« 鳩山由起夫(陰・小澤一郎)内閣が、まもなく誕生するらしい! | トップページ | 始まりましたね、「民主党、オザワ『喜び組』の陣取り」!笑っちゃいますネ! »

2009/09/13

政治は度胸と決断力だ!「あの時、○○だったら」、「○○していたら」はナイよ!

麻生太郎は、この度の無惨な敗戦を悔しがっているらしい。
「負け方にも『美学』があるとか・・・・・」呆けた事を言ってた野郎がだ。

その理由が、「昨秋に『衆議院を解散していたら』、ここまで負けていなかった」という事らしい。
笑っちゃいますねぇ~!

それは、少なくとも、政治のリーダーが発する言葉じゃぁナイよね!
ナンたって、解散に踏み切る度胸がなかったワケだし、決断できなかったじゃないか。
理由は、稀代の奸漢野郎のスカタン・スガーが示した「中身スカスカの負け分析数値に腰を抜かしただけじゃないか」。
そして、解散しない理由を「『世界同時不況』と闘う、『国際金融パニック』から日本を救う」に求めたワケだ。

別に、あの時点で解散してたって、「経済政策」で大きな違いはなかったと考えるけれど。

そんな事より、昨年末は、一方の「バー通い」。一方の「トンズラ入院」がよく話題(笑い)になってたじゃないか。
昨年末にラジオで流された川柳に、
「太郎バー、一郎ベットで、策を練り」っていうのがあった。
また、
「一郎と、太郎の、難局物語」っていうのもあった。
市井の市民は、割合冷静に「本質」を見抜いていたんだよ!

小泉一派へ媚を売りつつ、麻生太郎にも草履取りとして阿(おもね)続けた、スカスカのスカタン・スガーのどこまで真実か分からないネタを鵜呑みにした挙げ句、胆も据わらず決断もできず「解散できなかった!」だけじゃないか。

その反省をすることもなく「悔やむ」ってぇのは、アッホォ・タロォが「漢字」だけじゃなく、如何に「政局」が読めない、「空気」も読めなかったかを露呈してるだけじゃないか。
「私は、正真正銘の、アホ~です!笑ってやって下さい!」と自ら言い歩いているようなものだ。

自民党の議員、党職員、党員は、さぞかし恥ずかしい事だろうよ!
同情しちゃうワ。

政治の世界じゃ、「たら」や「ねば」はナイよ! ナイですよ!

だから、胆の座った「小澤一郎」に、年がら年中、「政局遊び」で引っ掻き廻されるんだよ。

引用開始→「昨年秋に選挙やっていれば」悔やむ麻生首相
(読売新聞2009年9月10日(木)03:09)

――首相官邸、9日午前11時5分 麻生首相が秋山昌広・海洋政策研究財団会長との面会で、ついに後悔の念を口にした。

「(昨年)10月に選挙をやっていれば、こんなに負けていなかったかもしれないが……」

「選挙の顔」と期待された首相は昨年9月の就任直後の衆院解散を模索したが、「政局より政策」と景気対策を優先して先送り。今なお党内では「あの時解散していれば」との恨み節がくすぶる。

首相は秋山氏に対し、「(解散すれば)金融恐慌に対応できなかったし、経済の立ち直りはなかった。(選挙)結果を犠牲にして、経済のためにやってきた」と、自らに言い聞かせるように振り返ったという。

しかし、首相の“悔恨”を聞いた自民党職員は吐き捨てるように一言。「まだ分かってない。麻生さんを選んだこと自体が間違いだったんだ」

――自民党本部、午前8時30分 その自民党は“余震”が続く。「党再生会議」の初会合が開かれたが、「頭撮り」と呼ばれる会議冒頭の公開が急きょ取りやめに。党職員が記者団を呼び込もうとすると、座長の山本有二・元金融相が「ちょっと待て。頭撮りなんかいいじゃないか」と命じた。

約1時間の会議終了後も、小池百合子・元防衛相が待ち構えたテレビカメラの前で無言を貫くなど、15人の出席者の口は一様に重かった。「それぞれ好き勝手に発言されると混乱した印象を与える」(出席者)とかん口令が敷かれたと見られ、ピリピリした雰囲気。

しかし、山崎拓前副総裁が昼のテレビ番組で言い放った。「2世、3世、官僚出身は一切総裁選に立つべきではない」

――国会、午前10時 一方、公明党の山口代表ら新執行部は各党に就任のあいさつ回り。社民党では、阿部知子政審会長が難航する大詰めの連立協議に触れ、「大変ですね、連立っていうのは」と漏らすと、山口氏は「出発点が大事ですよ」と経験を踏まえ応じた。

山口氏は朝のラジオ番組で、「連立でぼけてしまったことがあるかもしれない。公明党の持ち味である福祉、平和、教育、環境で妥協し、分かりにくくなった点は否めない」と、連立の難しさを指摘しており、“主役交代”を印象づける一幕となった。

――民主党本部、午前9時41分 連立協議が続く中、民主党本部はこの日も千客万来の様子。鳩山代表の地元・北海道から上田文雄・札幌市長が駆けつけ、北海道新幹線の札幌延伸などをさっそく要請した。民主党推薦で当選した上田氏は「これからは陳情ではなく、対等な意見交換」と期待を隠さなかった。

音楽、文筆などで幅広く活躍する上田市長は、面会に当たり、自分の歌のCDを2枚持参し代表にプレゼント。実は鳩山代表も約20年前にレコードを出しており、2人は“歌手”同士でもある。鳩山氏の歌の名は「Take HEART  翔 (と) びたて平和の鳩よ」。連立協議もまとまり、20年の年月を経ていよいよ「鳩」が飛び立つ。←引用終わり
Copyright(C) 2009 読売新聞社
Copyright:(C) 2009 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

|

« 鳩山由起夫(陰・小澤一郎)内閣が、まもなく誕生するらしい! | トップページ | 始まりましたね、「民主党、オザワ『喜び組』の陣取り」!笑っちゃいますネ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳩山由起夫(陰・小澤一郎)内閣が、まもなく誕生するらしい! | トップページ | 始まりましたね、「民主党、オザワ『喜び組』の陣取り」!笑っちゃいますネ! »