参院選での投票行動に関する世論調査を報じたが、これまた自民党にとってショッキングな結果だった。

不祥事が起きた場合、主に比例代表での投票行動に影響が出るとされるが、調査では比例、選挙区ともに民主党優位という結果が出たのだ。調査は6日から8日にかけて実施。「どの政党、候補者に投票するか」との質問に対し、比例代表では民主党32.4%で自民党26.8%、選挙区でも民主党31.4%で自民党27.3%だった。

現状では安倍自民に局面を打開する妙案はなく、首相は日に日に焦りの度合いを強めているようだ。
[産経新聞社:2007年07月10日 17時25分]
Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.    ←引用終わり

|

« 「赤城の山も今宵かぎりか?」赤城一族周辺は、一斉に前言を翻し非論理的弁明で火に油! | トップページ | 丸善は企業としての体をなしていない!丸善は、無原則、無定見、無責任の典型だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「赤城の山も今宵かぎりか?」赤城一族周辺は、一斉に前言を翻し非論理的弁明で火に油! | トップページ | 丸善は企業としての体をなしていない!丸善は、無原則、無定見、無責任の典型だ! »