« 自己満足押し売りチャリティ『24時間テレビ』が嘲笑われている! | トップページ | グーグルは、「ストリートビュー」を止めるべきだ! 総務省はシッカリしろ! »

2009/08/25

ソンミ村集団虐殺の指揮官カリー元中尉が事件を米国内で謝罪したとか!

カリーよ、本当に謝罪するなら、勇気を出してベトナムへ出てこい!
そして、人間として「ソンミ村で謝罪せよ!」。
それが、人の倫であるぞよ!

米国内で刑に服したという事で「人として、犯した罪が消えるワケではない」。
おそらく、多くのベトナム人は「戦争を憎んで、人を憎まず」と言うだろう。

しかし、カリーの命令で、罪もなく虐殺された犠牲者とその家族はどうか?
どう考えるか?
一日たりとも「良心の呵責(かしゃく)を感じなかった日はない」と言うなら、真摯な心でベトナムへ足を運べ、そしてソンミ村で土下座して謝罪せよ。
それがアジアの謝罪である!
罪なき「米作農民」を無慈悲にも、集団虐殺した人としての「罪は生涯、免れる事は無い」。

"とらえもん" には、かつて交流した元米軍兵士(従軍者)の友人たちがいる。
彼らは、かつての戦闘地域へも足を運び、「謝罪」し、その後は、ベトナムの友人として定期的にベトナムへ足を運び「支援」や「交流」を行っている。
元米軍兵士(従軍者)は、自らの良心の呵責に促され、個人的ながらベトナムの地域社会の発展に様々な方法で協力しているのである。
2009年は、3月に恒例どおり南部地域で「真面目にチャリティー」を行った。
10月にも、別の地域へ足を運び地域社会への「応援」と僅かながらも「枯葉剤被害者」への支援を計画している。

カリー元中尉も、ぜひ、この流れに合流してほしい。
そして、自らの手と足で「罪を償い」、ベトナムの地域社会の発展に協力して貰いたい。
その姿を目にした時、ベトナムの人民は、カリー元中尉を許す事だろう。
そして真の友人になるだろう。

引用開始→ ソンミ村虐殺事件を謝罪 米陸軍元中尉、41年後に
(産経MSN 2009.8.23 09:40)

19日、米ジョージア州コロンバスで、ベトナム戦争中のソンミ村虐殺事件について語るカリー元米陸軍中尉(AP) ベトナム戦争中の1968年、米陸軍部隊が南ベトナム(当時)の村を襲撃し、女性や子供ら500人以上を殺害した「ソンミ村虐殺事件」で、部隊を率いたウィリアム・カリー元中尉(66)が22日までに、41年の沈黙を破って当時の状況を語り、犠牲者と家族らに謝罪した。

米ジョージア州コロンバスの地元紙によると、カリー氏は19日、同地で開かれた実業家の昼食会に招かれ、事件について「良心の呵責(かしゃく)を感じなかった日は一日たりともない」と振り返るとともに、犠牲者とその家族、当時の部下らに「大変申し訳ない」と謝罪した。

カリー氏は「上官の命令に従って殺害した」という当時の説明を繰り返しながらも「(命令に)従った自分が愚かだったのだろう」と語った。

米軍当局は当初、死者の大半はゲリラ兵士だったと主張したが、69年11月に米マスコミが真相を暴露。米国内で開かれた軍事法廷で上官らは無罪だったが、カリー氏は終身刑を言い渡された。その後、減刑され仮釈放の身となっていた。

同事件は、米国内外でのベトナム反戦運動盛り上がりにもつながった。(共同)←引用終わり
Copyright 2009 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 自己満足押し売りチャリティ『24時間テレビ』が嘲笑われている! | トップページ | グーグルは、「ストリートビュー」を止めるべきだ! 総務省はシッカリしろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自己満足押し売りチャリティ『24時間テレビ』が嘲笑われている! | トップページ | グーグルは、「ストリートビュー」を止めるべきだ! 総務省はシッカリしろ! »