« フリーゲージトレイン(軌間可変電車) ついに実用化へ時速270キロの高速走行! | トップページ | バクチといわれても、「ラーメン一杯 一万円」と大見得を切り大勝負! »

2009/12/25

ハトヤマ辞めろ、潔く辞任せよ! 子供たちにどう教育するのだ?倫理上の影響を考えよ!

「国民の声が、圧倒的に『辞任せよ』というなら辞めてもよい」とは何事か。
辞めるのが当然だろう!

内閣総理大臣に就いたオトコは、母親のカネで政党を作り党員を買収し内閣総理大臣の椅子を母親に買って貰った。

*「あまりにも恵まれた環境で育ったもので、お金の出入りは分からなかった」というのだろうか?
*「100円や1000円というカネではない、10億円を越えるカネである」。知らなかったで済むと言えばよいと考えているのか?
*知らないでは済まされない。
「巨額のウソを繰り返してきた」のが真実である!

しかも、巨額の脱税をして知らぬ顔で清ましていた。
しかしまったく「清くなく、濁りきっていた」。
かつてこの人物は「秘書の冒した行為は、政治家に責任が及ぶ、政治家は罰を受けるべきだ」と豪語していた。
自己弁明の最後に吐いた言葉は、
「私は私腹を肥やしたり、不正な利得を得た思いは一切ない」だと、
噴飯モノの物言いとはこの事を指すのだ。

私腹を肥やさなければ脱税は許されるのか?
私腹を肥やさなければ政治資金規正法の虚偽記載は許されるのか?

これは「倫理観」の問題だろうが!

政治家がウソをついてはいけない。
(政治家はウソつきでないとなれない)

ましてや、内閣総理大臣がウソつきではいけない。
(内閣総理大臣こそウソつきでないと務まらない)

内閣総理大臣になろうという人間は、政治資金を透明ににしないとイケナイ。
(内閣総理大臣でもそうでなくても「政治資金」など透明にすべきではない)

政治家は率先して納税すべきだ、ましてや内閣総理大臣は率先垂範し納税すべきだ。
(政治家は率先して脱税を許されている。内閣総理大臣は率先垂範し脱税すべきだ)

政治家は法を守らなければならない。
(政治家は、法など守る必要はない、所詮上申書さえ出せば「科料」か略式起訴だ)

子供たちは見ている。
「私腹を肥やしたとか、肥やさなかったとかは関係ない」
子供たちに、遵法精神をどのように教えるのか?
子供たちに、「人としての道徳や倫理」を、どのように教えるのか?
教えられるのか?

かつて、田中角栄が日本の政治を汚しきったとき、後の子供たちに与えた深刻な影響を考えてみよ!?
国の頂点に立つ人物が、自ら法を守らずして、誰がに法律を守れと命じられるのか?
その一事において、鳩山由紀夫は内閣総理大臣はおろか衆議院議員を潔く辞任すべきである。
政治献金を偽装した、母親から巨額の資金を得た上で長年にわたり脱税した。
修正申告し納税しさえすればよいのか?
胸に手を当て深く考えて見よ自省してみよ!

ハトヤマの会見は、いつも言葉が噛み合わない。
ハトヤマの会見は、いつも空疎な言葉と話方で理解できない。
ハトヤマの会見は、ポッポ・トリガラ宇宙語らしい!

正しい日本語で、自ら襟を正し、潔く自裁せよ!

引用開始→ 鳩山首相、献金偽装の元秘書起訴で謝罪 辞任は否定、6億円納税を表明
(産経MSN 2009.12.24 19:32)

鳩山由紀夫首相は24日、自らの資金管理団体「友愛政権懇話会」の偽装献金問題で、東京地検特捜部が元公設秘書を在宅起訴するなど一連の処分を行ったことを受け、東京・平河町のホテルで記者会見を行った。首相は国民に謝罪しながらも首相辞任は否定、その上で実母からの12億6千万円の資金提供を贈与と認め、平成14年に遡って修正申告し、贈与税約6億円を納める考えを表明した。

記者会見で首相は「検察の判断を重く受けとめ、責任を痛感している。国民の皆さまに深くお詫びする」と陳謝。その上で「政権交代を選択してくれた国民への責任を放棄することになる。政治家としての使命を果たすことが私の責任の取り方だ」と辞任を否定。「首相の職にかじりついてでもやりたいわけではないが、政治を変えてくれという国民の気持ちに応えるため続けたい」とも語った。

その一方、「辞めろと言う国民の声が圧倒的になった場合には尊重しなければならないが、そうならないように最善を尽くす」と述べた。今後の政権運営と参院選との関係については「まったく影響がないとは思わない」と語った。

偽装献金事件について「国民が疑問に思うのは当然だが、(秘書が献金処理を)滞りなく処理していると任せていた」と説明。贈与についても「承知してなかった」と繰り返した。

一方、首相は、過去に「秘書の行為の責任は議員の責任だ」などと発言してきたことについて「私は私腹を肥やしたり、不正な利得を得た思いは一切ない」と釈明した。←引用終わり
Copyright 2009 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« フリーゲージトレイン(軌間可変電車) ついに実用化へ時速270キロの高速走行! | トップページ | バクチといわれても、「ラーメン一杯 一万円」と大見得を切り大勝負! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フリーゲージトレイン(軌間可変電車) ついに実用化へ時速270キロの高速走行! | トップページ | バクチといわれても、「ラーメン一杯 一万円」と大見得を切り大勝負! »