« タイの現状は発展途上国が経験させられる通過儀礼だ! | トップページ | 日本の政治はタイの政治を笑えるか!? »

2008/09/06

枯れ木も山の賑わいか? 自民党総裁選挙、誰でも出ればよいってモノじゃない!

突然の首相辞任による自民党の総裁選!
2年連続すると、もはやすっかり季節の風物詩といえなくもない。

昨年は、もっぱら「真打ち・横綱」との下馬評だった、アッソォ・タロォが組織論理の上では当面は本命か?と噂されているようで(やってみなけりゃ分からない)。

これへの対抗馬は、ドンブリコロコロが得意技オイケ・ポチャコが狸面を晒してはしゃいでいる(いつもどおりアホ~な話に、いつもどおりアホ~な面だ!実はコイズミ・ドンイチロォの仮衣らしい)。

押っ取り刀で、ヨサンカエ・カォルもナカソネ大勲位閣下の後押しを受け声を絞り出している。

大体こんなところかと思いきや、
ナント、モンジャ・ノブテルが佃の島から「上げ潮」に乗って上陸してきたって話で、オヤジも「(内心は)やるじゃないか!」って大いなる誤解を記者会見で述べてみたりって状況だ。これでもお笑いぐさってところだのに、
ナンとジブントォの中には、傍若無人って言葉を知らない大○カがいるって事を見せたい救いようのないのがいるらしい。
やっぱり出てくる恥知らず!
山×・イチブト、オメーは自分の面に責任を持てよ!
テメーの面は、それが人生を弁えた面か?
テメーが、この前から外務×大臣だって気づいた時には吐き気がしたね!
群馬の田舎へ、とっとと、消えろぉ~ィ!

次が、タナボタ・ボンもこの際、若手代表とかで手を挙げておこうって算段らしい。
まぁ、こっちはそれなりの見識を持ってるから許してやろう。

もう一丁、構えておこうって、ナキムシ・イシバァ~も手を挙げちゃったんだねぇ!
出りゃぁ、イイってモンジャヤキじゃなくって、出りゃぁイイってもんじゃねぇよぉ!

世界も「多極分散」だけど、
ジブントォも多極分散だねぇ~!

基本的には、4人の争いだろうが、
噂じゃ、モンジャ・ノブテルとオイケ・ポチャコは連合してアッソォタロォを包囲してるってハナシだぜぇ!
モリモリ・オジサンがコッテウシ・ヒデヤンを恫喝して、オイケ・ポチャコ(コイズミ・ドンイチロォ)をラガーマンとしても阻止できなかった。大男知恵が頭へ回りかね、躰がでかいだけじゃダ~メって見本だねぇ!

で、以前の掲出で、「臨時国会は、補正予算(8兆円)の予算(ゼニ分捕り)合戦で攻防戦をするために睨み合い、それで息が合えば解散総選挙」って仮説を並べてみた。

今度は、そうじゃなくって、
どうやら、①ジブントォ総裁選挙、②衆議院で臨時国会、③首相指名選挙(形だけ)、④所信表明演説、⑤衆議院解散、⑥衆議院総選挙、って流れは確定って事だねぇ!

米国も11月は大統領選挙だし!
日本も同じ頃に、衆議院総選挙って事になるのだろぉ!

引用開始→ 「10月上旬解散」濃厚、11月9日投票軸に与党調整  (讀賣 On Line)
福田退陣・総裁選

政局の最大の焦点である衆院解散・総選挙について、24日召集予定の臨時国会で新首相の所信表明演説と各党代表質問を行った直後の10月上旬に衆院を解散する方向で、自民党が公明党と調整に入ったことが5日、明らかになった。

麻生太郎幹事長ら5人以上で争われることになった自民党総裁選の余勢を駆って選挙戦に臨むほうが有利と判断したとみられる。自公両党は「10月28日公示、11月9日投開票」を軸に選挙準備を加速させる方針だ。

最終的な決断は総裁選で選任される新総裁(首相)によって行われるが、複数の与党幹部によると、9月29日に新首相が所信表明演説を行い、これに対する衆参両院での各党代表質問を10月1日から3日間の日程で行った直後、3日か6日のいずれかに衆院を解散する案を検討している。

公明党には「新内閣の支持率が最も高いタイミングでの選挙が望ましい」として、臨時国会冒頭の解散論も根強い。これに対し、自民党側は「1996年10月の衆院選で、所信表明演説と各党代表質問をせずに解散したところ、論戦を避けたとの批判が出た」との理由で難色を示し、代表質問後の10月上旬解散案が有力となったものだ。

自民党は、岩手1区など公認候補が決まっていない六つの「空白区」の候補者選考を党本部主導で進める方針だ。年末年始の解散を想定していた公明党と支持団体の創価学会も、衆院選の準備を前倒しで始めた。

衆院選の投開票日は、公示までに必要な準備期間を考慮すると、10月26日、11月2日、9日のいずれかとみられる。このうち、2日は「土曜日を含め3連休の中日のため、選挙日を設定するのはなじまない」(自民党幹部)との判断から除外する方向だ。
(2008年9月6日03時05分  読売新聞)
Copyright © The Yomiuri Shimbun.  ←引用終わり

引用開始→ 選挙近いし…露出狙って候補者続々 自民総裁選  (asahi.com)
2008年9月6日1時37分

自民党総裁選レースに意欲を示す議員が後を絶たない。4日に意欲を見せた棚橋泰文・元科学技術担当相(45)と同様、若手議員の結束を訴える山本一太参院議員(50)も5日名乗りを上げた。推薦人確保のあてがない意欲表明は売名行為と紙一重でもある。

ある若手議員の秘書は、支持者からの問い合わせに驚いた。議員から「総裁選に出ます」というメールが届いたというのだ。本人に意欲はあるようだが、立候補に必要な20人の推薦人を確保したという話は聞いていない。どういうことなのか、議員に問うと答えが返ってきた。
「選挙も近いし、名乗りを上げれば露出が増えるから」
(朝日新聞社asahi.com)  ←引用終わり

|

« タイの現状は発展途上国が経験させられる通過儀礼だ! | トップページ | 日本の政治はタイの政治を笑えるか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイの現状は発展途上国が経験させられる通過儀礼だ! | トップページ | 日本の政治はタイの政治を笑えるか!? »