« 韓国資本による対馬の土地買い占め問題は、現代日本の本質を示している | トップページ | 金融サミット IMF抜本改革もできず、シナリオどおりの結論は、やはり通過儀礼に過ぎず! »

2008/11/15

カネもないのに、IMFへ10兆円資金拠出とか!? 日本はスゴイねぇ!

日本じゃ15日(つまり今日だ)、新興各国も含めた「金融サミット」。ワシントンで開いても日本が議長国だとかなんとか言って、嬉しそうに羽田を飛び立ったアッホォ・タロォ。
まず、テメーの名前「読み間違えるなよ!」、強く助言しといてやっからな!

で、IMFの基金増強への奉加帳に「Yes!I Can!」って、よく考えずに資金拠出を繰り広げようってぇのかい?アッホォもバラマキ大好きだねぇ、次期のオーバーマン以上だねぇ?
日本が10兆円基金増強してやりゃぁ、米国は温和しくなるのかぇ?
そうじゃぁ、ないだろう?!

そのバラマキはさぁ、
(バラマキ・オーバーマンの)周辺が、国務長官候補にヒラヒラ・ヒラリンを推してるってぇじゃないか?「全く不適切な関係だねぇ~!」。
ハーバードでの差別発言を咎められ椅子を棒に振ったバッカのサマーズやら、メタボババァのオルブライトなんぞが周囲を固めるそうじゃないか!
極めつけがヒラヒラ・ヒラリンだってんじゃ、ほとんどアングリグチだよねぇ~!
ヒラヒラ・ヒラリンなんざぁ、テメーの艶で不適切なクリ・キントンとお手々繋いで北京へでも亡命しちまえぇ~!不適切ついでに北朝鮮でもイイぞォ~!

落ち目の三度笠アメリカだけど、日本がシャシャリ出てIMFの基金増強10兆円をしたからって、どうなんだ?
大男、オツムに知恵も廻りかねってバッカが、温和しくするかね?

反対に、息吹き替えしたら、またぞろイチャモンつけてくるんじゃないの?

新興国支援は「IMF」でなく、欧州各国と協調して直接支援してもイイんだぜぇ~!
サウジアラビアがいくら石油とカネ持ってるっても、米ドルとリンクしてるから、シンドイ話だと思うけどねぇ~!
サウジよりも欧州各国だよ!危機に見舞われても蓄積が違うからねぇ!

それとも何かな、「ブレトンウッズ」の亡霊「IMF」を実質解体するのかな?

米国は、他の国に経済構造の改善を迫る前に、テメーのツラをよく洗った方がイイぜぇ!
その汚ッたねぇツラをスッキリきれいに洗ってみなよ!
テメーの醜い姿が見えるぜ!
で、ペテンの「金融工学」を張り付け獄門にでもした方がイイんじゃないかねぇ!

まず、他人の事へ口出す前に、テメーんとこの経済構造を改革しろよな!
それからだよ、それから!

アッホォ・タロォ!「Brand New!」だ、なんてまた馬鹿こいてんじゃないぜぇ!
名前のとおりなんだからサ!
2回も政府専用機に乗っかってサ、前回のニューヨークと今回のワシントン連続往復だからなぁ~、ついでに言っとくけど、残念ながら「マイレージ」はつかないんだよ!超ファースト・クラス極楽移動が、なんせタダなモンだからねぇ~!
2回も搭乗したから、もう満足だろうが、ここらで辞任して、もう一丁、ジブントォの総裁選挙やるかぁ~!?

それで再選されりゃぁ(されねぇけどなぁ!)、「Brand Old New だ!」って事になるなぁ!

引用開始→ IMF強化へ外貨準備から10兆円、日本提案へ 新興国支援策
(日経NET 2008/11/13. 07:00)

主要国と新興国が14日から米ワシントンで金融危機対策を協議する緊急首脳会合(金融サミット)での日本提案の原案が12日、明らかになった。国際通貨基金(IMF)向けに日本の外貨準備の一部、最大10兆円規模の資金拠出を打ち出し、IMFの新興国向け緊急支援融資の拡大を後押しする。金融危機の影響で民間資金の流入が細るアジア各国の資金調達を支える官民連携の資金支援構想も表明。IMFの市場監視機能強化や将来的なIMFの大幅増資の必要性も強調する。

外貨準備を活用したIMFへの資金協力は麻生太郎首相がサミットで表明する金融危機対応策の目玉の1つ。日本が後ろ盾となることでIMFによる積極的な新興国向け融資を促し世界経済の安定に貢献する狙いだ。←引用終わり
Copyright 2008 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

引用開始→ 「IMF融資枠倍増を」 渡辺元財務官、経常黒字国の協調促す
(日経NET 2008/11/13. 18:05)

【ロンドン=吉田ありさ】渡辺博史・国際協力銀行経営責任者(元財務官)は13日、日本経済新聞に対し、米ワシントンで開く緊急首脳会合(金融サミット)の議題となる国際通貨基金(IMF)改革について「日本に加え、中国、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)が資金を拠出すればIMFの緊急支援融資枠(現在2500億ドル)が2倍になり、金融市場の不安心理が和らぐ」と述べた。日本の資金拠出案に他の経常黒字国が協調することで実効性が高まるとの見方を示した。

日本が提案するIMFの緊急融資枠拡大は「問題が広がる前に素早く大規模に実施すれば金融危機が世界経済に及ぼす悪影響を軽減でき、資金拠出国にとってもプラス」と意義を強調。資金協力国は「責任を果たすことでIMFでの発言力も高まる」と述べた。

金融危機の再発防止策については「過剰借り入れなどの問題を早期に把握できるよう市場の状況を監視する各国当局間の連携を強化する方が規制強化よりも有効」と述べた。←引用終わり
Copyright 2008 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

引用開始→ 金融サミット、IMF改革に温度差
(日経NET 2008/11/14. 07:00)

【ワシントン=矢沢俊樹】14日夜(日本時間15日朝)開幕する緊急首脳会合(金融サミット)で、国際通貨基金(IMF)改革が大きな争点に浮上してきた。欧州側は米国主導で運営されるIMFの抜本的な改革を迫る構えで、距離を置く米国との対立が鮮明。日本政府の後押しなどで新興国向けの緊急支援という短期的な対応では各国の足並みがそろっているものの、将来像を巡る議論の行方は不透明だ。

IMFは第2次世界大戦直後の「ブレトンウッズ体制」のもとで、同じくワシントンに本拠を置く世界銀行とともに創設され、国際金融監視体制の中核を担ってきた。だが、昨夏以来の世界的な金融危機への対処が遅れ、「機能不全もはなはだしい」(日本政府筋)との批判が噴出。日本政府が新興国向け緊急融資制度の導入を求めたことなどでようやく重い腰を上げつつあるといった見方もされている。
Copyright 2008 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

ジョージ・ソロスがなんと言おうと、米国経済の実際局面を見ると、もう殆ど破綻してるじゃないか。
この破綻原因を創出した原因者は特定されるべきだし、それへの処罰が必要だ!
こんな事当たり前だろう!
これが許され放置されるなら、米国は「アフガニスタンで戦争を継続する理由はない」。
2001年9月11日にWTCがアルカイダによる航空機テロで破壊され、それへの報復としての「アフガン戦争」である。
今回の「金融破綻」は、アルカイダの9.11テロ以上の破壊力があり、新興諸国の経済を破綻させ世界を危機に陥れているじゃないか?
ここまで酷い事(テロ以上、世界戦争級の破壊じゃないか)は許され、航空機テロなら許されないのか?
オカシイだろう!違うのか!?

今回の世界金融恐慌(もどき)が無罪放免なら、言い掛かりでとばっちりを受けたアフガンの民もイラクの民もパキスタンの民も余りにも悲惨だワ!

ジョージ・ソロスなんて、ホントのところ「縛り首」だろうが?!
違うのか!?
盗人にも一理ってやつを認めるのかぃ?
アメリカってワケの分からない国だなぁ~!
ジューシー野郎ドモなら、何をしても許されるのかぃ?
オカシイだろう!違うのか!?

ジョージ・ソロス、冗談はテメーの汚ッたねぇツラだけにしてくれよ!
縛り首だろう!違うかよぉ!?

引用開始→ ジョージ・ソロス氏「懲罰的規制は過ち」 米下院で証言
(日経NET 2008/11/14. 11:11)

【ワシントン=川上穣】「懲罰的な規制は重大な過ち」――。米有力ヘッジファンドの運用者であるジョージ・ソロス氏は13日、米下院監視・政府改革委員会が開いた公聴会で証言した。同氏は「人為的規制で市場の流動性を低下させるべきではない」と強調。緊急首脳会合(金融サミット)などで浮上する市場規制強化の行き過ぎに懸念を表明した。

ソロス氏は投資家の解約で苦境に立つ業界の将来について「運用残高が半分や4分の1まで減ってもおかしくない」と発言。「システミックリスク(危機の連鎖)は適切に監視される必要もある」とも語り、ファンドの情報開示や透明性の確保には一定の理解を示した。

公聴会には米国の著名ヘッジファンド4社の代表が参加した。ハービンジャー・キャピタル・パートナーズのファルコン氏は「我々は米国の企業が必要とする資本を供給している」と存在意義を強調した。←引用終わり
Copyright 2008 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

|

« 韓国資本による対馬の土地買い占め問題は、現代日本の本質を示している | トップページ | 金融サミット IMF抜本改革もできず、シナリオどおりの結論は、やはり通過儀礼に過ぎず! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国資本による対馬の土地買い占め問題は、現代日本の本質を示している | トップページ | 金融サミット IMF抜本改革もできず、シナリオどおりの結論は、やはり通過儀礼に過ぎず! »