« 金正日のノドンで「脳毒」された加藤紘一!北朝鮮へ移住したらどうか!? | トップページ | 松下電器(Panasonic)姫路液晶工場の起工式 »

2008/07/13

「穴熊囲い」へ逃げ込む北朝鮮を、まとめて「こき下ろし!」

巧妙な「米国」の悪巧みに乗せられ、「日本」が「中国」へ売り飛ばされた事は、6月29日のブログ(←クリック下さい)へ上げた。犯人達の一端については12日のブログでも少し触れた!
そして、米国が勝手に大騒ぎした「悪の枢軸(理論)」による「北朝鮮」と「イラン」は、いよいよドデカイ態度で、世界の平和を揺るがす方向へ挑戦する姿勢を明確にした。
これが、ここ3ヶ月ほどの間に急展開した出来事である。

極東の島国で、安穏(アンノン)と暮らすオバカサン日本人には見えないのだろうが、世界はワルダクミが満ち溢れている。空気もパンパンに膨らんでいる。

北朝鮮の腐りきった豚癌野郎は、サル・ブッシュとメンドリ挫ライス(鶏挫丼)の引退日を指折り数えて待っている。「あと、幾つ寝ると・・・・・」てなもんだ!
従ってナメ切っている。カシコのヨルモ・ヒルズが疲れ切った顔をし始めてから既に1年以上の日時が経過した。昨年の春頃からサルとメンドリは逃げ方についての研究を始めた。
ウスノロヤロウのサルブッシュと狡猾目つきのメンドリが散々、勝手放題、好き放題に世界に危機をバラ撒いての挙げ句だ。
その一つが、何たって「北朝鮮」と「イラン」だよ!
誰が見たって、この二つは連んでいるワケだから、この指摘と弾劾姿勢は「オォ、ヤルねぇ!」と、例えサルとメンドリの主張でも最初は一定の共感を呼んだ。

そこで期待を受けて登場したのがカシコヅラのヨルモ・ヒルズである。精力的な男だった。いつ家へ帰っているのだろうと思わず心配してしまうほど、ワシントン、北京、東京、ソウル、ジュネーブと移動を繰り広げた。国際線のパイロット並みの移動距離だったのではないかねぇ!?

しかし、相手は腐りきった豚癌野郎だ、「穴熊囲い」を決め込み出てこないのである。
将棋を知る人なら、敵が「穴熊囲い」へ逃げ込んだなら突破する手立てがない事くらいすぐ分かる。
しかしヨルモ・ヒルズは悲しいかなヤンキー兄ちゃんである。
東洋の文化に培われた奥深い「将棋」の知識は持ち合わせていない。
文化に培われた深い知識を甘く見たのである。それ以来、夜も昼も関係なく北朝鮮へ迫るが「穴熊囲い」を突破できないまま8年が経過した。そして「幕」である。

この間、「北朝鮮」は巧妙に「イラン」へミサイル技術を輸出した。
そのミサイル「ノドン(労働)」を改良したミサイルを、「イラン」が狂気の集団革命防衛隊が発射し、ホルムズ海峡へ着弾させ世界を恐怖に陥れた。
貧乏な「北朝鮮」とは違い「イラン」にはカネが余っている!
最終の敵「イスラエル」を抹殺するまで戦う事を表明した。

メンドリ挫ライス(鶏挫丼)は慌てふためき、中東を狼狽えながら彷徨うが、イスラエル打倒を誓う「ヒズボラ」「ハマス」「シリア」「イラン」は完全に無視する姿勢を採っている。
レバノンはもはや無法地帯になろうとしている。

米国は、一方でヨルモ・ヒルズで「北朝鮮」へ当たらせ、メンドリ挫ライス(鶏挫丼)がイスラエル防衛に当たるという構図で8年を暮らしたが、結果は何も残せなかった!

イヤイヤ残せたモノは、「中国」の肥大化である。
「米国」の財政赤字を支えるのは「中国」の貿易黒字であり「日本」の貿易黒字である。
とりわけ日本の外貨準備高の倍以上の外貨保有を誇る「中国」のカネが「米国」を支えているのである。
この程度の国が、11月の大統領選挙で、バラマキだのヒラヒラ・ヒラリンだ、マッケラレインだとか、何を騒いでいるのかと、北京から一喝されたらお終いである。

金融資本主義低国である「米国」は、米国大陸ではもう掠め取れる対象が「サブプライムローン」の借り手に代表されるように、稼げる相手も場所も無くしちゃったので、稼げそうな国へファンドを組織して大挙して出かける策に出た。
お人好しの「日本」は簡単に組み敷かれてしまったのがこの15年だ。とりわけ後半の半分はドンイチロォとタケチン・ヘェクセェゾォのコンビがやりたい放題で、ジューシー・ミヤウチのために汗をかいた。

「日本」は、一生懸命「サラ金」に稼がせ、ハゲタカには「銀行」やら「都心の土地」やらを巻き上げられ、かっ掠われ続けてきた。
それでも、「日本」は、いざというときには「米国」が防衛してくれると信じ、悪徳代官の「在日米軍」へせっせと「思い遣り予算」だとか意味のないカネを貢いでいる。

「日米一体」の幻想を演出するために創り出されたのが「北朝鮮危機」であり、そのソフトな象徴的事象として強調されたのが「拉致家族」への強い連帯表明だった。

「北朝鮮危機」は別にサルブッシュが米国大統領になる前から進行していたし、何よりも「拉致被害者」は別にサルブッシュが登場しようとしまいと「日本」が、自らの国家主権と意志で「北朝鮮」と対峙し解決しなければならない最重要テーマである。
こんな事は、「米国」の意志やら何やらに関わる事ではないのだ!
これまで「北朝鮮」の経済を闇で支えたのは、何を隠そう在日のパチンコ屋を始めとする勢力である「挑戦葬聯」に組織された街のヤカラドモが責任の一端を担ってきたのである。
日本の国家権力がヤル気さえ持てば、いつでも国内で戦えぶっ潰せるのである。「米国」も「在日米軍」も直接的には関係ないのである。
それをリンクさせられ幻想を見せられ続けたのが、サル・ブッシュを操ったメンドリ挫ライス(鶏挫丼)の幼稚な発想と思考である。

サル・ブッシュの低い知能指数に乗せられ、幻想を見せられた挙げ句、サルとメンドリの逃げ道に「日本」は「中国」へ売り飛ばされてしまったのである。

そして「中国」は、いま「日本」を「北朝鮮」へ売り飛ばそうとしているのである。
それが北京で開催の「六ヵ国協議」の真実だ!

さて、金融資本主義低国「米国」は、一方において偉大な農業国家である。
中途半端な工業製品は、安物を「中国」に、中級品を「日本とドイツ」に、高度な技術を要するモノは「日本とドイツの一部」へ任せ、最先端の開発だけを行うのである。
ついでに寝ていてもカネが入る仕組みの「金融工学」などには力を注ぎ「金融資本主義低国」を構築したのである。
しかし、金融に関わる分野は少数でよいから、何たって「農業」である。その一つが、「コメ」であり「トウモロコシ」であり「大豆」であり「牛肉」である。

そして、この「牛肉」で友邦と考えなければならない「日本」や「韓国」を攻めるのである。そして「嘘偽り」で事故を起こし非難され断罪されるが、そこはサルやメンドリの類だから、軍事力をちらつかせて被害を受けた相手へ譲歩を迫るのである。
もう無茶苦茶である。
「日本」の政界では、言わずと知れたブタリオン・タケベが世論の袋叩きにあった。

さて、「韓国」である。
李明博氏が大統領選挙で勝利を収めた事が「北朝鮮」には気に入らない。
とりわけ「腐りきった豚癌野郎」には、自らを真っ向批判する相手が現れた事は実に手痛い話だ。
それでは、何か工作隊に指示して、ひっくり返してやろうと企むのは世の常である。
まずは「北京」を始め「中国」各地へ散らばった「北朝鮮」の工作隊に指示し「インターネット」で「李明博」政権を揺るがす工作に出る。
その意を受けた、韓国内の親北朝鮮勢力(例えば:前大統領の田舎者ノ・ム・ヒョンやら元大統領の田舎者キム・デ・ジュンに心酔する一派)へ働きかけさせるのである。
いまは便利なインターネットが効果を発揮するから以前と比べると工作は簡単だ。
そして、愛国的教育関係者、反政府教育関係者のいずれもから唆された学生(中学生・高校生・大学生)が、全国から動員され大統領府の青瓦台やらソウル市内の主要拠点を連日取りまく大デモンストレーションを展開させたのである。
絶大な人気を誇った「李明博」の支持率は急落し、国際社会からクエッションマークを付けられてしまう。つまり「韓国大統領としての面子」を悉く潰す事に成功したのである。

この結果、「李明博」は「大韓民国大統領」として様々な政策変更やそれに伴う施策を自らの意に沿わないにも拘わらず遂行させられる羽目に陥った。
従って、「李明博」大統領も腑が煮えくりかえっている事だろう。しかし、「北朝鮮」を握る腐りきった豚癌野郎は、最終的(極めて近い時期)に「李明博」政権を打倒する事を企んでいるのだ。既に、ソウルは北朝鮮から様々な形で送り込まれた工作員の手で「火の海手前」まで追い込まれようとしている。「日本」は笑っていられるか?「李明博」政権が吹き飛ばされると、いま描いている「対北朝鮮」戦略なんぞ、一気に瓦解してしまうではないか。

「北朝鮮」は、いま、これまでの「六カ国協議」という名の集団交際から、念願だった「米国」との直接援助交際を手に入れた。サル・ブッシュは根負けしブタのプロポーズを受け入れてしまったのだ。腐りきった豚癌野郎は、「米国」と国交回復さえすれば「日本」などチョろいモンだとナメてかかっている。それ以上に、「韓国政府」など一捻りで潰せると考え行動を起こすチャンスを狙っているのである。

最初は、「米国産牛肉」で「李明博」政権を揺さぶり、次に打ち出したのが、下記へ掲出する何とも不可解な「金剛山」での観光客銃撃事件である。これは、北朝鮮の韓国政権への揺さぶりだろう。

チャンス到来とばかりに、「北朝鮮」は横柄にも、事件を引き起こすのである。
中身は「金剛山」観光ツアーの観光客を射殺するという挙にでるワケだ。
いよいよ無法者の乱暴狼藉が始まった。
「韓国」に対し「李明博」が大統領でいる限り、いつでも争乱を引き起こせるゾ!と警告したのである。
まもなく、「米国」からの制裁が解除されると、イランへ送り出した技術は、様々な方法で還流させる事ができる。
「核」は開発し尽くした。
「ミサイル」技術は「イラン」で改良できた。
いつでも「軍事行動」するぞ!とゴネ始めたワケである。

従って、いつもの集団ヒスが始まった。「悪いのは、すべて『韓国』である。事件の全責任は『韓国』にある。『韓国』は謝罪せよ!」である。お得意の集団ヒスを選択するというポーズに出たのである。国際社会を恫喝し、まだ何かをせしめようと悪辣な意図の実現を目論んでいるのである。攻撃されたら「穴熊囲い」へ逃げ込むだけである。だから安心して相手を徹底的に挑発し、謎の事件を引き起こすのである。そして国際社会へ恫喝を加えるのである。

暴発的な何事からか、熱い戦いが始まる予兆にも見えてくる。

その時「中国」はどう出るだろうか?
「日本」はいつまでも「太平」を貪る事ができるだろうか?
「米国」が本当の意味で友人かどうか、この点は間もなく明らかになる事だろう!

「北朝鮮」を取りまく情勢だけを見ず「イラン」の暴発とリンクさせて見る必要がある。
もはや、米国大統領に、バラマキが就こうとマッケラレインが就こうと、「米国」には二正面作戦を戦える余裕はないのである。
この点で「北朝鮮」の圧勝となったのが、北京での「六ヵ国協議」である。

クック汚い「北朝鮮」の「穴熊囲い」をどう破るかが、東アジアを巡るこれからの焦点だ!関係のニュースで手当てできるクリッピングを一挙引用紹介しておきます。

引用開始→ 北朝鮮、10月末までに核施設の無力化完了で合意=6カ国協議
2008年7月13日(日)11時27分配信 ロイター

7月12日、北朝鮮は6カ国協議で10月末までに核施設の無力化を完了することを約束。

[北京 12日 ロイター] 北朝鮮は12日まで行われた同国の核問題をめぐる6カ国協議で、10月末までに核施設の無力化を完了することを約束した。各国代表は北朝鮮が先月提出した核計画申告書の検証方法について詳細での最終合意には至らなかったが、作業部会で具体的に調整することとした。

米国首席代表のヒル国務次官補は、記者団に「プロトコルは非常に複雑になる。核施設への立ち入りを含め、検証者側が行う権利を有することを述べるだけでなく、立ち入りの際に何ができるかも明示しなければならない」とコメント。ただ、合意には大きな問題はないとの見解を示した。

一方、韓国首席代表の金塾(キムスク)外交通商省朝鮮半島平和交渉本部長は、今回の協議では問題解決の簡単な部分を扱っただけとし「今後については全く楽観していない。特に検証の枠組みの履行においては6カ国のそれぞれ異なる立場や利害を調整する必要があり、非常に困難になる」と語った。

韓国の当局者によると、協議では最終的な核計画放棄に向けた措置に応じた見返りとしてのエネルギー支援に関しては進展があったものの、核計画申告書の検証方法については依然、北朝鮮と他参加国との間で隔たりがある。

協議終了後に発表された共同声明によると、6カ国は、検証の際に必要に応じ国際原子力機関(IAEA)の協力を求めることで合意。ヒル次官補は、今月シンガポールで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)の際に、6カ国代表による非公式会合を行いたい意向を示した。

北朝鮮は現在、当初2007年末が期限となっていた核計画申告書を先月提出したことで、エネルギー支援を受けている。
Copyright (C) 2008 ロイターズ・リミテッド 写真の無断転用を禁じます
Copyright(c) NIFTY 2008 All Rights Reserved.  ←引用終わり

引用開始→ 「韓国に責任」と謝罪要求
2008年7月12日(土)18時52分配信 共同通信

【北京12日共同】北朝鮮の金剛山地域で韓国人女性観光客が北朝鮮兵の銃撃を受け死亡した事件で、北朝鮮の「名勝地総合開発指導局」は12日、事件を「遺憾に思う」とした上で、「責任はすべて南側(韓国)にある」と韓国を非難、「われわれに明白に謝罪し、再発防止対策を講じるべきだ」とする談話を出した。北朝鮮の謝罪要求で、韓国側の反発が高まることが予想され、南北関係はさらに冷え込みそうだ。
Copyright (C) 2008 共同通信社 記事の無断転用を禁じます
Copyright(c) NIFTY 2008 All Rights Reserved.   ←引用終わり

引用開始→ 北朝鮮「全責任は韓国に」、謝罪も要求…観光客射殺事件
2008年7月12日(土)21時28分配信 読売新聞

【ソウル=前田泰広】北朝鮮の金剛山で韓国人観光客が射殺された事件で、朝鮮中央通信は12日、「責任は全面的に韓国側にある。明白に謝るべきだ」とする北朝鮮「名勝地総合開発指導局」報道官の談話を発表した。

事件後、北朝鮮が見解を示したのは初めて。

女性の死亡については「遺憾に思う」とする一方、空砲を撃つなどして止まるように求めたと主張。女性が逃げたため「射撃せざるを得なかった」としている。

ただ、韓国の聯合ニュースは12日、銃声は2発で、遺体の銃傷も2か所だったと報じ、食い違いを指摘した。

談話は、韓国政府による金剛山観光の中断決定には「我々に対する挑戦だ」と反発。韓国政府が求める韓国政府当局による現地調査も「許容できない」と拒否する考えを鮮明にした。
Copyright (C) 2008 読売新聞社 記事の無断転用を禁じます
Copyright(c) NIFTY 2008 All Rights Reserved.   ←引用終わり

引用開始→ 韓国大統領は「無礼な振る舞い」、交渉は不可能=北朝鮮
2008年7月8日(火)10時49分配信 ロイター

7月7日、北朝鮮は、韓国大統領が「無礼な振る舞い」をしていると批判、交渉できないと言明。

[ロンドン 7日 ロイター] 北朝鮮は、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が「無礼な振る舞い」をしているとあらためて批判するとともに、同大統領とは交渉できないと言明した。

朝鮮中央通信社(KCNA)によると、北朝鮮の祖国平和統一委員会スポークスマンは、共同通信が行った李大統領とのインタビューについて「南北の合意を覆すことはまったく容認できない。これは無礼な振る舞いだ。明らかに、このような人間と交渉のテーブルに着くことは不可能だ」と述べた。

北朝鮮側は、李大統領が核問題を南北首脳会談で議論すべきと発言したと受け止めたもよう。北朝鮮の核問題は6カ国協議で議論されており、2000年6月と07年10月の南北首脳会談では、この問題は話し合われなかったとみられている。

李大統領は、昨年12月に選出。歴代大統領に比べて強硬な対北朝鮮政策をとっており、すでに北朝鮮から厳しい発言が相次いでいる。
Copyright (C) 2008 ロイターズ・リミテッド 写真の無断転用を禁じます
Copyright(c) NIFTY 2008 All Rights Reserved.   ←引用終わり

引用開始→ 韓国大統領、米国産牛肉問題で3閣僚を更迭
2008年7月7日(月)17時39分配信 ロイター

[ソウル 7日 ロイター] 韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は7日、米国産牛肉輸入再開問題をめぐる混乱により全閣僚が辞表を提出したことを受け、内閣改造の第1弾として、農水産品相、保健福祉相、教育科学技術相の3閣僚を更迭した。

3閣僚は、混乱の発端となった4月の米国産牛肉の輸入規制緩和の責任を問われる形で更迭された。韓国メディアは、大統領は企画財政相と外交通商相も更迭する可能性があると伝えている。

韓国では、5月初めより米国産牛肉の輸入再開に反対する市民によるデモが連日行われ、大統領に対する責任論の高まりを避けるため、6月には韓昇洙(ハン・スンス)首相ら全閣僚が辞意を表明。2月に発足したばかりの李明博政権の支持率は20%以下に低下した。

5日も抗議活動がソウルで行われた。ただ、参加した市民は5万人と、デモを企画した団体が予定していた50万人に遠く及ばなかった。6日にもデモは計画されていたが、参加者不足で実施されなかった。ソウルで抗議行動が行われなかったのは1カ月ぶり。関係者は抗議活動が下火になり始めた証しだとしている。
Copyright (C) 2008 ロイターズ・リミテッド 写真の無断転用を禁じます
Copyright(c) NIFTY 2008 All Rights Reserved.   ←引用終わり

引用開始→ 韓国政府、大規模抗議運動を受け政策を見直し
2008年6月16日(月)9時21分配信 ロイター

6月15日、韓国の姜万洙企画財政相、最近の国民による大規模抗議運動を受け、政策の見直しを行っていると明らかに。

[済州島(韓国) 15日 ロイター] 韓国の姜万洙(カン・マンス)企画財政相は15日、最近の国民による大規模抗議運動を受け、政策の見直しを行っていることを明らかにした。当地で、ロイターとのインタビューで述べた。

米国産牛肉の輸入再開をめぐる問題に端を発した大規模な抗議運動を受け、李明博(イ・ミョンバク)大統領への批判の声が高まっており、アナリストは、政府のビジネス支援型の改革が脅かされる恐れがあると指摘している。

姜財政相は「国内の政局は、予想以上に悪化している。われわれは、政策と政策のガイドラインや理念を再検討する必要がある」と語った。

さらに「(すべての)国内セクターについて、新たな道を見つけ出せることを望んでいる」と加えたが、詳細には言及しなかった。
Copyright (C) 2008 ロイターズ・リミテッド 写真の無断転用を禁じます
Copyright(c) NIFTY 2008 All Rights Reserved.   ←引用終わり

|

« 金正日のノドンで「脳毒」された加藤紘一!北朝鮮へ移住したらどうか!? | トップページ | 松下電器(Panasonic)姫路液晶工場の起工式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金正日のノドンで「脳毒」された加藤紘一!北朝鮮へ移住したらどうか!? | トップページ | 松下電器(Panasonic)姫路液晶工場の起工式 »