« 東京地検「西松爆弾」を、民主党・小澤一郎の頭上で炸裂させる! | トップページ | 小澤一郎氏の「腕力が一人『超法規的存在』である」ワケはない! »

2009/03/05

東証マザーズ、上場基準をスッキリさせるのがよい!

東京証券取引所も「東証マザーズ」の上場基準と維持基準を明確にするという。
最近の状況を冷静に見ると、当たり前の事だと思うが、とは言うものも「東証マザーズ」が果たした役割もマンザラではなかった。

それなりに「開発力」「技術力」「市場競争力」「支持率」を持つ企業は、「東証マザーズ」をステップに大きく踏み出す事ができた。特に最初の頃の「マザーズ上場会社」のいくつかは形を整える事ができた。この点は積極的に「評価」したい。

しかし、世間にはイロイロ様々な事業者が溢れており、その上で「一攫千金」を狙うヒトもいるのが世の常である。
いつ頃からか定かではないが、「エッ!あそこの会社が『東証マザーズ』へ上場するの?」と思わず耳を疑った企業もあった。
「幹事証券会社はどこだ?」、「何を考えているのだろう?」と、思わず疑ったりした。

当該会社は、無事上場を果たし、事前予想に違わない「初値」がつき、創業社長は自身に裏付く満面の笑みで有頂天に見えた。「勝ち誇っていた」なぁ。

しかし、有頂天とはよく言ったもので、上場時点が最高だったと記憶している。
マザーズ上場に向け、ガンバリ無理を重ねていたから、その後は、安定した水平飛行で上昇はなかった。
そして、くたびれたのか、やがて「事故に巻き込まれ」たという事にしておこう。
「東証マザーズ」を維持する事ができなくなった。

その是非を論じようというワケではない。
しかし、「東証マザーズ」は、上場基準が甘いなぁと感じたというのが本音だ。
健全な資本市場というか証券市場を確立するために、「上場基準」や「上場維持基準」を明確にした方がよいと、常々「コラコラコラム」は考えていた。

引用開始→ 不良企業は「強制」退場! 東証マザーズに“大ナタ”
(2009年3月2日(月)17時0分配信 夕刊フジ)

企業不祥事や不透明な資金調達が相次いでいる新興市場、東証マザーズに2009年度にも大ナタが振るわれる。1999年11月の市場創設から10周年を迎える同市場。東京証券取引所では、投資家離れが進む現状を打破するため、上場廃止基準を大幅に厳格化。場合によっては、不良企業の「強制退場」も辞さない構えだ。

約200社が上場するマザーズは、東証1部、2部を目指す企業の「ステップ市場」としてブランドを確立し、ほかの新興市場との差別化を図ってきた。99年の市場創設以降、8社に1社が市場変更で「格上げ」されており、証券界でも一定の評価は得ている。

ただ、国内に6つある新興市場が上場基準を緩和し、企業誘致を競った結果、市場の質が著しく低下したのも事実。

「新興市場では現在、時価総額の維持や経営再建を目的に、第三者割当増資を乱発する企業が増加傾向にある。大量の株式発行で既存株主の権利が大きく侵害され、新興市場は“株券造幣局”とやゆされるほどだ」(兜町筋)という。

「マザーズは一定の役割を終えたのでは」-。昨年12月、有識者で構成される東証の上場制度整備懇談会で複数の委員がこう切り出した。同じ新興市場であるジャスダックが昨年末に大証の傘下に入り、数年後には大証ヘラクレスと統合する。証券業界でも、大証・ジャスダック連合の誕生を機に、新興市場のあり方を見直す機運が高まっている。

「マザーズ改革の背景には、東証が4月に設立する新興企業向け新市場『TOKYO AIM』の存在も関係している」(同)とされる。

同市場は英文や海外会計基準での情報開示を認め企業側の負担を大幅に軽減する一方、取引参加者を機関投資家などプロに限定するのが特徴。この市場が始動すれば、当然、マザーズの存在感は薄れていく。

東証は今後、マザーズに4、5年以上いる既存企業に対し、向こう2、3年をめどに1部、2部へのステップアップを義務付けることなどを検討する。予定通り成長できなかった場合には、企業財務の目利きだけが取引に参加する「TOKYO AIM」への移行を促し、そのうえで上場廃止を迫る可能性もある。

マザーズ改革案が実現すれば、マザーズに10年も居座る企業が退場するだけでなく、新規上場企業数も激減すると予想される。証券界は「事実上の市場消滅につながる」(大手証券役員)と複雑な反応を示すが、反社会的勢力を排除するメリットも指摘されている。

東証がどんな大ナタを振るうのか注目される。←引用終わり
Copyright(c) NIFTY 2009 All Rights Reserved.

|

« 東京地検「西松爆弾」を、民主党・小澤一郎の頭上で炸裂させる! | トップページ | 小澤一郎氏の「腕力が一人『超法規的存在』である」ワケはない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京地検「西松爆弾」を、民主党・小澤一郎の頭上で炸裂させる! | トップページ | 小澤一郎氏の「腕力が一人『超法規的存在』である」ワケはない! »