« 「キリン」と「サントリー」の経営統合を歓迎!次は「スーパー・ゼネコン」に決断を迫る! | トップページ | 2009年 京都・祇園祭(宵々々宮)見物へ、人 ひと ヒト、人の波が押し寄せる! »

2009/07/15

事前の想定どおり7月21日解散 8月30日衆議院総選挙!

勝てようが、勝てまいが、そんな事は、もうどうでもイイのだろう!

これは都議選の結果に拘わらず、これ以外に、衆議院の解散日程は組めないというのが、一般的な読みだった。

従って、12日夜半(21:35)に、某先生から「これから、どうなるの?」と電話で問われたときにもお答えしたとおりだ。

いわば、予め準備されたスケジュールの上を進んでいるだけなので、もう劇的なドキドキ感などはありませんねゼロですね。

いまさら、表紙を変えても、若年層に交代させても、もはや無理ですね。
それを議論するなら、昨年9月の段階で、もっと激烈に「総裁候補」を篩いにかけるべきだったんだよ。
それもせず、いわば雪崩をうつように、キングギャングのペッタンコモリモリの指示に従い、検証もせず疑念も何も持たないまま、現在の表紙を選んだワケで、その事を棚上げしちゃって、いまさら「表紙」程度を変えたところで、「もう遅きに失す」だろうと「コラコラコラム」は考えている。

「まるでのうそまろ・バカセ」の説によると、日本の民主主義の民度なんて、所詮はこんなモノだろうから、「談合マスゴミ」が相当な「カゼ」でも吹かせない限り、政権交代は避けられないだろうとの事だ。

実に面白いのは「自民党」が、野党共同提出の「内閣不信任決議案」を「自民党+公明党」でハッキリ否決したそうだ。
ホォ~!それは、当たり前の事なのだが、思わず「ホォ~!」と感想が溜息のような場違いな空気に充たされる事が不思議でならない。

「自民党+公明党」は出席者全員で「内閣不信任決議案」を否決したのだから、民主党の鳩山代表ではないいが、これで「麻生降ろし」が起きる事はないだろう!
起きれば、奇怪千万という以外に言葉ナシ途ナシである。

厭戦ムード、白けムードの衆議院は、もう「打つ手無し」状態のようだ。

ここまで無責任な国会の姿を見せられてしまうとさぁ、
国会議員の数を減らし、もう少し緊張感を伴う議論の場である事が求められるよね!

どうなの?ホントのところさぁ~?

「類人猿 "まんま" を担ぎ出す事に失敗した」事やら「打ち続く『選挙』で敗北以外に何もなかった」、「鼻曲がりの寝業師」は自らの職務放棄で「辞めてやる!」と勢いよく席を立ったそうである。
ナンジャラ・ホイ?!

ご当人は、真剣な寝技を掛けたと考えたらしいが、一説では「お昼寝の寝技」を繰り出しちゃったようで、技を繰り出した側が「寝技に懸かっちゃった」って事らしいよ。
抜け縄を試みたところ、それが "まんま" 絡みついちゃってさ、「自縄自縛」で身動きとれずで「汗はタラタラ、心臓ドキドキ、お口パクパク」状態だったってぇじゃないか?

一方、「寝業師」を指名した側のタロォちゃんは、お得意の「お口モグモグ」さん状態だから、きょうの永田町方面での会話の中心は、
そのうち
「衆議院を21日に解散するなんて、私から私の口からは一回も申し上げた事はございません」って、言い出し始めんじゃないかって、専らのおウワサだそうですよ!
そうなりゃぁ、その瞬間に「一巻の終わり!」って事になっちゃうだろうからさ、そこまでは言わねぇだろぉよぉ!というのが共通認識なのだが、
でも「この手の『前科』は数え切れないからねぇ!」という、おウワサもチラホラです。

「どうして今日は否決しちゃったの?」って質問した強者記者がいたそうで、
「(選挙)負けるの分かってる側が、おいそれと『衆議院』解散されて堪るかよ!」って言葉を返したそうですよ。
(その御仁は、国会議員には珍しく、実に正直なお方なのでしょうね)

ホントは辞めたくないんだよ!

野党も酷いよね!
日本の社会について、全く責任なんて考えた事もないって状態みたいだねぇ~!
イロイロ様々、小理屈がおありなのでしょうけどねぇ~!

市井の市民には、国会(特に『衆議院』っていうところ)の議員の感覚やら感性が理解できませんねぇ~!?
民主党が、某県で立候補させる人物は、失業中のストレス発散状態で、金欠に喘いでいますからねぇ、そりゃぁ選挙でもしなきゃぁ、日干しになっちゃうから「毎日まいにち、衆議院の解散総選挙」と主張している。
その姿には、哀れみさえも湧いてくるから、相当の同情票を集めるんじゃないかな?
選挙(投票)って同情票を買うって事かぃ?
こりゃぁ、またまた「ナンジャラホイのホイ」って事だねぇ!

アッホォ・タロォが、それなりに「カシコ」っていうか、多少なりとも「お利口さん」に見えたのは、最初の「衆議院本会議」場での「施政方針演説」だった。
ナンたって、与党の党首(首相)がだよ、野党の代表っていうか幹事長に「野党の政策を示せ」と前代未聞の本会議質問を行った頃だ。

畏くも「天皇陛下の御名御璽を頂戴し・・・・・・」ってやってたなぁ!
これに対し、先日代表になった前・幹事長は、
「既に、野党になる事を想定し、与党(総裁)が野党に、政策やらを質問されたのは、凡そ前代未聞のデキゴトで、もういまから『野党』になる準備をしておられるのか?」と皮肉混じりに質問を交わしていた。
あの頃は、アッホォ・タロォの口元もいまほど歪んでなかったよなぁ~!

でぇ、今回も、昨年秋のノリで、民主党を扱き下ろし、アタマに血を上らせたところを、「はたき込み」やら「吊り出し」程度を狙ってんじゃないのかな?
どうも言動から予見すれば、そうかも知れないね。

まぁ、与党は「全議員一致」で、「内閣不信任決議案」を否決したのだから、表紙を変えるなんてバカバカしい事を画策せずに、ここは一番、敵中突破に一身一命を賭して強行突破に出たいのだろうけど、「関ヶ原の合戦」じゃぁあるまいに、島津の大将とは技量も胆力も違い過ぎるから無理だろうって、専らのごウワサのようで。

ここまでコケにせずにさぁ、何とかしてやって貰いたいよね!
誰のためにってさぁ、海外で業務に就いてる日本人のためにだよ!
駐在国で、尊敬を失うじゃないか!
少しは、それを考えてみろよ!

引用開始→ 国会が事実上「閉幕」…野党が審議拒否、選挙戦へ
(2009年7月14日(火)22時9分配信 読売新聞)

衆院は14日午後の本会議で、民主、共産、社民、国民新の野党4党提出の内閣不信任決議案を、自民、公明両党などの反対で否決した。

一方、野党が多数を占める参院では、4党と新党日本が提出した麻生首相に対する問責決議が可決された。これを受け、野党はすべての国会審議を拒否する方針を決め、今国会は28日の会期末を待たずに閉幕状態となった。

首相は21日に衆院を解散する方向で、8月30日の衆院選に向けて与野党は事実上の選挙戦に突入した。

首相は14日夜、首相官邸で記者団に、「不信任案は、自民党でほとんどもれなく(反対と)なったのはありがたい。問責は、麻生太郎総理大臣に対しての問責だったので、私自身、真摯(しんし)に受け止めたい」と述べた。←引用終わり
Copyright (C) 2009 読売新聞社
Copyright(c) NIFTY 2009 All Rights Reserved.

引用開始→ 自民大揺れ、混乱拡大
(2009年7月14日(火)20時17分配信 共同通信)

麻生太郎首相は14日、自民党の細田博之幹事長と官邸で会い、辞意を表明した古賀誠選対委員長の慰留を続けるよう指示した。同党内では首相の退陣を求める中堅、若手議員を中心に両院議員総会の開催を求める動きも加速、衆院解散・総選挙を前に混乱が拡大している。公明党の一部からも首相の責任を問う声が出始めた。細田氏は首相に古賀氏の辞意は固いと報告したが首相は引き続き慰留に努めるよう要請した。←引用終わり
Copyright (C) 2009 共同通信社
Copyright(c) NIFTY 2009 All Rights Reserved.

|

« 「キリン」と「サントリー」の経営統合を歓迎!次は「スーパー・ゼネコン」に決断を迫る! | トップページ | 2009年 京都・祇園祭(宵々々宮)見物へ、人 ひと ヒト、人の波が押し寄せる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「キリン」と「サントリー」の経営統合を歓迎!次は「スーパー・ゼネコン」に決断を迫る! | トップページ | 2009年 京都・祇園祭(宵々々宮)見物へ、人 ひと ヒト、人の波が押し寄せる! »