« 腹が立つ話!無茶苦茶ハラ立たしいハナシ! | トップページ | 日本の躾と教育は崩壊している! »

2008/09/17

日本=ベトナム国交樹立35周年記念行事(日本サイド)が始まる!

日本がベトナムとの国交を樹立してから35周年になった。
現在のベトナム社会主義共和国が誕生してから32年しか経っていないのに、どうして35周年なのだ?と、まぁ、堅い事は言わないで。
「ベトナム民主共和国」と国交を樹立したのが1973年だ。
簡潔に述べると、「ベトナム民主共和国」は、その後、「ベトナム共和国臨時革命政府」と1976年に統一政府を形成し「ベトナム社会主義共和国」となった。
この過程を論じ始めると際限がなくなるので止めておく。

9月16日に国会議員代表団が、まず大阪へ訪日してきた。
外務省、大阪府、大阪市、堺市、八尾市、兵庫県、JETRO、関経連、大阪商工会議所など関西の自治体関係者に経済界を挙げての歓迎となった。

Img_0359_1_1大阪国際交流センターで、「ベトナムの写真展・絵画展」を開催。
←写真=記念行事開会式典
国交樹立記念式典とレセプションを併せて開催。
Img_0365_1_1その後、「神秘のベトナム」とのコンセプトで、民族音楽、現代歌唱は「恋人よ」に「花」、アオザイの現代(デザイン)ファッション・ショー、チャム族の舞踏、ベトナムの子守歌、最後は日本の「赤とんぼ」の大合唱。

いろいろ盛りだくさんで16景(100分)だった。

大阪では、
明日、JETRO主催の「投資案内(人材活用)セミナー」を午後に開催。

その後、名古屋へ移動し、
18日は、同じようにスケジュールをこなす。

19日から東京で予定のスケジュールを進める事になる。
「投資案内(人材活用)セミナー」は19日に開催。夕方以降に「友好レセプション」。
20日~21日は、代々木公園特設会場で「ベトナム・フェア」を開催。
というのが大まかな計画である。
(代々木公園での「ベトナム・フェア」は台風13号が心配だけど!)

Img_0360_1_1ベトナムの民族音楽の正当な伝承者であるディン・リンとマイさん夫妻が一緒に訪日してくれた事がどれほど嬉しかったか。
←写真=chi Tuyet Mai va anh Dinh Linh.(とらえもん の大切な友人夫妻・ベトナムの民族音楽技能伝承者/日本でいうなら重要無形文化財伝承者=人間国宝)
二人が協力してくれた15年前、国交樹立20周年行事を行った際には、大阪総領事館はなかったし、東京の駐日大使館も大きな予算を持っていなかった。
そのため、元留学生(南の政府の留学生やら、北の政府の留学生やら)に難民として来日し滞在しているベトナム人が協力し、いろいろ持ち上げたり文句を言ったりしながら、神戸在住の元留学生(クァンガイ省出身)のTDTさんが手際よくまとめ、それなりに評価を浴びる国交樹立20周年記念行事を展開できた。
TDTさんは、留学中に母国を失い、様々な偏見や差別と闘い艱難辛苦を乗り越え、神戸に根を下ろした努力の人である。
その後、阪神大震災にも負けることなく、難民定住者からの相談にも気軽に応じ解決に力を貸していた。
いまは、念願の工場を二つ母国(ビン・ズオン省)に建設し、そのマネジメントもあり日本との往復で多忙なようだ。16日は姿を見なかった。

しかし、この度は、元駐日大使だったズン外務次官を含め、旧知のメンバーが顔を揃えての訪日だ。受ける日本の側も関西駐在の山崎大使が接遇に出るなど、15年の歳月を改めて回顧させられる事になった。
そして有象無象の人が増えたように思う。
ベトナムとの経済関係が強化されるに従い、ナンというのかチョッと見には得体の知れない不思議な空気で場違いな人達がレセプション会場に見え隠れするようになった。
皆さん、それなりにベトナムでビジネスをしておられるのでしょうねぇ?!
15年前、手作りで「安心」できそうな人達だけを集めても、それなりに盛大に行った行事が懐かしく思えた。
それだけ、ベトナムのパワーが日本で炸裂しているワケだ!

ベトナムは、ドイモイ政策採用以来、貿易収支でも財政収支でも深刻で苦しい時期にある。加えて、米国発の金融恐慌が先進工業国へ迫ろうとしている。
その影響を全く受けずにやり過ごす事は不可能である。いまが、正念場の踏ん張り所だ!

|

« 腹が立つ話!無茶苦茶ハラ立たしいハナシ! | トップページ | 日本の躾と教育は崩壊している! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腹が立つ話!無茶苦茶ハラ立たしいハナシ! | トップページ | 日本の躾と教育は崩壊している! »