« ベトナム独立への大転換、ディエン・ビエン・フー(奠辺府)の劇的勝利55周年を祝す! | トップページ | テレビ各局は、無責任にオバカ番組を垂れ流し「死屍粉塵」の日本を創り出した! »

2009/05/09

名古屋市長も大阪府知事も、首長としての「品がない」ワ!

大阪府民が、テレビで送出されるイメージの空中戦により「軽佻浮薄」の橋下徹氏を知事に選んで1年と数ヶ月。
先日は、名古屋市民が、テレビによる従来の送出を含め空中戦をフル活用した「鈍重愚備」の河村たかし氏を市長に選び出した。
もっとも、河村氏は、お得意の自転車によるドブ板・地上戦でも人気を博したようだが。

いずれも、「民主主義」の原点(言えばいえる)の「(大衆的)市民の支持」を獲得するために、あらゆる手練手管を繰り出し繰り広げたワケである。
その手法は、小泉純一郎氏が率いた郵政選挙と同じく「徹底した『ポピュリズム』である」。
いわく「国は悪徳である!」「(国の)官僚は悪い!」「仕事をしない職員は叩き出す!」などに集約されるか・・・・・・・
(二人の主張のポイントを拾っただけ)

いわゆる市民の心底、腹の底へ響き渡る大音声で、とりあえず「選挙期間中には反論しない側」で、あきらかに誰もが日常的に「不平不満」を沈殿させている対象を徹底攻撃するワケである。

それに共感(しやすい)する「市民」の票を奪い、目出度く当選を得たワケである。

でも、実際には、首相としての小泉純一郎氏が、繰り出し繰り広げた「政策」で、結果として今日の苦闘する日本が形成されたワケである。
ほぼ毎日、まるで呪文のように聞かされ続けた「構造改革なくして経済成長ナシ」へ、珍奇で稚拙なポピュリズムに乗せられた側は実に多くの支持を与えた。
まるでバブルのように多大な支持を与えた側は、現在、その結果に襲われ、自らの足下を徹底的に突き崩され破壊されている。因果応酬の見本みたいなハナシだ。

まぁ、それと似たような選挙戦で当選を得たのが、橋下大阪府知事であり、河村名古屋市長である。

いま、大阪府民へは、従前に蓄積され続けていたマイナス分も含め、「橋下改革」が襲いかかっている。
一般論として、足下を掬われるのは大体が弱者である。
大阪府は、実に興味深い現象「行政サービスの低下」が日々、連発されている。
(これを河村名古屋市長は『ふざけている』と、強く『批判』したワケである)

一方、河村名古屋市長は、「名古屋の市民税を10%下げるでヨォ~!」がウリである。
そのためには、役所の無駄を切り詰めさせる。いわばケチケチ大作戦だ。
自らも、市バスを利用して市役所へ登庁する徹底ぶりのようだ。
(窮極のエコ、自転車で登庁通勤しないのか?)

続いて、市役所OBがトップを占める外郭団体攻撃を開始、「天下りはイカンので、辞任させる!」と、攻撃の手を緩める気配はなく、ここでも当面の人気取りによる稚拙なポピュリズムを勇躍させ続けている。(人気取り政策が途切れると支持率もダメになるのだろう)

行政が、見えるのはよい事だが、毎日まいにち「パフォーマンス」を繰り広げられたら、職員は仕事にならないし堪らない事だろう。
で、少しでも批判、あるいは反論しようものなら、「徹底的に再反論(再攻撃)の餌食にされ、挙げ句は露と消える事に成り果てる」なら、「聞いたフリをする」のが流行する事だろう。徹底的に「聞いて、強く賛同し、時間をかけて何もしない」という事が流行るだろうなぁ~。中国では日々繰り広げられる「上に政策あれば、下に対策あり」を、大阪府でも名古屋市でも職員は実行するワケだ。

迷惑なのは、その種の人を結果として選び出した「市民」である。
まぁ、「因果応酬」というワケだが。

ついでに「宮崎」はどうだ?!
鳴り物入りで知事の座を得た御仁は、県庁にいる時間より、テレビに出るために拘束される時間の方が多いのではないか?
後は、宮崎の産品を全国へ売り込みに歩いている(という名目で、実は東京に居座っているとも揶揄されている)。
そうか?!「知事の仕事って、産品の営業マンが主業務だったのか?」、それは知らなかったなぁ~!だったら「全国の知事の殆どは、全く仕事をしていない」って事にもなりますねぇ。

いずれにしても、自らの支持基盤というか支持層である「砂のような大衆」を掴み続けるために「際どい政策、際どい発言」を繰り出し「パフォーマンス」で得点基盤を構築しようとする「首長」はいずれも「品」がない。ハッキリ「品位」を欠いている。

際どいポピュリズムに頼るのは「北朝鮮」と同じ構造ではないか。
確固たる基盤を欠くにも関わらず独裁的に振る舞うには、「際どいパフォーマンス」の連発を欠かす事ができない。
「ポピュリズムという名の『衆愚政治』そのもの」である。
政治の場は、テレビのスタジオや画面ではないと申し上げておこう。

もう暫くすると、いずれの「市民」も、結果として「何も得られず」、窮極の衆愚政治による大きな疲労感に襲われる事だろう。

歴史の常として、ローマ帝国の時代から今日まで「衆愚政治」を許すと、だれが「ふざけて」いたのかは別にして、関係する「市民」へ決済日は静かに確実に巡ってくるのである。

引用開始→ 河村名古屋市長、テレビで怪気炎…橋下知事を「ふざけとる」
(2009年5月8日(金)23時19分配信 読売新聞)

名古屋市の河村たかし市長は8日、読売テレビ(大阪市)のバラエティー番組「たかじんのそこまで言って委員会」に出演した。

市長就任後、東海地方以外のテレビ局の番組に出演するのは初めて。

河村市長は番組の中で、市民税減税の意義について説明。共演者の一人から、「橋下徹・大阪府知事は歳出削減という事実上の増税政策で府民から支持を得ている」と水を向けられると、「増税でリーダーになろうなんてとんでもない。ふざけとる」と語気荒く答える場面もあった。

さらに、「市民サービスが減らされるのでは」という質問にも、「あるわけない。もっと増えますよ」と自信満々に答えた。

番組は10日午後1時半から中京テレビで放映される。←引用終わり
Copyright (C) 2009 読売新聞社
Copyright(c) NIFTY 2009 All Rights Reserved.

|

« ベトナム独立への大転換、ディエン・ビエン・フー(奠辺府)の劇的勝利55周年を祝す! | トップページ | テレビ各局は、無責任にオバカ番組を垂れ流し「死屍粉塵」の日本を創り出した! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベトナム独立への大転換、ディエン・ビエン・フー(奠辺府)の劇的勝利55周年を祝す! | トップページ | テレビ各局は、無責任にオバカ番組を垂れ流し「死屍粉塵」の日本を創り出した! »