« 「東京の桜」、「靖国」の桜、「千鳥ヶ淵」の桜、内堀を歩く | トップページ | 日産は、ゴーンに「ゴーン」と一発見舞う方がイイぞぉ~! »

2009/03/30

「和製スターリン・小澤一郎」と、花田編集長のWILLは特集し!

ホントにヒドイ政党だよ。政策があるワケじゃなくって、どうやら「政権(=利権)を獲る事だけが目的」らしい。確かに「コラコラコラム」は、これまで「民主党」を単なる「選挙互助会」だと揶揄し続けてきたけれど、やはり、これが民主党の本質で「政権(=利権)獲得」だけが目的なんだと、衆議院総選挙に勝つために小澤が不適切(国民からの逆風)なら、仕方がないから党のカシラをつけ替えるのだと、思わずポッポ・トリガラは本音を吐露しちゃった。

別に政策らしい政策を準備するワケでもなく、何よりも「国家の枠組み」に影響を与える基本政策もまとめられず、尤も「党の綱領」すらないのだから、仕方がないのだろうけれど、それでも「政権(=利権)交代!」「政権(=利権)獲得!」を主張しているワケだ。

思えば不思議な政党だ。

政策を議論する側は「若い衆(実際には中年だけど)」で、議席という数を確保する手足は労組(=連合)だし、選挙を仕切る号令係は不在だったから、ここは一番、剛腕と呼ばれる小澤一郎を、ポッポ・トリガラが「音羽御殿」に眠るカネの力で、強引にスカウトし「政権(=利権)獲得」へ向けた組織整備を終えた。
つまり小澤一郎は傭われカシラなのである。
だから、ポッポ・トリガラは、ゼニに汚い小澤の性癖が過ぎた程度で、「政権(=利権)交代」が実現できなきゃ「元も子もない」のである。

その小澤一郎が、ボディーガード役として連れているのが、ゴロ・ピンちゃん(石井 一)である。ほとんど政治屋としての命脈は尽きていたのに、アベカワモチが主宰した前回の参議院議員通常選挙で、ジブントォの大敗を受け、図に乗り比例区で当選しちゃったんだから、「オドロキ、モモノキ、センキョノキ」ってワケだよ。
でぇ、先日のコメントになるワケさ。
10年かけて、政権(=利権)交代できるところまで辿り着いたのに、いまさら、諦められるか」ってのは本音だよ、ホンネ!

そう言やぁ、ポッポ・トリガラが以前、カシラとして最初に傭ったのはイッカン・ナットォであり、次が叩き売り大将の小倅ミカヅキ・オカダだし、それで転けたって理由で、今度は政策がウリのオタク・ボンバラだった。
オタク・ボンバラは、予想に違わず流石に世間知らずで、偽メール事件で事実確認もせず踏み込み過ぎ大恥を掻き呆気なく瓦解しちゃった。

でぇ、ここで傭われカシラの最後の切り札として担ぎ出されたのが、イワテは水沢の百姓屋の小倅で悪態の限りを尽くす、別名オオカミ老年とも揶揄されるイスワル原理主義が心情のトツベン・オザワである。
とにかく、最も旧弊な自民党体質(現在の自民党でも半分以上は捨ててしまってる)を創出した元祖・田中角栄から正当に受け継ぎ、総本家を名乗れるまでの正当性をトツベン・オザワは保つのだ。
田中角栄→(竹下登)→金丸信→小澤一郎へとリレーされ「ゼニコン総本家」筋のゼニカネを脈々と受け継いでいる。
それじゃぁ、エチゴのオオカミ・ババァはどうなんだ?と問われりゃぁ、
それは、タナカ金脈「トリヤ乃ガタ・宗家(生業・自営)」である。
婿養子の旦那を従え、今日も永田町と長岡で新しい金脈開発とスキャンダル爆弾の投擲に多忙なようだ。

しかし、ポッポ・トリガラは、親子三代、政治に携わっている事もあり、「音羽御殿」には「金鉱脈」があり掘っても掘っても途切れることがないらしい。
でも、掘り続けるといつかは枯渇するから、新しい金鉱脈(政権=利権)必要なのだ。
それで、傭われカシラを準備するってワケだ。

国会が多少なりとも面白いのは、
ポッポ・トリガラとアッホォ・タロォの「オイラのジイ様自慢」くらいである。
そう言やぁ、アッホォ・タロォも遊んだというジイ様の「大磯御殿(別名:海千山千楼)」は漏電が原因とかで全焼しちゃったという。残念だねぇ~?!

ポッポ・トリガラ兄さんよぉ、「音羽御殿」くらいは大切にしとけよなぁ~!

ところで、以下の記事が日経にあったと、学恩を頂戴する大学院の先生からメールで受信

受信メール:
引用開始→ 日本は「バナナ共和国」のよう 米メディアが政治家を批判
(日経2009/03/29 07:00)

米国の主要メディアで日本の政治家を批判する記事が相次いでいる。米誌ニューズウィーク(アジア版、3月9日号)は「アタマのない東京」という見出しで長文記事を掲載。短期間で相次ぎ辞任した日本の首相らの写真を並べ「日本はビジネス、文化、テクノロジーの主要勢力なのに、バナナ共和国(banana republic)のように運営されている」と指摘した。「バナナ共和国」とは政情が安定しない小国を皮肉る表現だ。

小沢一郎・民主党代表の公設秘書の起訴をめぐっては米紙ワシントン・ポスト(3月25日付)が「汚職と無能は日本政治の二大災難」と書いた。米紙ニューヨーク・タイムズ(3月15日付)は次男を後継指名した小泉純一郎元首相の選挙区で東大卒の27歳の弁護士が民主党から出馬を目指しているが、「小泉王朝を相手に勝ち目は薄い」と指摘した。←引用終わり

ここでお返しメールには、
千葉の知事」が「森田健作」なら、「バナナ共和国」の首相には「吉本ばなな」が最適ではと、勝手なメタファーを拡張してみたりですねぇ。

ミンチトォは単なる「選挙互助会」だ。「選挙遊びで、政治をやろう」っていう根性がダメだねぇ~!
でも「政権(=利権)交代」、「政権(=利権)獲得」は選挙で勝たなきゃぁ手に入らないからなぁ~?
選挙で勝てるならトツベン・オザワ!
選挙で負けそうならゼニコン事件で引責辞任!

そりゃぁ、違うんじゃぁなにのかぃ?
そりゃぁ、国民をバカにし、愚弄してんじゃぁないかねぇ~?

さて、まとめといきますか。
29日の新聞広告で目にした「WILL」の記事は、「さらば小澤一郎」だと。
その中で、一際、目を惹くのが「和製スターリン・小澤一郎」の記述だ。
今日、ちゃんと手当てして読んでみよう。
このところ、低迷気味だった花田親分率いる「WILL」だけど、今回は目を惹きますねぇ!

皆様にもお勧め申し上げます!

引用開始→ 総選挙前の小沢氏辞任に言及、鳩山幹事長 世論を見極め
(asahi.com 2009年3月29日19時0分)

民主党の鳩山由紀夫幹事長は29日、小沢代表続投に国民の理解が得られず政権交代が難しい情勢になれば、衆院解散・総選挙の直前に小沢氏とともに辞任する考えを示した。小沢氏の下で信頼回復を図るものの、最終的に新体制で総選挙に臨むこともあり得るとの見方を示したものだ。

鳩山氏は同日、東京都内で記者団に、26日の小沢氏との会談内容を紹介。鳩山氏が「できる限り支える。それでも国民が『この執行部では無理だ』と判断して政権交代が非常に難しいとなった時にはお互いに責任を取ろうじゃありませんか」と伝え、小沢氏は「わかった」と応じたという。解散直前に党独自に実施する情勢調査を見極めて最終判断する考えだという。

一方、鳩山氏は「この執行部で体制を整えて国民に訴えていけば、十分政権交代できる」とも語り、小沢氏とメディア、検察の説明責任に関する調査チームを第三者機関として設ける考えを表明した。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« 「東京の桜」、「靖国」の桜、「千鳥ヶ淵」の桜、内堀を歩く | トップページ | 日産は、ゴーンに「ゴーン」と一発見舞う方がイイぞぉ~! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「東京の桜」、「靖国」の桜、「千鳥ヶ淵」の桜、内堀を歩く | トップページ | 日産は、ゴーンに「ゴーン」と一発見舞う方がイイぞぉ~! »