« 韓国は、「中華饅頭」真っ赤なアホ~にナメられている! | トップページ | ロー・コスト・キャリア(LCC/格安航空会社)が日本進出を画策中との・・・・・ »

2008/05/01

「ベトナム南部解放戦争」終結、「サイゴン」解放から33年!

4月30日は、長い歴史の一コマだろうけれど、1975年の「サイゴン」解放から、一世紀の三分の一が過ぎたワケである。

ベトナムは、南部の商都ホーチミン市はもとより北部の首都ハノイでも、経済発展の熱気に包まれ投資熱に浮かれ踊っている。
ほぼ半分の15年前に比べると、いまベトナム人の多くが自信に満ち溢れている。
「豊になった」と多くの人が考えている。

ベトナムの経済発展を支えているのは「外国からの投資」である。
「外国からの投資」により「工業が興こり」、「幼稚産業」が経済の主流であった事に対し、「輸入代替産業」が力を持ち始め、経済活動の主流はやがて「輸出指向産業」へ転換するという教科書どおりの流れでここまで到達したワケだ。

この間に、証券市場が整備され、ベトナム国内に余り始めた「資金」と外国からの投資で一時的に余剰になった「資金」の一部が「ベトナムの証券市場」へ流入し、「ベトナムの証券市場」を確立する過程で一定の役割を果たした。
やがて、流通する「少数の株式」に対し過大な期待と過大な評価を見せた「外国からの投機資金」が一攫千金を狙い、様々な方法でベトナムの証券市場へ流入し始め、一気に「高値展開」を見せる状況となった。
そうなると「熱に浮かれた資金」が更に「ベトナムの証券市場」を目指し集結するようになった。その頂点が昨年の今頃だったろうか?
誰もが、「濡れ手で粟」の幸福を得られると「妄想」し「熱病」にでも浮かされたように「投機資金」が蝟集していた。
いよいよ、昨秋に向け「投機資金が集結」し、その後、敢えなく「泡は泡に過ぎない事を示しハジケてしまった」。いまは一時の半分程度か?

ベトナムの側で損をした人も数多い事だろう。
外国からの一攫千金組も多数が痛い目に遭った事だろう。
しかし、外国からの一攫千金組はどれだけ損をしても懲りないのだから放っておけばよい。問題は、ベトナムの側である。
「社会主義市場経済」であろうと「自由経済」であろうと、建前なんぞどうでもよい。
要は、「発展途上国」のベトナムが、適正な資本市場を形成しようと藻掻いている時に、証券市場が博打場になってしまったら、健全な「資本市場」は育たないという事実だ。

どれだけ綺麗事を並べてみても「株屋」は所詮「株屋」に過ぎず、早い話が「証券利用の博徒」である。
己が「一儲け」できればそれでよいのであって、「損」をすれば騒ぎ立てるのである。
テメーの手張りが「損を出し、一儲け」を産むにも関わらず、「一儲け」には口を閉ざし、「損」には政策批判を繰り出すのである。
「どの口が言うのか」って問い返してやりたいねぇ~。

まぁ、そんなこんなの秋が過ぎ、冬も過ぎ、新年を迎え、何事もなかったかのように33年目の「南部解放記念日」を迎えたワケだ。
今日は、メーデーで、ベトナムは連休だ。26日の土曜日から連続5休日にしている人もいる。近年はこの手も使えるようになった。
確かに、経済発展したのだ。

いま、ホーチミンもハノイも建設ラッシュだ。
都心はもとより郊外も建設の槌音が高くコダマしている。

何よりも驚く事は、
「ベトナム南部解放戦争」の過程で「村ごと集団虐殺」というショッキングな無差別攻撃に襲われた中部の「ソンミ村」にも、経済開発の波が押し寄せ「投資された資金」で工業開発が進められている。
なるほど、それは起こりうる話だなぁ~!

以下で、ベトナム・ニュース・エージェンシーから、そのまま引用紹介しておこう!

Quotation Bigininng→ Son My marks war-end with great growth  (VNA)
30/04/2008 -- 7:59 PM

Hanoi (VNA)- Historic Son My, often recognised as the site of a war-driven massacre that has caused posttraumatic stress among returned soldiers and Vietnamese alike, is marking the 33 rd anniversary of the end of the war with an economic boom.

Modern life in the prosperous and peaceful Tinh Khe village in central Quang Ngai province has gradually eased citizens’ grief over the loss of loved ones in a massacre where US soldiers slaughtered 504 locals 40 years ago.

Tinh Khe Village People’s Committee Deputy Chairman Lu Trung Tin says the village is now combining handicrafts trade and services with agricultural diversification to record an economic growth rate of over 13 percent annually.

Locals are now enjoying a stable, average income of 8 million VND per capita per year and the village’s poverty rate has dropped to 13 percent.

Across Tu Cung and Co Luy communes, aquaculture is spreading to replace a rice farming monopoly. As a result, a number of industrial fish and animal farms have earned between 30 and 50 million VND annually each.

The My Khe coast, glittering with sunshine and lined with forests of coconut trees, has been transformed from a revolutionary base to a popular tourist area attracting hundreds of billions of VND in infrastructure development.

Son My itself has also become a tourist site, welcoming tens of thousands of tourists, including veterans who fought in the war in Vietnam and US soldiers who were involved in the Son My massacre.

War veteran Robert Kirkland confided in the site’s guestbook he had returned to Son My six times and could not say in words the feelings that touched his heart with every visit. He said he felt compelled to ask the locals for forgiveness for the crimes and said that peace and freedom are the most important in life.

The music of the violin played by US war veteran Mike Boehm, who has frequented Son My for the past 14 years, touched the hearts of all the participants at a March 16 ceremony to remember victims of the Son My massacre.

For many years Boehm has worked for Quaker Mandison to raise funds in the US and Western European countries to support projects such as the construction of Peace for My Lai park and the Son My primary school.

While the horror of war and Son My lest be forgotten, for it stands as a reminder of what should never be repeated again, it is clear the village is moving from the past into the future and the locals are embracing new opportunities and prosperity with open arms.-Enditem

Copyright, Vietnam News Agency (VNA) ←Quotation End

「コラコラコラム」は、ベトナムの発展を願っている!

|

« 韓国は、「中華饅頭」真っ赤なアホ~にナメられている! | トップページ | ロー・コスト・キャリア(LCC/格安航空会社)が日本進出を画策中との・・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国は、「中華饅頭」真っ赤なアホ~にナメられている! | トップページ | ロー・コスト・キャリア(LCC/格安航空会社)が日本進出を画策中との・・・・・ »