« 中国では、「コラコラコラム」へのアクセスは禁止だそうです! | トップページ | 玄鳥・燕が、眩しい新緑と初夏を運んできたかな »

2009/05/02

「クライスラー」も潰れたし、あとは「GM」かなぁ・・・

これを機に、米国は金融資本主義から生産資本主義へ立ち戻る事だろぉなぁ~!

日本も、他山の石とせずですね、同じ事ですよ。
「国を挙げて『金融・強奪』の資本主義」から「確かな『生産』を伴う資本主義」へ、この際、立ち返る事が必要じゃぁないですかねぇ。
よい機会だと考えますけどねぇ。

「カネ」を貸しつけて「収奪」するだけでは、本来の「生産力」や「生産技術力」は高まらないですからねぇ。
また「カネ」が「カネ」を産むという、「カネ回転」による「消費市場」の創出は、悪くはないけど、それだけじゃぁ、いわば「ネズミ講」みたいなモノですからねぇ。
当たり前の事だけど、必ず、いつかは「破綻」しますよねぇ。

「マーケティング」という思考方法を考え出した米国で、多くの製造業は、「市場・顧客」という「マーケティングの原点」を忘れ(省みず)、その場で、その時「利益を最大化できる」事のみに神経を集中させ、地道に開発すべき事(資金・開発技術・人材)を捨て去り、その殆どを「消費」しちゃったじゃないですか。
残されたモノ、それは「市場のニーズ」とは懸け離れ、適正な「市場競争力」を欠く「ポジションも顧客支持も得られないブツの山」だったワケでしょう。

例えば、自動車でも「日本車」が敵なのではなく、現実に「米国市場で支持される」商品構成を形成したから、米国の消費者に支持されているワケじゃないですか。

それを横目に「旧弊な思考と、その場凌ぎの『カネ儲け』を優先し続けた」ワケでしょう。
結果は、新車の開発能力も技術力もどこかへ消えちゃったワケですよ。

デトロイトの「カネと未来」は「ウォール街の金融マフィアに吸い取られちゃった」とも言えますよね。

ホントに「テキトォ~な『モノ』を製造してさぁ、それを『ローン』で買わせ、その上前『高額利息』を強奪する」って、酷い話だよねぇ~!
この構造がマンガチックなまでにブラックユーモアなのは、
時、処と条件を入れ替えれば、
「収奪されている側も、収奪する側である。また、その逆にもなる」って事ですよ。

"米国経済は「カネ貸し」による「カネ貸し」の「カネ貸し」のための仕組み" から脱皮しなきゃぁ、「米国の製造業は堪らないワ」。

できますかね、大統領?!

おそらく、できねぇだろうなぁ?!

でぇ、米国に巣喰うジューシーな「カネ貸し」ドモの口と手で、「世界は破綻」の危機に追いやられるってワケですよねぇ。

いま、米国は「例え、明日、地球が滅びようとも、キミはリンゴの樹を植える」って心境でしょうかねぇ?
それなら、まだ多少は救われるんだけどねぇ~!

そんな中、米国のバブルに酔い続けた、わがニッポンのトヨタですが、
苦戦してますねぇ~!
かの長嶋茂雄・元監督の何かのコマーシャルじゃないですけど、
「苦戦してますか?」、「苦戦してますか?」、「苦戦してないですか?」、「苦戦してますか?」、「苦戦してないですか?」って状況みたいですよねぇ。
次に向けて「苦戦して下さい!」。儲かりゃぁ何してもヨイって思考を「反省して下さい!」。

引用開始→ 4月の米新車販売、34%減 トヨタはフォード下回る
(日経NET 2009/05/02. 06:32)

【ニューヨーク=米州総局】米調査会社オートデータが1日発表した4月の米新車販売によると、販売台数は81万9540台と前年同月比34.4%減となり、18カ月連続の前年割れとなった。トヨタ自動車が同41.9%減の12万6540台となり、31.3%減で12万9476台だったフォード・モーターを1年2カ月ぶりに下回った。ゼネラル・モーターズ(GM)は33.1%減。4月30日に米連邦破産法を申請したクライスラーは48.1%減と大きく落ち込んでいる。←引用終わり
Copyright 2009 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

クライスラーが、市場競争力を持つ「新車」を開発できるとは思えない。
開発しても、これまで散々な目に合わされてきた「米国の消費者」が、支持を与えるとも思えない。
クライスラーの再建は多難だろう!GMは更に困難だろう!

引用開始→ 米クライスラー、早期再建に高い壁 長期化なら消費者不信も
(日経NET 2009/05/02. 07:00)

【デトロイト=小高航】米自動車3位のクライスラーが4月30日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。これまで「大きすぎてつぶせない」とされてきたビッグスリー(米自動車大手3社)だが、「変化」を求めるオバマ大統領が「スピード再建」を求めて法的整理に踏み込んだ格好だ。同社は伊フィアットと提携、米政府の全面支援で出直すが、消費者のつなぎとめや部品メーカーの経営維持など課題はなお山積している。

クライスラーは今回、優良資産の受け皿会社を設立。不良資産や債務を切り離し30―60日の短期で破産法手続きの完了を目指す。頻繁に破産法を活用してきた航空業界などと異なり、自動車会社は高額商品を供給するメーカーだ。破産手続きが長引けば、イメージや信頼性が悪化し消費者離れが避けられない。←引用終わり
Copyright 2009 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

米国もカナダも、政府として、放置するワケにはいかない。
苦しい事だろう。それでも100億ドル(約1兆円)では、どうでしょうかねぇ?
カネをドブへ捨てる事になりませんかぁ?

引用開始→ クライスラー、米加政府が1兆円支援 早期再建へ受け皿会社
(日経NET 2009/05/01. 12:06)

【デトロイト=小高航、フランクフルト=下田英一郎】米クライスラーは30日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表した。米国、カナダ両政府が計105億ドル(約1兆円)を拠出、再建を全面的に支援する。クライスラーはイタリアのフィアットとの資本・業務提携でも同日、最終合意、当初2割の出資を受け入れる。破産法の手続きに沿い資産を新会社に移管、経営陣も刷新し早期の再建を目指す。

同日、米ニューヨーク市の破産裁判所に破産法適用を申請した。資産規模は約500億ドル(約4兆9000億円)で、米製造業の破産法申請では過去最大規模。負債総額は昨年12月末時点で552億3300万ドル(約5兆4000億円)。

米メディアによると1日にも審理に入り、30―60日の短期間で破産法手続きの完了を目指す。4日から破産法手続き完了までの間、北米の大半の工場を休止する。←引用終わり
Copyright 2009 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

クライスラーを支援する側が、イタリアの「フィアット」ってんだからねぇ?
「フィアット」は、まず、自社の処理をしてからでしょうが?
どこに、そんな「カネと技術」があるんだろうか?

引用開始→ 米クライスラー、破産法申請を発表 フィアットと提携合意
(日経NET 2009/05/01. 03:59)

【ニューヨーク=米州総局】米自動車大手のクライスラーは30日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を、ニューヨーク市の破産裁判所に申請したと発表した。破産法手続きは30―60日での短期決着を目指す。同時に、イタリア自動車大手のフィアットと提携することで合意したことも明らかにした。米政府は追加融資などでクライスラーを全面支援する方針を表明している。←引用終わり
Copyright 2009 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

|

« 中国では、「コラコラコラム」へのアクセスは禁止だそうです! | トップページ | 玄鳥・燕が、眩しい新緑と初夏を運んできたかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国では、「コラコラコラム」へのアクセスは禁止だそうです! | トップページ | 玄鳥・燕が、眩しい新緑と初夏を運んできたかな »