« 衆議院解散、いつ? 争点は? 政治は小粒に成り下がり!? | トップページ | 証券バクチ、掛金(元手)のほぼ半分3,000兆円が消えたところかな? »

2008/10/25

「庶民か市民」か知りませんが、「円・ドル」交換へ欲深いヒトは長蛇の列で!

昨日(24日)は週末・金曜日。加えて普通の働き手には給与支給日でありました。
週明けの振り替えを控え、資金移動(大袈裟なモノ言いだワ)をしておく必要があり、昼休みに某銀行のATMへ足を運ぶ。
オォ!長蛇の列だ!なんと無茶苦茶な人数だなぁ~!?これなら20分は潰れてしまうなぁ~!と勝手に時間を見積もってたら、某国の留学生(受講生)が「コンニチワ、ドル替えますか?」と声をかけてきた。で、よく見たら、何の事はない長蛇の列は「外貨交換」窓口への行列だった。
「ATMの方の烈は、短くて一安心!」

で、「かなり(並んで)待っているの?」と留学生に声をかける。
「ハイ、もう30分くらいです」との事。
列は一向に進んでいない。窓口へ辿り着くまで、まだ40分近くかかると見た。
留学生は「円が高くなっていますから、ドルで送金を受ける私たちは、生活が大変です」と。
「そりゃぁそうだろう!」。ついこの前まで1米ドルで115円くらいあったのに、昨日は、交換すれば1米ドルが94円くらいになっちゃったワケだから、この1週間ほどで米ドルは、円に対してほぼ18%下落したワケだ。何もしない内に20%手取りが消えると、生活は成り立たなくなる。留学生は真剣だ。

長蛇の列の原因は、手に手に、日本円を握りしめた「オバサン」達の群れだった。延々と並んでいる。ヒマに任せてその横顔を眺めてみると、どうみても「いまから、『海外旅行』という顔でもない。勿論『貿易』というワケでもない」。円高になったから、いまの内に安い米ドルと交換してとの思惑のようで、長蛇の列をモノともしないのである。
全く迷惑な話だ。

ハッキリ言って、手に握っている金額は、精々100万円まででしょう!
それ以上、外貨交換窓口へ持ってくるワケがないし、そんな小額の欲張りドモが、「よくヤルワイ!?」。考えようによれば業務妨害だよ、でも米ドル買いの防戦方にもなっているのか?
もっと大量に外貨交換して一儲けしてるヤロウドモは、ネット上でFXを繰り広げているだろうし、実態を伴う大口なら外貨交換専用窓口だろうから、所詮は10万円~30万円程度の円を米ドルに交換するワケだ。
最大値で20%の利ザヤだろうけれど、100万円なら20万円だけど。
それで、グウにもつかない下らないモノ買って消えるか、三段腹に収まるかだろうが!?
バカバカしいや!

その下品なオバサン達に囲まれて、留学生は生活不安に襲われている。
まぁ、どこの国でも同じような光景だろうけど。

明日になれば、90円を切ってるかも知れないし、12月までには85円は切るだろう。
昨日の喧噪は一体何だったのだろうと、先も読めない欲深いオバサン達は馬鹿を見るのだ。

いまでもユーロは30%ほど下落している。
ユーロも近日中に110円の攻防戦になるのは間違いないし。
1E=170円近かったから35%近い下落率になる。そうなりゃユーロも大暴落って事だよ。

日本国内の超低金利(2%以内の金利)で、資金調達して「世界を駆け巡っていた『日本のカネ』が、損失を抑えるために急激に国内還流しているワケで、そのために米ドルもユーロも叩き売り状態だ!」。もとは日本のカネなのだ!
このカネは、当分の間、所有者の「お蔵入りで眠る」かな?
それにしても、「日本円(ジャパン・マネー)」はスゴイものだねぇ~!

せっかく(ようやく)帰ってきたのだから、産業投資へ廻すってのはどう?
日銀も、財務省も、手下の金融機関もどうですか?
そこのところ、産業政策と金融政策そして税務政策を確実な方向へ整備してねぇ、日本国民の幸せを実現する方向への舵切りをしませんかねぇ~!

ジブントォもミンチトォも、サルが絶海の孤島の「サル山」でボス争いするみたいなバカ騒ぎしてないでねぇ!
もう少し、世界を見据えた、小マシな「政策」を掲げて、「日本国民を誇り高い幸せ」へ導く政策をやって下さいよ!
お願いしますから!

その政策を争点に「衆議院解散・総選挙」ってなら分かりますけど、いまのままじゃ、「衆議院解散・総選挙」は反対ですね!欲ボケのミンチトォと仕事ネタのないマスゴミだけでしょう「衆議院解散・総選挙」って騒いでいるのは。

引用開始→ NY円、対ドルで94円台に急伸 対ユーロでも急反発
(日経NET 2008/10/25 07:01)

【NQNニューヨーク=海老原真弓】24日のニューヨーク外国為替市場で円相場は急伸。前日比3円15銭円高・ドル安の1ドル=94円20―30銭で取引を終えた。世界の株式相場が急落したことから投資家がリスク資産圧縮に動き、円買い・ドル売りが優勢だった。

ロンドン市場で円が一時1ドル=90円87銭を付け、1995年8月以来約13年3カ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた流れを引き継いだ。ニューヨーク市場での円の高値は91円52銭。安値は94円88銭だった。

円は対ユーロで急反発。前日比6円95銭円高・ユーロ安の1ユーロ=118円95銭―119円05銭で取引を終えた。世界的な株式相場の下落を受け、投資家のリスク許容度が低下するとの見方から円買い・ユーロ売りが優勢だった。欧州の景気悪化懸念で、ユーロ圏の利下げ観測が高まっていることもユーロの重しとなった。円はニューヨークの取引開始前に一時113円79銭を付け、約6年ぶりの高値を付けた。←引用終わり
Copyright 2008 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

|

« 衆議院解散、いつ? 争点は? 政治は小粒に成り下がり!? | トップページ | 証券バクチ、掛金(元手)のほぼ半分3,000兆円が消えたところかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 衆議院解散、いつ? 争点は? 政治は小粒に成り下がり!? | トップページ | 証券バクチ、掛金(元手)のほぼ半分3,000兆円が消えたところかな? »