« 経済は危機的状況、金融大恐慌は米国だけで止まるか? | トップページ | 「携帯電話」スーパー3Gで光回線と同じ速度実現!NTTに期待しています! »

2008/10/02

「海外留学」で、若い人の夢を喰って逃げちゃイケナイよ、ゲートウェイ21!

多くの若者は、チャンスがあれば「海外留学」したい。
そのように思い考えるのは、洋の東西を問わず「普通の事」だ。
「海外なら、自分の能力を磨ける、伸ばせる、正当に評価される」と、淡く儚いトンデモない夢を描き、その夢へ逃げ込み夢に包まれ楽しい時間を空費するのだ。

それはそれでイイじゃない!
実際に、夢を描く側にそれに相応しい能力があるかどうかは別にして。

だったら、「(アンタの)その夢の実現に、一汗かこうじゃないか」って、その夢を実現させるビジネスが登場するのも、これまた不思議な事ではない。

噂によると、ゴミズミ・ドンイチロォのバ×二男、珍ジロォは窮極の偏差値で持て余し、日本じゃどこの大学も受け入れてくれなかったってハナシだけど、なんとかお近くの「ラグビーK大学」へ潜り込んだって事らしい。でぇ、その後の人生も脚色が必要だって事で、「箔付け」目的で、ハンバーガーを喰う勉強をしに米国へケチャップ箔をツケに行ったらしいじゃないか。虚飾はこうして始まるのだよ!
*お断り:これまでコイズミでしたが、今日からゴミズミです。都合で呼称(故障)変更しました。

噂によると、ゴミズミ・珍ジロォは、「寝・コロンビア大学」だなんて笑わせるようなハナシを繰り広げているらしい。ウソとペテンは親譲り、確かに間違いなく実の親子じゃワイ!
そして窮極は、某シンクタンクの研究員だってよぉ!
喰いすぎたハンバーガーのケチャップを洗い落とすにゃぁ、深いシンクが必要で水もタンク満タンじゃなきゃぁ洗い落とせないかったって事だろう!

日本の政治家のバ×息子ドモへは、「寝・コロンビア大学」も、某シンクタンクも自由な出入り口が別らしい。目立たないように造られてるらしいねぇ~!
ゼィジー北京じゃないけども、「チョト、ゴソゴソ、するアルネ、ホラ、ゴソゴソしたアルヨ」じゃ、ねぇんだよ!でも、それがあるって専らの噂だよ!
おそらく、「寝・コロンビア大学」は「オープン・キャンパス」へ行ったとか、「公開講座」を自由聴講(聞いても理解できないだろぉが)したとか、毎日メシ(ハンバーガー)だけ喰いにキャンパスへ通ったとか、チョト、ゴソゴソ、イロイロしたあるねぇ~!?

親子四代、疑惑紛れのバ×ぶりを発揮してりゃぁ世話ねぇよぉ!
(こんなバカみたいなハナシを許して、日本は、北朝鮮を『笑えるか』ってんだよぉ!)
ヨコスカはマンボじゃなくって、ゴミズミ一族の領地かい?
横須賀市民の民度が問われるよねぇ~!
ミンチトォもエラそうな事いってもねぇ、ヨコスカじゃ勝てる候補を立てねぇんだよ!
トツベン・オザワ、エラそうにデカイ クチ叩くなら、テメーがゴミズミ・珍ジロォ叩き落としてみろぉ~ぃ。

と、まぁ、いささか八つ当たり気味に、ゴミズミ・ドンイチロォとそのバ×息子のゴミズミ・珍ジロォを華麗に紹介しておきましたけど。

同じように、別の自由な出入り口を持たない側は、
高額の金を叩いて、『入口』と『寝床』を買うワケである」。

言っちゃ悪いが、冷静に「テメーの学力やら能力を考えりゃぁ、どの程度か分かるだろう」から、カネで「買う」ワケである。「買わなきゃ、仕方がないのである」。
特に、「米国の大学」は収容定員過剰だから、大半の大学は「金儲け」である。
何たって、入学試験はないのだから「入り放題」だ。しかし「出られない(学位は手に入らない)」のは分かっているから、「半年か、一年の限定コース(聴講生)」だ。
それでも、米国の学生生活を体験できるって、舞い上がるワカモノ(バカモノ)が出てくるんだねぇ!

いやはや、日本にはカネが余っているのか、人生が余っているのか?

それじゃぁ、これに目を付けて「ビジネスチャンス」にしてしまおう、一儲けしようって考えるワル(じゃなくって人助け)が現れるのは時間の問題だ!

洋の東西を問わず、
「海外留学」をエサに金儲けを企むヤロウはどこの国にも存在する!
中国で反日のクセして、「日本留学」を斡旋して一儲けを企むクズヤロウなんて、政府職員の片手間アルバイトでゴロゴロいるんだよ。
まともな大学教員なら、「中国からのバ×留学生」見て見りゃ分かるだろうが。
政府職員やら、党の書記が片手間に「海外留学」斡旋をアルバイトにして、能力も何もないヤツラから「カネ、巻き上げ、カネ、取り放題」をやらかしてんだよ。
懇ろに噛まされ送り込まれた日本の大学は、懇ろに受け入れた教員と、バ×留学生を押し付けられる教員は異なるから、押し付けられる側は実に迷惑だよ、ホントに迷惑だよ!

日本にゃ、ついこの間まで「お茶の間留学」じゃの「駅前留学」じゃのって、ポルノ紛いの「サル英会話スクール」があったじゃないか。あれも詐欺だったろぉが。こんなのに上場させてたんだから酷いハナシだよ。

まぁ、群がる客が群がる客だから、やる方も構えるよねぇ~!
(一応、揉み手の猫なで声で、お客様のようにご立派な方なら、ハイ、もうどこでも!)
ってワケで、「どこでも」の実際は「どこへでも(勝手に行け)」って事なんだけれど。

しかし、客がそれだからって、勝手にカネ集めるだけ集めて13億の負債抱えて逃げちゃぁイケナイよねぇ~!ナケナシ(実はカネ余り)の客ドモは、拠る術がないよね(実は大丈夫だろうけど、建前で)って事にしておこう。

最近の日本人は、考える能力(論理的思考力)を失くしちまってる。「情緒的思考力」はモノ凄い勢いで拡大一方だけれど。

でも、まぁ、ワカモノ(バ×モノかも)の夢とカネを奪っちゃイケナイよねぇ~!
今日は、これくらいにって事で。

引用開始→ ゲートウェイ21:2500人が前払い 返金は絶望的  (毎日JP)

留学支援会社大手「ゲートウェイ21」(本社・東京都新宿区、福井伴昌社長)が経営破たんした問題で、同社に留学費を前払いした債権者は約2500人に上ることが30日明らかになった。同社代理人の弁護士によると、国内留学予定者が払った前払い金は総額約9億5000万円になり、破産手続きを進めても債権者への配当は見込めそうもないという。同社は5日に債権者集会を開き、経緯や今後の対応を説明する。【木村健二、江畑佳明】

代理人によると、債権者のうち国内にいる留学予定者が約1500人、既に海外に渡航した利用者が約1000人に上っている。会社側は今年の上半期から運転資金が枯渇し、配当に充てる資産が不足していたという。

新宿区の本社には、30日も債権者が次々と訪れた。ニュージーランドへ半年間留学予定だった千葉県八街市の女子大生(21)は同社従業員から「政府推薦ですから大丈夫」「ホームステイ先とは面談しており、安心できる」と言われ、手数料など100万円以上を支払ったという。「留学のため大金を払ってくれた親に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と肩を落とした。

カナダへ1年間留学予定だった東京都八王子市の女性(28)は会社を辞め、5日に出発予定だった。ホームステイ代や語学学校への授業料も支払われていないといい、「航空券のキャンセル代がもったいないから出発するつもり。だけど到着後はどうすればよいのか決まっていない」と途方に暮れていた。

大学1年の長男(18)が来夏にオーストラリアに留学するのに備え、10万円を支払ったという神奈川県平塚市の女性(55)は「会社から何の連絡もないが、早くお金を返してほしい」と憤っていた。

同社が加盟する日本旅行業協会には、利用者に一定範囲で代金を弁済する制度があるが、同社の場合は900万円にとどまるという。

5日の債権者集会は午後6時から千代田区六番町の主婦会館プラザエフで開かれる。約120人の従業員も解雇し、近く東京地裁に破産を申し立てる。負債総額は約12億9000万円となる見通し。日本旅行業協会の消費者相談室は、03・3592・1265か1266。
Copyright 2008 THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.  ←引用終わり

|

« 経済は危機的状況、金融大恐慌は米国だけで止まるか? | トップページ | 「携帯電話」スーパー3Gで光回線と同じ速度実現!NTTに期待しています! »

コメント

コメント、ありがとうございます。
復旦大学ならそうでしょう。
仰せのとおりです。シッカリした高い目的意識をお持ちの方は、自律しておられますから。
ネタにされるのは、目的意識の希薄な「留学みたいな事を体験し、できればニセ箔をつけたい」とボンヤリ考える人たちですね。これは、どの国でも共通しています。

投稿: とらえもん | 2008/10/05 13:47

私は現在65歳。中国語で歴史の原文を読むことと、中国の現状が知りたくて、一年半上海复旦大学に語学留学しました。ことし1月末帰国しました。私は年寄りで知人は誰も居らず、入学はすべてインターネットでしました。留学申請を出すと入学に必要な事柄が送られて来て、ビザの申請、健康診断書、最終学歴など。入学金は学校の指定銀行に送金するか、現金を入学の時直接手渡すかのどちらかでしたし、寮もインターネットで申し込み。
なぜ若い人が人頼みにするのか理解に苦しみます。留学してみてわかったことですが韓国、中国、中国系アメリカ人、など日本を除くすべての国の留学生は横のつながりが親密でお互いに情報を交換しあっていました。日本人だけが2,3人で連み孤立していました。わたしなど特に年寄りで相手にされず韓国人留学生から勉強の仕方や教科書をもらったり、オモニといって親切にしてくれました。旅行の前日お金を換えるため、私がパスポートを銀行に置き忘れたのを思い出し中国人学生に頼むと日曜日にもかかわらず、友達と連携し携帯で次から次に連絡しあい、私のパスポートはちゃんと銀行にあることを確認してくれました。わたしから見ると先に来た留学生は後から来た留学生の世話をしようとはしません。アルバイトしかり、勉強のやりかたしかり、旅行でもそう。私が一緒に旅行したくて仲間に入れてくれと頼むときれいに断られました。もっぱら韓国人、中国人学生と旅行しました。
若い人は日本人同士お互いのコミニケーションが欠落しているように思いました。

投稿: 年賀 和歌子 | 2008/10/05 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経済は危機的状況、金融大恐慌は米国だけで止まるか? | トップページ | 「携帯電話」スーパー3Gで光回線と同じ速度実現!NTTに期待しています! »