« 阪神電車「なんば線」の新開発1000系車両! | トップページ | 「灘のけんか祭り」姫路(白浜町)松原八幡宮・秋季例大祭(平成19年)のご案内! »

2007/09/14

次期首相は、国際社会での信頼回復が先決!

政治家に人格高潔などという言葉を求める事は何ら意味をなさない。
それは、「八百屋の店先で、大工道具を売れと求める」ようなものだ。
しかし、「日本」という国と、「日本」が位置する国際社会に対し、「絶対の責任」を持て!

突然政権を投げ出すとは、国内はもとより、国際社会も、その幼稚な行為に呆れかえっている!
次期首相は、国内に山積する政治課題に対応する必要があることは言を待たない。

一方で、国際社会へ与えた「政治的無能、政治的無責任」への衝撃は、驚きを持たれているわけで、日本の信頼は地に落ちたと考えなければならない。

今更、言ってみても始まらないが、何よりも、参議院議員選挙が終了した後、インドネシア、インド、マレイシアを訪問し、首脳会談を行い様々な約束事を交わした事である。
インドネシアとは、経済連携協定(EPA)の締結署名をしている。
インドでは、長期的な(経済)交流に向けた様々な取り組みを確認し約束した事である。
日本にとりASEANの友好国マレイシアでも、長期的な(経済)関係について、双方が更に踏み込んだ関係を多様な方法で構築すると合意した事がある。

その後、内閣を改造し、第二次内閣を組閣した。

その上で、シドニーへ赴き、APEC首脳会議へ出席。
そこで各国首脳との会談をセットし、とりわけ、オーストラリア、米国との三国会談を行った上で、例の「インド洋における給油は『対外公約』と言い切った」わけである。
そして、追い打ちをかけるように「職を賭する」と断言した。

シドニーでの、この一連の発言に対し「コラコラコラム」は懸念を示し批判した。

帰国後、準備された原稿に基づき「所信表明演説」を行い、さぁ、各党からの「代表質問」を受けて立とうという前に、内閣を放り出したわけだから、それまで、お付き合いしてきた国際社会は呆気にとられている。

辞任理由も、釈然としない。

「党首会談を断られた」点を12日の辞任会見では大きな理由に挙げているが、麻生自民党幹事長の言では、10日の衆参本会議での「所信表明演説」終了後に、「辞任」したい旨を、そっと聞いたが聞き流したと、発言しているから、小澤民主党との党首会談については、正式な話ではなく憶測に尾ひれがついた程度の事だろう。テレビを軸にしたマスコミ報道により出た、廊下鳶の話に過ぎないわけで、この程度の話を理由に挙げるのは見識を疑うしもってのほかと言うよりない。
また、今月24日に予定された国連総会への出席も事前にキャンセルしていたわけ(国会も多忙だろうから理解はできる)だから、何をか況やということになる。

事実が、透けてくれば、いよいよ国際社会で嘲笑されることだろう。
日本は、国際社会との貿易により国を存立させていることを、全ての人が何よりも理解しておかなければならない点である。
国際社会から見放され、市場を失うと、日本は立ちゆかない、厳然たる事実をよく弁えなければならない。

次期首相は、自民党だとか、民主党だとか、下らない事を言い合っているわけにはいかない。国際社会で地に落ちた「日本」の信用と名誉を回復願いたい。
但し、国の財政は「打ちでの小槌」ではないので、国際社会への無原則なバラマキも止めて貰いたい。
何よりも、国内に山積する「悪党官僚による政治のねじ曲げ」を糺して貰いたい。

その上で、「日本」に住む多くの人が、近い将来「幸福」を実感できるよう、希望を持てる政治を進めて貰いたい。それが、次期首相への何よりの希望である。

|

« 阪神電車「なんば線」の新開発1000系車両! | トップページ | 「灘のけんか祭り」姫路(白浜町)松原八幡宮・秋季例大祭(平成19年)のご案内! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阪神電車「なんば線」の新開発1000系車両! | トップページ | 「灘のけんか祭り」姫路(白浜町)松原八幡宮・秋季例大祭(平成19年)のご案内! »