« 米国の資本市場、リーマンは破綻か回避か瀬戸際に?メルリリンチはバンカメが合併へ! | トップページ | ニューヨーク、ロンドン、東京、証券市場は大荒れ大暴落!リーマンの会計に重大疑惑? »

2008/09/16

絢爛豪華、勇壮豪快、「灘のけんか祭り」まで、今年(2008年)もあと1ヶ月!

間もなく播磨路は秋祭り一色に染め上がります。
その勇壮さにおいて覇を競う、泉州・岸和田の「だんじり祭り」が無事に納められると、今度は金銀で飾り上げた絢爛豪華な屋台を練り上げ、その練り合わせを競う、播磨の祭りを代表する松原八幡宮の秋季例大祭「灘のけんか祭り」の季節です。

祭り月を前に、アクセスが増えてきました。
全国各地へ出向きあるいは雄飛する、妻鹿、松原、中村、宇佐崎、八家、木場、東山の旧7ヵ村の出身者からのアクセスを含め「熱さ」を感じる季節になりました。

まず、今年の特徴を、
① 恒例どおり宇佐崎の練り番に合わせ三基の神輿が新調されます。
② 妻鹿の屋台と壇尻が新調されます。
(この紹介は神戸新聞ニュースから引用紹介しておきます)
記事によると、28日(ふつうは午前中)に、妻鹿の屋台と壇尻は、清祓いを受け入魂式を執り行うようです。宮前と境内で豪快な胴突き練り上げを見せてくれる事でしょう。

妻鹿の屋台が新調されるという事で、7月頃からコラコラコラムの「検索ワード」で「妻鹿・屋台・新調」が目を惹くようになりました。

岸和田の「だんじり祭り」は、いつの間にか、9月半ばの祝祭日に合わせ執り行われていますが、「灘のけんか祭り」は太陽暦に従っても10月14日(宵宮)、15日(本宮)である事は変わりません。
どのように時代の環境や価値観が変化しても、自らの地域の「神事であり、祭礼である」との認識が強いためです。ガンコです!とても頑固です!無茶苦茶ガンコです!

なぜって、今年の10月は11日~13日まで三連休ですよ!
それでも、そんなこと関係なく、祭りの日程は変わりません。変えません!
従って、まぁ、金曜日10日の午後からは「祭り気分」で3日間十分に休養をとり、14日15日と気合いを入れて、16日はお疲れ休みみたいなモンで、17日金曜日には仕事をして、18日19日はゆっくり休養という流れになりそうですねぇ~!

実際には、ここまで休みはしませんが。
「祭り」が生活の中心を占めるワケですから、祭り月の10月は忙しいのです。
「皆、テキトォに仕事調整しもって、どないどして戻ってこいよぉ~!」。

ご遠方からお越しの皆様へ、
宵宮は、ほぼ昼前を目処に先陣を切る東山の屋台が松原八幡宮楼門へ到着し始まります。
東京駅からは午前8時頃の新幹線「のぞみ」利用で間に合います。
東京駅からJR姫路駅まで約3時間です。
姫路で山陽電車に乗り換え「白浜の宮」まで10分ほどです。
「白浜の宮」駅から松原八幡宮まで約2分。
JR大阪駅からは、新快速利用でJR明石まで約40分。明石で山陽電車へ乗り換え特急利用で「白浜の宮」まで25分(宵宮・本宮ともに特急は臨時停車)です。
勿論、阪神梅田駅から山陽姫路行き直通特急で約80分(臨時停車)です。とても快適で便利です(大阪からは、このコースを推奨します)。
宵宮は、ほぼ午後7時には終わります。午後8時までにはJR姫路駅へ到着しますから、東京駅との日帰りツアーは可能です。

姫路以西からお越しの方も、とにかくJR姫路駅まで午前11時くらいに到着されますと、宵宮を一日ご堪能頂けます。
絢爛豪華な屋台を豪快に練り競う「灘のけんか祭り」の案内を兼ねておきます。
祭典の案内は、右側のリンク
「姫路・松原八幡神社-灘のけんか祭り」でご覧下さい。
(動画もあります↑)
写真(静止画)は、灘のけんか祭り(姫路)Fightting Festibal of Nada / Himeji でご覧下さい。

忘れかけた「日本がある」。
刷り込まれた「日本人のDNAが沸き立つ」。
人の力強い「息吹がある」。
素晴らしい「日本の文化と伝統がある」。

引用開始→ 屋台、だんじり、祭り衣装を新調 姫路・妻鹿 (神戸新聞News)

01442780masturiknp豪華な刺繍で描かれた高欄掛けに見入る親子=姫路市飾磨区、妻鹿公民館

「灘のけんか祭り」で知られる姫路市白浜町、松原八幡の秋季例大祭(十月十四、十五日)まであと一カ月-。氏子の旧七カ村の一つ・妻鹿地区は今年、屋台も、だんじりも、高欄掛けなどの祭り衣装も新調した。祭り衣装の一般公開が十三日、地元の妻鹿公民館で始まった。匠(たくみ)の技を間近で見ることができる。十四日まで。(直江 純)

屋台は十七年ぶり、だんじりは三十年ぶりに新調された。屋台の四方を飾る高欄掛けや毛獅子も新しくなり、住民や市民向けに公開した。

高欄掛けは、妻鹿孫三郎、黒田官兵衛、神功皇后らの人物を金糸の刺繍(ししゅう)で描いている。毛獅子は、馬のたてがみも使われている。

妻鹿の屋台は「胴突き」と呼ばれる激しい担ぎ方で知られ、かじ取りをする「棒端綱(ぼうばなつな)」に手が滑りにくい国産の麻を使うなどしている。

祭り衣装の公開は午前十時-午後四時。無料。祭典委員長の森昌美さん(63)は「何から何まで新しくなり、例年とは意気込みが違う。みんなに喜んでもらえる祭りにしたい」と話す。

二十八日、松原八幡で新調した屋台とだんじりの入魂式がある。
(9/14 10:20)
Copyright(C) 2008 The Kobe Shimbun All Rights Reserved.  ←引用終わり

|

« 米国の資本市場、リーマンは破綻か回避か瀬戸際に?メルリリンチはバンカメが合併へ! | トップページ | ニューヨーク、ロンドン、東京、証券市場は大荒れ大暴落!リーマンの会計に重大疑惑? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国の資本市場、リーマンは破綻か回避か瀬戸際に?メルリリンチはバンカメが合併へ! | トップページ | ニューヨーク、ロンドン、東京、証券市場は大荒れ大暴落!リーマンの会計に重大疑惑? »