« 「和製スターリン・小澤一郎」と、花田編集長のWILLは特集し! | トップページ | 念願の「皇居内堀周回コース」桜の下を走る »

2009/03/31

日産は、ゴーンに「ゴーン」と一発見舞う方がイイぞぉ~!

世界金融不況である。自動車、家電を筆頭に、生産の合理性を追求し続ける事で、市場を創出し業績を急拡大させ、莫大な利益を上げ続けた業界は軒並み低迷中だ。
生産システムを合理化し過ぎ、その反動ともいえる。
ボタンを押せば「製品ができる」、これまでは、できた製品を引き取る市場は勢いがあり、出せば出すだけ、その場で売れた。
勝負は、①機能性を含むデザインを軸にした性能全体の質であり、②市場価格という名の体力勝負だった。従って、市場での占有率を高めるには、品質を含む開発スピードと価格競争力がポイントだった。
だから何たって、価格競争力を備える生産のシステム化(完全統合)が勝敗を分けた。
個別の部品の質を極限までたかめ価格を抑制する。別には、部品供給と部品消費(組立使用)の同時化(ベンダー化)の推進、それを緻密に連携させる事で「在庫を持たない」システムを作り上げ、「在庫ロス」による損失を極力防止する。
様々な、生産活動を支える「仕組み」が考え出され、最終消費市場での勝負に賭けた。

でも、「世界同時金融不況」は、この極端なまでに相互の連鎖性で高い完成度を誇るシステムそのものを破壊してしまった。
どうして?市場が冷えてしまい、誰もが不急不要の商材を買わなくなったから。
夢から覚めた事で、「自動車、家電」に表徴される「奢侈品」の消費は世界同時に急ブレーキがかかり、世界の市場で売れなくなってしまった。
すると、この仕組みは、呆気なく崩壊の危機に瀕する事になった。
仕方がないよね!

それで、トヨタは渡辺捷昭社長が引責辞任。それでも「自尊自立」を貫く事を表明!

米国政府から、多額の資金注入を受けるGMも、米国政府の圧力に再三再四抵抗し続けた無能の経営者もようやく辞任を表明へ。
それで、ようやく、米国の世論は落ち着くのだろうか?

ところが日本で一社だけ、意味不明の発言を繰り広げるのが、フランス国営のルノー公団に乗っ取られた「日産自動車」である。
別に、「日産」が変な発言を繰り広げているワケじゃない。
実は、日産を支配する「カルロス・ゴーン」が、自らの「経営無策・無能」を棚上げし、日本国政府へ資金支援を求める発言を繰り返している。

かつて、日本のマスゴミは、日産がルノーから送り込まれたゴーンに占領されたとき、「大きな拍手と賞賛を贈った」事を忘れちゃぁいませんか?

いわく、カルロス・ゴーンは、見事に日産を再建した! (??)

という主張が巷に溢れていた。

その種のバカげた賞賛を与えるマスゴミを、「コラコラコラム」は痛罵し笑い飛ばしてきた。
なぜって、ゴーンは、日産の再建で剛腕を振るったと言われているが、日本の政府の後押し(政策支援=制度支援)を受け、従業員の大量解雇に踏み切る事や、村山工場に代表される「日産」の資産を通常では考えられない方法で叩き売り、負の資産圧縮を図ったに過ぎない。
更に、政府から間接的に多くの支援を受け、その結果、一時的に業績を回復させた(ように外目には見えた)。
方法としては簡単で、カネになりそうな優良資産を売り飛ばして不良資産を圧縮し、資金の回転を変えただけである。

この間、ゴーンが率いる「日産」は「技術開発」と「商品開発」を積極的に行わなかった。
製品の改良も積極的ではなかった。米国のビッグ・スリーと同じ構図だ。

多くのヒトは、「スカイラインGT」を「ニッサンGT」として復活させたとか、「フェアレディZ」を不朽の名車として高々と掲げたとか、「シーマ」の改良型か「プレジデント」の改良型か知らないけれど「フーガ」を売り出したとか、様々な「バブル車両」の発表を引き合いに出し、ゴーンの成果を強調する声もあるにはある。

でもね、それらの車種で「日産」の業績は回復したか?
世界に冠たる「NISSAN」になったか?
ならなかったじゃないか?!

それらの車種で、全「日産」が喰えるほど潤っているかぃ?
潤ってないじゃん!

一番、稼がなきゃぁならない「中級車」市場、「大衆車」市場じゃ惨憺たる業績じゃないか?これは全てゴーンの政策の結果だよ。

最初の頃は、日本政府の制度支援があったから、業績が良いように見えただけで、つまり厚化粧っていうか、ハリボテだったっていうか、無責任で無能な経営者の顔を隠し続けられただけだよ。

だって、この間、ゴーンが率いる「日産」は、基礎技術開発なんてやったのかね?
新しい「大衆車」のヒットはあったかね?
ミドルが欲しがる「中級車」のヒットはあったかね?

ゴーンの収入は確実に増えたよ!
ゴーンの収入はゴーンと増えてんだよ!
でも、その陰で「日産」の業績は着実に下降へ向け舵を切ってたんだよ。

そこへ、この「世界同時金融不況」が襲ってきたってワケだ!

同業他社は、必死で「自助努力」の途を模索し格闘している。

ところがどうだ、ゴーンは、いち早く「日本政府は、自動車業界を救済すべく、迅速に資金支援をせよ!」と、業界全体が呆気にとられる発言を高飛車に繰り出したんだよ。

つまり、国(政府)は「日産」の苦境を助けるために「カネ」を出せってんだよねぇ。
まずは、テメーの収入を抑え返上し、次にテメーがこれまで散々巻き上げ喰い散らかしても蓄財した、テメーの財産を注ぎ込むのが先だろうが?

このフランスが植民地にしたレバノン生まれの根っからの「植民地主義者(=腐りきったエリート)」は、自分を抑制する前に「日本の国からカネを巻き上げる」考えなんだねぇ。
「恥知らず」ってのは、ゴーンのようなクッソ野郎に相応しい褒め言葉だよ。

そこで、30日の「夕刊フジ」の記事から、ゴーンに関連する部分だけ引用紹介しとくから。
ゴーンよ、無能を悟り、これまでの搾取マガイのお楽しみ三昧を懺悔しろ、その上で、これまで巻き上げた資産を返却しろ、その上でなら、支援を受けてもイイんじゃないか?

その理由は、「日産」は日本国の自動車産業としては宝だからだよ!
決して、「フランス国営ルノー公団」のためじゃぁないからね。
一日も早く、国へ帰れよなぁ~!カフェ・オレってドォーレ、オレのカフェオレドォ~レって、寝言でもほざいてろぉ~!
日本の自動車業界と関連業界は、ゴーンのペテンに目を覚ませ!

日産の従業員は腰抜けでないなら、ゴーンに、カルくロスせず確実にゴーンと一発見舞ってやれぇ~!

引用開始→「赤字引責」続々のなか…日産“ゴーン”神話にも陰り (夕刊フジ)

赤字転落で“退席”が大きな流れとなるなか、違う道を選ぶトップもいる。

日産自動車は今期、2650億円の最終赤字に転落する見通しで、1990年代後半の経営危機からV字回復させたカルロス・ゴーン社長(55)の神話にも陰りが見えてきた。

目標を達成できなければ責任を取るとしてきたゴーン氏だが、今年2月の決算説明会では「株主の判断を仰ぐことになるが、適切なタイミングがあるので、そのときに考えたい」と述べるにとどめた。←引用終わり
ZAKZAK 2009/03/30

|

« 「和製スターリン・小澤一郎」と、花田編集長のWILLは特集し! | トップページ | 念願の「皇居内堀周回コース」桜の下を走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「和製スターリン・小澤一郎」と、花田編集長のWILLは特集し! | トップページ | 念願の「皇居内堀周回コース」桜の下を走る »