« 証券バクチ、掛金(元手)のほぼ半分3,000兆円が消えたところかな? | トップページ | 国難である!東証株価6500円、円・ドルレート85円、ユーロ100円に備えよう! »

2008/10/27

「サブプライム・ローン」金融政策で、間違ったでは済まされないぞ!

FRB前議長のグリーン・スパン(緑の空虚)!
名前のとおり「空虚なヤロウだ!」。

ジューシー社会の代表として、FRBへ送り込まれたワケだから、ジューシー社会の使用人として、ジューシー社会へ奉仕するのは当たり前だけどね、思考論理は公正さに欠けるよね!所詮は、ゴミクズのジューシー野郎に過ぎないのだワ!

ITバブルで一儲けを企み、MIT(マサチューセッツ工科大学)に屯していた、クズヤロウドモが、ITバブルが弾けて行き場を失い、その結果飛んでもない詐欺技術を編み出した。それが「金融工学」である。
複雑怪奇な条件式を考え、金融のデリバティブを発明した。
その応用展開編が「サブプライム・ローン」である。

「金融工学」というか「先端的詐欺論理」の先頭に立ち旗を振り続けたのが、何を隠そう緑の空虚野郎ことグリーン・スパンである。

窮極の貧乏人から無尽蔵にカネを吸い上げる方法へ大きく発展した「サブプライム・ローン」だ。
これを米国のカネ吸血鬼ドモは自国では「住宅」をエサに展開し、
日本では、「サラ金」で展開した。
いずれも窮極の貧乏人からカネを吸い上げ毟り取る行為である。

引っかかった野郎が間抜けでバ×なのだが、仕掛けが巧妙なだけに実に厄介な事だ。

グリーンスパンは、なんだかんだと言いながら、全世界で「私募債ファンド」を刺激し膨大にしたよね!
それが、今日の原因として大きく作用しているよね。
これを忘れないようにしておこう!

日本も、とうとう「この渦に巻き込まれ」かけている。
三菱東京UFJグループは、大枚叩いて、メザニンの形ながら救済へ手を挙げたけどね、自行の業績に関わる株価が急減した事で、1兆円の増資を公表したじゃないか。
メザニンで米国へ注ぎ込むカネが9,000億円だから、ほぼ、それに見合うカネを国内で調達しなきゃ、やってけないとこへ早くも陥っちまったじゃないか!
三菱東京UFJに続いて「みずほ銀行」も、米国への出資(投資)額と同程度の増資5,000億円を検討しているとか?
結局は、見通しも経営判断も甘かったって事になるよね!?

もう、こうなりゃぁ、コミックを通り越してマンガチックだわ!

引用開始→ 「自由競争主義に欠陥」前FRB議長、金融危機に釈明 (asahi.com)
2008年10月25日10時19分

【ワシントン=西崎香】米議会の公聴会で23日、連邦準備制度理事会(FRB)前議長のグリーンスパン氏が集中砲火を受けた。議員らは現在の金融危機の原因をめぐって前議長の在任中の責任を詰問。前議長は、規制緩和や自由競争を推し進めたことに関し、一部に誤りがあったと認めざるをえなかった。

公聴会は下院の政府改革委員会が開いた。議会を主導する野党民主党は、危機の再発防止のため規制を大幅に強化する狙いがあり、06年までFRB議長を約18年半務め、米経済のかじ取り役として評判の高かったグリーンスパン氏を集中的に追及した。

ワックスマン委員長(民主)は、前議長が金融派生商品などの規制に消極的だったことを挙げながら「FRB史上最長の任期中、金融市場の規制緩和の支持でもっとも影響力があった。あなたは間違っていたか」と責め立てた。前議長は「部分的には」と認めたうえで「銀行などが利益を追求すれば、結果的に株主や会社の資産が守られると思っていたが、間違いだった」と話した。

さらに、自身が強調してきた自由競争主義の考えなどについても「欠陥をみつけた。それがどのぐらい深刻なものかは分からないが、非常に悩んでいる」と発言。金融業界が予想以上に危険な取引に走り、当局の対応が遅れたとの認識を示し、「私の経験では融資担当者は金融当局よりも、貸し出しリスクや借り手についてはるかによく知っていた。こうした決定的な支柱が崩れてしまい、衝撃を受けている。なぜそうなったのか、まだ十分理解できない」とショックをあらわにした。

危機の原因である低所得者向け(サブプライム)住宅ローンについては、「05年の遅くまで、市場が急膨張していることを示すデータがなかった」と、目が行き届いていなかったことを認めた。

それでも、議員らからは、複雑な金融商品への規制が後手に回り、政府系住宅金融会社への監督が甘かったといった批判が続出。前議長は「常に規制の失敗例はある。規制の多くは、特定の金融商品が今後悪化するかどうかなどの予想に基づいている。我々は民間よりもはるかに予測結果はいいが、間違ったことも多くある」と弁明に追われた。

市場の力を重視する前議長の考え方は、米国型資本主義の象徴として、世界の金融業界や政策決定に大きな影響を与えてきた。その路線を修正するような今回の発言は、金融危機後の政策論議の中で強まっている規制強化の流れを、さらに加速させそうだ。 ←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« 証券バクチ、掛金(元手)のほぼ半分3,000兆円が消えたところかな? | トップページ | 国難である!東証株価6500円、円・ドルレート85円、ユーロ100円に備えよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 証券バクチ、掛金(元手)のほぼ半分3,000兆円が消えたところかな? | トップページ | 国難である!東証株価6500円、円・ドルレート85円、ユーロ100円に備えよう! »