« 原爆症認定「見直し表明」ではダメです!「見直しを指示」しなければダメです! | トップページ | ジブントォの時代錯誤者に告ぐ「下手な考え、休むに似たり」、中身を揶揄した見事な明言! »

2007/08/07

北朝鮮、相も変わらず、幼稚な論理で「要求嵩上げ」へ!

六ヵ国協議に付随する、実務作業部会が板門店で始まったらしい。
確かに、予定どおり始まった、北朝鮮は、いきなり居直り強盗の開き直りの非論理展開を!

よくもまあ、飽きもせず、次から次へ、小理屈、屁理屈、ダダをこねるモノだねぇ~!
お見事というか、哀れというか、バカバカしいというか、こんな野郎どもに付き合わされる側は堪ったモノじゃないわなぁ~!
北朝鮮は、高貴な乞食である。自らが乞食になっていても、その事実を認めない!
ご立派です、実にご立派です!お見事です!

今度は、油(消費)だけでは気に入らない、設備(投資)を寄越せ、メンテナンス(設備)を提供しろ!と言い出したわけだ。

国際社会は、いつまでも「甘やかせないよ、遊んでやらないよ」って言っちゃえばよいのにねぇ~。放っとけばいいのに、なんてお人好しなのか、乞食が乞食と認識しても、それを否定するために猿芝居というか悪足掻きを繰り広げるわけだが、それに付き合いよろしく、お手々繋いでじゃぁねぇ~。

この他に、(実務の)作業部会は5本もあるそうな!
だから、何を言い出すか分からない。国際社会が100約束して90ほど実行したら、北朝鮮は1くらい約束を守るかなぁ~?ってところだろうよ!

正直「やってられない、見てられない」。もう、ホントに猿芝居の六ヵ国協議なんて止めた方がよい。

暑い夏に、むさ苦しい、居直り強盗の論理で世界を強請るのヤメなよねぇ~!

引用開始→ 北朝鮮が「投資型支援」要求…エネルギー協力・作業部会で(読売新聞)  [@nifty NEWS]

【ソウル=平野真一】北朝鮮核問題をめぐる6か国協議の作業部会のうち、7日に板門店で始まったエネルギー・経済協力に関する作業部会は同日夕、初日の会合を終えた。

議長国・韓国の林聖男(イム・ソンナム)次席代表によると、午前中の全体会合で北朝鮮は、重油など電力生産に使えばなくなる「消費型支援」のほかに、エネルギーを持続的に生産するための設備提供や発電所改修などの「投資型支援」を求めた。

最終日の8日もこの問題を中心に協議が続く見込みという。

日本政府筋によれば、重油については、中国が時期は明示しなかったものの、支援の準備を表明するなど、複数の参加国が提案を行った。米国は重油以外の支援を検討していることを明らかにしたという。
[読売新聞社:2007年08月07日 21時26分]
Copyright(c) NIFTY 2007 All Rights Reserved.    ←引用終わり

|

« 原爆症認定「見直し表明」ではダメです!「見直しを指示」しなければダメです! | トップページ | ジブントォの時代錯誤者に告ぐ「下手な考え、休むに似たり」、中身を揶揄した見事な明言! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原爆症認定「見直し表明」ではダメです!「見直しを指示」しなければダメです! | トップページ | ジブントォの時代錯誤者に告ぐ「下手な考え、休むに似たり」、中身を揶揄した見事な明言! »