« 「ITソースコード強制開示」強行なら、売ってやるな、中国市場を捨てよ! | トップページ | 中国は「知財」管理はおろか、中国は「恥罪」管理もできない。 »

2009/04/27

豚インフルエンザですか、困りましたねぇ!

2008年~2009年は、インフルエンザが大流行の兆しとかで、警戒・厳戒なのかどうかってとこでしたが、A型ウィルス、B型ウィルス、香港型、スペイン風邪、いろいろ騒がれいずれも一級警戒だった。
何よりも「鳥インフルエンザ」も厳戒中だったのに。それじゃなくって、「豚インフルエンザ」がメキシコで突発したって?!
インフルエンザが変化し、動物を介し「ヒト」へ転移しているようだ。

恐ろしいのは、発生地のメキシコで大量罹患者がいるのは当たり前として、隣国の米国各地でも、それ相応に罹患者がいるって事だ。
メキシコと直接の隣接関係がないニューヨークで8人の高校生が罹患しているらしい。
カナダでは、メキシコから帰国した、これも高校生が罹患しているとか?
あるいはニュージーランドでもメキシコからの帰国者が罹患の虞あり状態らしい?

まだまだ、情報は整理されているとはいえない状況のようだから・・・・・

日本も罹患者を抱えないよう、月並みながら、政府が十分な対策を速やかに行うよう期待するのみである。

引用開始→ 豚インフル もし「フェーズ4」ならこんな事態に
(asahi.com2009年4月27日7時43分)

世界保健機関(WHO)が警告レベルのフェーズ4を宣言すると、各国政府はウイルスの国内への侵入や拡大を防ぐための取り組みを始める。発生国との間で出入国が制限され、経済的に大きな影響が出ることが予想される。

日本政府の新型インフルエンザ対策行動計画によると、政府の対策本部が感染症危険情報を出し、国民に渡航の延期を勧告する。事業者には発生国への出張を避けたり、駐在員を帰国させたりするように求める。

定期航空便の運航が止まった場合は、政府専用機などを使って駐在員らが帰国できるようにする。

発生国からの旅客機の着陸は4空港(成田、関西、中部、福岡)に、客船は3港(横浜、神戸、関門)に限定し、検疫作業が集中的にできるようにする。発生国の人に対する日本の査証(ビザ)発行も制限する。

インフルエンザは感染しても最初の数日間、症状が起きないまま潜伏する傾向がある。このため、入国した人の中に現地で感染した可能性が高い人がいた場合は、発熱などの症状がなくてもホテルなどに最長10日間ほどとどまってもらい、感染が広がらないようにする。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« 「ITソースコード強制開示」強行なら、売ってやるな、中国市場を捨てよ! | トップページ | 中国は「知財」管理はおろか、中国は「恥罪」管理もできない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ITソースコード強制開示」強行なら、売ってやるな、中国市場を捨てよ! | トップページ | 中国は「知財」管理はおろか、中国は「恥罪」管理もできない。 »