« 宇宙ステーション実験棟「きぼう」完成!日本の宇宙開発技術の進化を考える | トップページ | 国益を守るなら、フランス政府は「エールフランス」への支援が必要だ! »

2009/07/21

自民党の長老は、真摯に時代の逆風を受け止めよ!ツケが廻ってきた!

世代交代を怠り続け、政治の椅子を自らの固定席化したツケが廻ってきた。
ツケの付け回しが利かなくなっただけのハナシだ!

老いてもアタマの冴えた御仁とも数多く接してきた。
世間では、イロイロ揶揄されるが、故・宮澤喜一氏は「日本の戦後民主主義と経済政策」の生き字引に相応しく、戦略や政策を語ると、本当に聡明な方であった。

しかし、ご自身の引き際は弁えておられた。
かの、小泉純一郎が、自民党の議員年齢制限(定年)を打ち出し、厚顔にも「衆議院総選挙」への出馬を止めるように話をした際、大勲位・中曽根康弘氏と共に、その阿漕な主張を受け入れ、あっさりと政界を引退してしまわれた。

"とらえもん" の評価で言えば、宮澤、中曽根の両氏を、そこいらの「陣笠代議士」と同じに扱う事は認められない。別格であると考えたが、両氏は、変人・小泉純一郎の話を受け入れ政界の表からあっさり引退してしまったのである。

政治は小粒化を重ね、自民党は「ガキの集まり、烏合の衆」と化しただけである。

時は流れ、「陣笠代議士」も派閥の長に収まったりしながら、今日まで生き延びてきた。
聡明というか醜態というか、その判断はそれぞれ様々なようである。

しかし、まだ、衆議院に議席を得ようとし続ける、その執念は何処にあるのだろう?

老体に鞭打っても、それほど政治利権はオイシイのか?
日刊ゲンダイが報じた名前をつらつらと眺め直すと、
中々の御仁がありますねぇ。

この人達の、過去の業績を評価してみればどうだろう?!
「日刊ゲンダイ」は、言わずと知れた「自民党」嫌いであるから、今のところ「民主党」への鉄槌は下さない。
しかし、同様に「民主党」の衆議院議員も高齢者を抱えている。
それらを、同様に冷静に評価してみれば良いのだ。
勿論「選挙の自由妨害」にならないように細心の注意は不可欠だ。

報道各社は、全国一斉に、各議員はもちろん立候補予定者の政策評価を行い報じるべきである。それが「民主主義の根幹を形成」するのではないか。

お引き取り願いたい衆議院議員や参議院議員は、いちいち、申しませんが「山のよう」にいますよ。永田町界隈には堆積していますね。
それらの皆さん、いずれもセンスの一欠片もお持ちじゃないし、イヤだよね。
最近は、此方も事情があり、高輪では、お目にかからなくなりましたが、実に不思議なお方がおられましたからねぇ~。
赤坂へ移られたのかどうか知りませんが、まぁ、目に入らなくなって「清々しています」。

その種の議員を見ていると、国会議員、こんなに(数)要らないだろうと、思わず考えちゃいますよね!
行財政改革の中で、霞ヶ関の改革も不可欠ですが、国会議員の数もねぇ~?
どうですかねぇ~!?
「衆・参」合わせて800人近い数ですからねぇ~?
国は財政赤字で、ねぇ~!
「貿易立国・ニッポン」の外交にはカネが必要ですしねぇ~
財政赤字は、増える一方だよねぇ!
国の無駄全体を考えると、まぁ、国会議員を200人程度ブッタ切ったところで、どうって事はないんだけどね。でも象徴性は高いからね。

まず手始めに、「衆議院350人、参議院200人」ってぇのはどうですか?
議員定年制も導入してねぇ。職業選択の自由だとかっていう「寝言の議論」じゃぁなくってですね!

この議論の中、津島雄二氏は唐突に「世代交代を唱え」引退を表明(7/19)。
自民党税調の会長であり、税制論議を見事に裁き引っ張っる技量を光らせていたが、流石に太宰治の娘婿だけあって機を見るに敏である。血筋が晩節を穢さないように振る舞わせるのか、ナンといわれようとこの点だけは敬服に値する。

引用開始→ 津島雄二税調会長が引退へ
(2009年7月19日(日)12時42分配信 共同通信)

自民党の津島雄二税制調査会長が次期衆院選に出馬せず、引退する意向を固めたことが19日、分かった。自民党青森県連幹部が明らかにした。県連幹部によると、津島氏本人が19日に引退を表明したいとの意向を、同日朝の電話で伝えてきたという。理由は不明。津島氏は19日夕に青森市で記者会見の予定があり、その場で正式に表明するとみられる。津島氏は衆院選で11回当選、厚生相などを歴任。←引用終わり
Copyright (C) 2009 共同通信社
Copyright(c) NIFTY 2009 All Rights Reserved.

自民党の弱体なところは、本来、能力を備える有力人材が、誤ることなく引退への途を選び、「陣笠代議士」が居座りを決め込む点である。何を誤解しているのかと、モノ申したくなる議員とは、国家国民のために代議士をしているのではなく、テメーの生活と名誉のためだけに議席にへばりつく「無能陣笠代議士」を指すのである。
勿論、この種のアッホォ~~代議士は民主党にも数多くいるのだけど。

引用開始→ 自民の大物長老27人 何人生き残れる?
(2009年7月19日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ)

自民党の長老たちが震え上がっている。きっかけは、都議選を振り返った民主党・小沢代表代行の分析だ。民主党が定数8に4人の公認候補を立てた大田区では、30代の新人2人が当選し、50代と60代の現職2人が落選した。選挙分析に長(た)けた小沢は「風を受け止められない候補者はベテランでも飛ばされてしまう」と冷静に言い切っている。追い風が吹く民主党でも、変化への期待を受け止められなければ、50代でも落選してしまうのだ。ましてや大逆風の自民党ともなれば、高齢ベテラン組は絶望的だ。

「最近の首長選を見ても、千葉市長選、横須賀市長選、奈良市長選と、自民党のベテランが野党系の若者にコロリとやられている。都議選でも千代田と中央区の大ベテランが討ち死にだった。有権者は候補にも大きな変化を望んでいるのです。この傾向を読み切った小沢代行は、党内のベテラン組へのテコ入れを強めると同時に、自民党の長老議員たちに対して全滅作戦を練り直していますよ」(民主党事情通)

で、自民党の70代以上の長老議員を調べてみた。息子のような38歳の若手と戦う山梨2区の堀内光雄元総務会長(79)を筆頭に、絵に描いたような哀れ長老議員が多い。27人中、果たして何人が永田町に戻ってこられるか……。

【自民党の高齢議員】

▲/青森1区/津島雄二/79
▲/秋田1区/二田孝治/71
○/山形3区/加藤紘一/70
△/群馬1区/尾身幸次/76
△/群馬2区/笹川尭/73
△/群馬3区/谷津義男/74
○/群馬4区/福田康夫/73
▲/埼玉7区/中野清/73
△/山梨2区/堀内光雄/79
△/東京1区/与謝野馨/70
▲/東京2区/深谷隆司/73
△/東京16区/島村宜伸/75
△/石川2区/森喜朗/72
△/静岡3区/柳沢伯夫/73
▲/静岡6区/倉田雅年/70
▲/愛知9区/海部俊樹/78
△/愛知12区/杉浦正健/74
○/京都1区/伊吹文明/71
△/大阪1区/中馬弘毅/72
▲/大阪17区/岡下信子/70
▲/大阪18区/中山太郎/84
▲/兵庫4区/井上喜一/77
○/和歌山3区/二階俊博/70
△/香川3区/大野功統/73
▲/福岡2区/山崎拓/72
○/佐賀3区/保利耕輔/74
▲/鹿児島1区/保岡興治/70  ←引用終わり
(日刊ゲンダイ2009年7月16日掲載)
Copyright (C) 2009 日刊ゲンダイ
Copyright(c) NIFTY 2009 All Rights Reserved.

|

« 宇宙ステーション実験棟「きぼう」完成!日本の宇宙開発技術の進化を考える | トップページ | 国益を守るなら、フランス政府は「エールフランス」への支援が必要だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宇宙ステーション実験棟「きぼう」完成!日本の宇宙開発技術の進化を考える | トップページ | 国益を守るなら、フランス政府は「エールフランス」への支援が必要だ! »